今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

あの1話でむしろ薄いんです「キルラキル」シリーズ構成・脚本の中島かずきに聞く1

2013年10月17日 11時00分 ライター情報:小林美姫

キルラキル
(C)TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会(3話より)

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

ますますハイテンションで絶賛放送中のテレビアニメ「キルラキル」第3話放送目前!
クリエイターインタビュー、3人目は「キルラキル」でシリーズ構成・脚本を担当する中島かずきが登場。
「キルラキル」の企画当初の秘話から今後の展開のヒント、そして「天元突破グレンラガン」のエピソードなど、またまたおもしろい話がてんこ盛り!
そして今回からクリエイターインタビューには、「キルラキル」大好きなたまごまごさんからの質問コーナーを追加しました!

生理的に合うと思った今石洋之監督との仕事

───今石さんとの出会いをお聞かせください。
中島 「Re:キューティーハニー」(BD-BOX絶賛発売中)のときです。その仕事はまったく別の流れで話がきたんですけど、第1話の監督を務めていたのが今石さんだったんです。実際、僕も脚本を書いたのは1話だけだったんですが、そこで初めて一緒に仕事をしたら、生理的にすごく合う感じがしたんです。
───具体的にどのあたりですか?
中島 多分テンポじゃないですかね。「劇団☆新感線」でいのうえひでのりと一緒にやっているわけですが、なかなか彼のようにしっくりくる演出がいなくて。でも今石さんとやったときにすごく楽しいなって思ったんです。お互いしっくりきた。だから今石さんに、「また何かをやることになったら一緒にやりましょうね」とお話をしていて、それが「天元突破グレンラガン」(以下、グレン)だったんです。そして「グレン」で非常に手応えを感じて、「グレン」が終わったところで「また一緒にやろうね」ってなって、「キルラキル」にいたるわけです。「キルラキル」の企画そのものは「グレン」が全部終わったあたりからボチボチ話していましたね。
───「キルラキル」の発想はどこからきたんですか?
中島 「グレン」ってかなりうまくいった作品なんです。少年の成長や宇宙と生命の進化とか、ちゃんとしたテーマが入っていてしかも無茶もやっている。だから最初は、次の作品はもっとしっかりした作品をやらなきゃという話をして、でも途中で煮詰まってしまって。で、気づいた。そういうふうに頭でっかちになると、おおむね失敗するんですよ。なので、一旦リセットして、お互い楽しいと思えてすぐにできる作品にしようという話になって。多分、僕が言い出したと思うんですけど、
「マンガ『男組』(原作・雁屋哲/作画・池上遼一)みたいな学園抗争ものを女子高生でやるのはどう?主人公は梶芽衣子みたいで、たとえば「女囚さそり」シリーズみたいな感じで、セーラー服が武器になって戦う」
そしたら今石さんがサッと絵を描いて、ふたりで「これ、いけるんじゃない?楽しそうだよね。

ライター情報

小林美姫

フリー編集者。ディズニー、アニメ、漫画関連のMOOK・書籍の編集や執筆など。『ボールペンで描ける!ONE PIECEかんたんイラストガイド』発売中。

URL:Twitter:@mikitty116

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品