3

成功が遠ざかる 人の思考を止める「バカシステム」とは?

2018年5月24日 19時00分

自分のやりたいことを思う存分できたとしたら人生は幸福なはず。

それがわかっていても、毎日に充実感を持てなかったり、漠然とした不安を抱えている人は少なくありません。もしあなたもそうなら、自分を捉えて窮屈にしている「常識」や「価値観」を疑ってみるといいかも。

『脱 バカシステム!~想像以上の結果を出し続けるメソッド』(サイゾー刊)は、世にはびこる真偽不明な「○○でなければいけない」を、「人の思考と行動を縛るバカシステム」と喝破する一冊。

今回は、この本の著者でビジネスプロデューサーの鈴木領一さんに、この「バカシステム」について、そして「人生の成功」について、お話をうかがいました。

■人を思考停止に陥らせる「バカシステム」から抜け出そう――タイトルにある「バカシステム」とはどのようなものなのでしょうか?

鈴木:「バカシステム」というのは私が作った造語で、人を思考停止に陥らせて物事を考えられなくしてしまう仕組みのことです。

たとえば、コーヒーを飲む時、カップが皿の上に置かれるでしょう。あの皿は何のためのものか考えたことはありますか?

――ないですね。

鈴木:それが「バカシステム」の一例なんです。この皿はなぜあるのかといろんな人に聞くと、スプーンを置くからとか、何となくおしゃれだからとか、色々な答えが返ってきますが、皿がついていない喫茶店もありますし、おしゃれかというとそうでもないですよね。

あの皿は、実は中世ヨーロッパが起源なんです。当時お茶や紅茶を飲めるのは上流階級だけだったのですが、当時のカップには取っ手がなかったので、熱くてそのまま手で持って飲むことはできなかった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「成功が遠ざかる 人の思考を止める「バカシステム」とは?」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    バカが語るバカな話。思考停止でカップ&ソーサーなら、取っ手が付いたのに碗皿にこぼして飲み続けた話の方がふさわしい。そも、日本人の習慣でないのに知ってますかと聞く、知識を振り回したいだけのバカ。

    5
  • 匿名さん 通報

    存在しない「在日特権」を信じ込んだバカはどこに行った?「在日特権の虚構」(河出書房新社)に反論できなかった在特会の桜井笑える。さらに「桜井は朝鮮人」というデマまで流されている。

    1
  • 匿名さん 通報

    左頭部へFCSレーザー攻撃する殺人事件の海自だろ

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!