0

神戸山口組の年末「納会」今年はコンパニオンも呼ばず緊迫

2016年12月24日 06時00分 (2016年12月27日 11時13分 更新)


『今年の神戸側納会は、直参組長を出迎える組員が鉄板の入ったカバンを構え厳戒態勢に』



「今年の納会は、紅白の横断幕もなければ、昨年呼んだコンパニオンの姿もありませんでした。50人ほどの警察官が周囲を固め、かなり緊迫したものになっていました」(ヤクザ界に詳しいジャーナリスト)



12月13日、兵庫県淡路市の侠友会本部で、神戸山口組の年末会合「納会」が催された。昨年8月に山口組が分裂して以来、神戸側にとっては2回めの納会になる。翌年の活動方針を発表する納会は、一年を通じもっとも重要な行事。だが、その様子は一変していた。



「今年5月に直参の池田組若頭が、六代目側の弘道会組員によって射殺されたことで、喪に服すという意味合いがありました。また、10月には神戸側の中心的組織である山健組の傘下組織・紀州連合会会長が“撲殺”されています。神戸側内部には、なぜ返し(報復)をしないのかという気持ちがくすぶっていて、お祝いムードの納会など開けなかったのでしょう」(同前)



発足当初は13団体だった直参組織が、12月現在、25団体にまで勢力を伸ばした神戸山口組。だが引き抜き合戦も一段落し、抗争も影を潜めてきた。そんななかでの納会が、微妙な“軋み”を感じさせるものだった理由について、関東在住の暴力団関係者は言う。



「分裂から1年4カ月が経過し、末端の組員らは本当に生活ができなくなっている。傘下の組織でも納会などを開くが『参加する電車賃もない』との、ぼやきが聞こえるほどだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品