7

NY市警察で働く日本女性、危険な街で仕事続ける理由

2017年9月23日 11時00分 (2017年9月26日 11時48分 更新)


(撮影:田中克佳/取材協力:NY1PAGE



全米最大の規模を誇る警察組織、ニューヨーク市警察(以下・NYPD)。約3万6,000人の制服警官が籍を置く。シングルマザーのガイ京美さん(46)はその中の、ただ1人の日本女性だ。京美さんがNYPDに入ったのは約10年前のこと。半年間の警察学校と、1年間のクイーンズ区での勤務を経て、8年前から現在の23分署に所属。同署が管轄するのは、マンハッタンの北部、とくに治安の悪さで知られる地区、スパニッシュ・ハーレムだ。相棒警察官と2人、パトカーに乗ってその地区を巡回するのが京美さんの日課だ。



「多いのはギャング同士の抗争かな。麻薬密売のテリトリーを奪い合うんですよね。それで撃ち合ったり殺し合ったり」(京美さん)



日ごろから危険な現場に身を置く警察官の仕事。肝を冷やしたこともある。



深夜、傷害事件の容疑者を追って、低所得者用団地に足を踏み入れたときだった。格差社会を絵に描いたようなニューヨークシティ。この地区には、犯罪の巣窟と化している低所得者用団地も、けっして少なくない。容疑者は同僚の男性警察官の手でなんとか逮捕に至った。抵抗する男を、中庭に止めたパトカーの後部座席に力ずくで押し込んだときだった。



「気づいたら、数百人の住民が、私たちを取り囲んでいたんですね。口々に警察の悪口を言い始めたと思ったら、いろんな物を投げつけてきて。私の腕にも中身の入った重いトマト缶が当たりました」(京美さん)



深夜2時。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 7

  • 匿名 通報

    外国で生きて行くってこう言う事です。 外国で生きる為に、その国に忠誠を誓う事やその国の国益に叶うよう生きるものですが、日本の在日朝鮮人は日本の国益を損なう事しか考えないクズダニ。

    9
  • 匿名 通報

    >こじつけだよ。その考えが糞朝鮮人です!海外に移住した日本人は法律以上に日本の道徳心を持って迷惑かけ無い民族なんだよ。糞朝鮮民族とはまったく違うんだよー早く出て行っていいよー(笑)

    5
  • 匿名さん 通報

    こじつけだよ。クズネトウヨ

    4
  • 匿名さん 通報

    言葉をどんなに変えようと「頭狂」の人はすぐにわかるね!

    3
  • 匿名さん 通報

    数百人の住民が、私たちを取り囲んでいたんでた< トンキン民みたい(笑)ポケモンで道路取り囲んでたり、プロレスラーのバス取り囲んで揺すったり、クラブで取り囲んで金属パイプでぐちゃぐちゃ殺人とか

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品