今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

〈岡田有希子を発見し、育て(?)、殺したのはテレビ局〉30年前、アイドル事情を予見していた小林信彦

2016年3月27日 10時00分 ライター情報:近藤正高
きょう3月27日夜、横浜スタジアムでAKB48の高橋みなみの卒業コンサートが開催される。さらにグループの拠点・秋葉原のAKB48劇場での卒業公演は、高橋の25歳の誕生日である来月8日に行なわれる予定だ。
フリースタイル「小林信彦コレクション」の第1弾『極東セレナーデ』。カバーイラストは江口寿史。アイドルファンならAKB48公式10年史『涙は句読点』あたりと一緒に買い求めたい

アイドルグループからメンバーが脱退することを「卒業」と呼ぶようになったのは、いまからちょうど30年前の1986年3月、当時の人気グループ・おニャン子クラブを中島美春と河合その子がやめたときだろう。おニャン子クラブは、その前年の4月よりフジテレビで始まったバラエティ番組「夕やけニャンニャン」から生まれたグループで、そのコンセプトはグループ名が示すとおり「放課後のクラブ活動」だった。それだけに脱退を「卒業」と呼んだのは自然なことといえる。

1986年のアイドル界といえば、岡田有希子が事務所ビルから投身自殺したのもこの年の春、4月8日のことだった。これには当時小学4年生だった私もかなり衝撃を受けた。

作家の小林信彦の当時のコラムによれば、岡田有希子はその直前にいちど自殺未遂騒ぎを起こしており、芸能レポーターらがそれを聞いてかけつけたことが投身の引き金となったという。これを踏まえ、小林は《芸能リポーターを責めるのは容易であるが、彼らを〈取材〉にかり立てるのは、テレビ局のワイドショウ番組である。岡田有希子を発見し、育て(?)、殺したのはテレビ局といっても、かまわないだろう》と記し、続けて次のように書いている。

《いうまでもなく、テレビはタレントを消耗品としてあつかい、タレントは消耗品であることに反撥し、生きのびようとする。その攻防戦は、現代のもっともスリリングなみものであり、とくに、二十歳をデッドラインとする〈女性純粋アイドル〉の場合、この一年間は文字通りの修羅場であった。多くの〈女性純粋アイドル〉が二十歳のラインを越えたからである》『時代観察者の冒険』

「消耗品」というシビアな言い方は、評論家あるいは放送作家として芸能界を長らく見てきた小林ならではだろう。なお、このコラムが書かれるまでの1年間に20歳のラインを越えた女性アイドルには、中森明菜や小泉今日子など1982年にデビューしたいわゆる「82年組」のアイドルが多く含まれる。

いまでこそ20歳をすぎたアイドルというのは珍しくないが、当時はまだアイドルは10代がピークという時代だった。小林信彦は先のコラムで、女性アイドルが20歳のラインを越えた場合の動向として、「演技を志す」「ロック方面に走る」「結婚をして華麗に幕をひく」「ヤケ風にひらきなおる」「右のどれでもなく、フラフラしている」といったパターンに分類している。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品