31

細木数子 勉強会終了…激ヤセで始めていた“余命2年の終活”

2017年11月28日 00時00分



「テレビに出ていたころとは別人みたい。驚くほど激ヤセしていて、あの細木さんだと気づかないほどです。ひと回り以上細くなっていて、みんなで『何か病気で体調を崩されたとしか思えない』と話しています」



細木数子(79)が京都にいる際に使う大邸宅の近所で、こんな目撃談が寄せられた。'08年3月でテレビのレギュラー番組を終了し、六占星術の活動に専念してきた細木。だが「地獄に落ちるわよ!」などの発言で一世を風靡したころとは別人のように元気がないと、心配の声があがっているのだ。さらに別の住民も、細木の“変貌ぶり”をこう語る。



「今年7月ごろに細木さんをお見かけしましたが、木陰にある岩へ腰かけていて。私が作っている野菜に興味をもたれていたので『差し上げましょうか』といったら『わあ、嬉しい』と子供のように喜んでいました。別れ際も私の手を両手で包んで『ありがとう』と言って……。怖い物言いではなく、とても柔らかな話し方に変わっていました」



本誌は'16年2月、細木が京都の邸宅裏に巨大寺院を建設していると報じていた。恩師である思想家・安岡正範の菩提寺で、16年の勉強会で細木は「(建設が)終わったら私は引退しようと思っています」と語っていた。記者が今回訪れたところ、寺院は完成。横では新たに自宅と思われるものが建設中だった。



細木は'14年秋ごろから勉強会で『私の寿命はあと5年。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「細木数子 勉強会終了…激ヤセで始めていた“余命2年の終活”」のコメント一覧 31

  • 匿名さん 通報

    これでやっと傲慢さが抜けて、人にやさしくできるようになるのかね~。天国か地獄かどっちに行くのかな?あるとしたら地獄のような気がする。

    61
  • 匿名さん 通報

    『死ぬ、死ぬ。』行ってる奴。就活なんぞに執念燃やしてる奴こそ『死を売り物にした、究極のカマってちゃん』。『生者に執着してる亡者』。馬鹿だねこんなの記事にして。

    40
  • 匿名さん 通報

    不思議なのはこんだけ、『自分以外を踏み台にしてきた奴』を女性週刊誌の端くれが僅かにでもまともな人間のような記事内容にして差し上げてること。

    37
  • 匿名さん 通報

    それ、寺院だの、新宅だのTVでの知名度を利用してインチキ占いで騙した金が自分以外に利用されるのが我慢出来ない。死ぬ前に全部使っちまいたい勢い。

    28
  • 匿名さん 通報

    占い師なら自分自身を占って危機回避できるはず。知り合いの占い師に占ってもらってもいいぞ。それでこのざまか。

    24
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!