今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

コンピューターの方が強い時代の将棋はどうなる『永遠の一手』

2017年1月6日 10時00分 ライター情報:杉村啓
2016年の将棋界は、コンピューター将棋が話題の中心となった。2017年の将棋界も、コンピューター将棋が世間をゆるがすことになるかもしれない。

そんな情勢を予見した作品がある。1月6日発売の、「永遠の一手 2030年、コンピューター将棋に挑む」(上下巻)だ。原作は「栄光なき天才たち」の伊藤智義。作画は「ショー☆バン」の松島幸太朗。週刊少年チャンピオンの2016年28号から40号まで連載された(その後、特別編が同年50号、51号に掲載された)。
『永遠の一手 2030年、コンピューター将棋に挑む(上)』(秋田書店 原作:伊藤智義 漫画:松島幸太朗)
名人がコンピューターに敗れる「将棋界が崩壊した日」から始まった、「人+ソフト」の新時代の将棋を描く

将棋界が崩壊した日


物語は2020年「将棋界崩壊の日」から始まる。
年間無敗でタイトルを総なめにした、史上最強と称される羽内名人がコンピューターソフト「彗星」と対局。敗れてしまう。失意の名人は引退し、失踪。

棋士達は強くなるためにコンピューターの支援が不可欠となる。と同時に人間では理解できない手をソフトが指すようになり、解説がで成立しなくなって、権威墜。人気が急落。タイトル戦が全て廃止されてしまう。

ピンチに陥った将棋連盟は、いくつかのコンピューター棋戦ルールを定める。「コンピュータ同士の対局は禁止」「将棋ソフトが契約を結べるプロ棋士は1名とすること」「プロ棋士は支援を受けている将棋ソフトを明示すること」などだ。

つまり、棋士とソフト会社のチーム戦に移行したのだ。自動車レースでいうと、棋士がドライバーとなり、ソフト会社がメカニックを担当し、チームで最高位「名人」を目指すというもの。「人vsソフト」の時代から、「人+ソフト」の時代へと大改革を行ったのだ。

そうして開かれた新しい名人戦。だが意外にも勝ち進んでいったのは、一切コンピューターの支援を受けていない増山一郎七段だった……
『永遠の一手 2030年、コンピューター将棋に挑む(下)』(秋田書店 原作:伊藤智義 漫画:松島幸太朗)
ソフトの支援を受けずに棋界に君臨する増山名人。そこに、娘の翔子が開発したソフトの支援を受けた、最強の挑戦者が挑む

現実との一致度


面白いのは、現実と即している、もしくは現実の方が上回っている点が多々あることだ。

作中では、増山の娘にして天才プログラマーの翔子が作ったソフト「彗星2030」が、チームを組んだ棋士を破壊してしまうシーンが出てくる。あまりにも高度な手を棋士が咀嚼できず、ただ覚えるだけになってしまい、混乱状態に陥ってしまったのだ。

これは、現実の将棋でも見られる。電王戦などでのコンピューターの指し手を、プロ棋士側が「これは悪手では」と話していたが、しばらく経つと効力を発揮する好手だがわかったとことが何回かある。囲碁では、昨年行われたAlphaGOとイ・セドル九段の対局において、トップ棋士達が疑問手に感じていた手が好手だったということが何度となくあった。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    自動運転と同じ事が言えるんだろうな。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品