0

東武東上線、西武池袋線、副都心線を徹底比較! 池袋駅まで15分圏内の家賃相場が安い駅って?

2017年10月31日 08時00分 (2017年11月18日 21時24分 更新)

「渋谷駅」「新宿駅」「池袋駅」。いずれも都内における交通の要衝であり、周辺の街はSUUMOが毎年発表している「住みたい街ランキング(関東版) 」でも人気が高い。
交通の便がよく、飲食店や商業施設も充実しているが、そのぶん家賃相場も割高だ。そのため、現実的には各駅の周辺で家を探す人が多いのではないだろうか。

そこで、こうした人気の街に乗り換えなしで行ける鉄道路線の沿線をリサーチ。今回は西武池袋線、東京メトロ副都心線、東武東上線に焦点を当て、「池袋」まで15分圏内の駅で、最も家賃相場が安い街を路線別に調査してみた。

西武池袋線で最安! 池袋まで10分の「江古田」ってどんな街?

【画像1】江古田の駅前から続く商店街。飲食店も多く、暮らしやすそうな雰囲気だ(写真撮影/小野洋平

まずは、池袋から所沢方面に伸びる「西武池袋線」。池袋まで15分圏内で最も家賃相場が安いのは「江古田」だった。池袋までは10分で、家賃相場は6.5万円(1K/1SK)とリーズナブル。都営大江戸線の新江古田や西武有楽町線の新桜台も徒歩圏内で、交通利便性は高い。

日本大学芸術学部や武蔵野音楽大学があるため学生の姿が目立ち、街全体に活力が感じられる。さらに、音楽喫茶やジャズバー、ライブハウスなどがあり、文化的かつアカデミックな雰囲気が漂う。ついでに、音楽でいうと大手カラオケチェーン「カラオケ館」の1号店は江古田にある。

駅前には「江古田銀座商店会」や「江古田ゆうゆうロード」などの商店街がにぎわいを見せていて、やはり学生向けのボリューム多めな飲食店、安くておいしいお店が多い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!