FNS歌謡祭は大丈夫? 欅坂46・平手友梨奈"有線大賞での異変"の裏に意外な理由...「不協和音を歌えない」

2017年12月13日 14時30分

「風に吹かれても (Type-A)」

[拡大写真]

 今夜19時からフジテレビ系で放送される『2017 FNS歌謡祭 第2夜』。福田明日香も含んだモーニング娘。1期メンバー5人が全員揃ってインディーズデビューシングル「愛の種」を歌うことや、Toshl(X JAPAN)が鬼龍院翔ゴールデンボンバー)とコラボして「Say Anything」を歌唱することなど、今夜しか見ることのできない特別企画が発表されている。

 そんな豪華ラインナップのなかでも、ひときわ注目を集めているのが欅坂46だ。

 その理由は、今月4日に放送された『第50回日本有線大賞』(TBS)にある。

 4時間近くにおよんだ『日本有線大賞』の放送だが、欅坂46が有線音楽優秀賞に選ばれた「風に吹かれても」をパフォーマンスし始めるやいなやSNSはひときわ盛り上がりを見せた。それは、欅坂46が大ブレイク中のアイドルだから、ということだけではない。

「風に吹かれても」を歌唱するセンターの平手友梨奈の様子を見て、ネットにはこんなコメントが次々と投稿されたのだ。

〈目が死んでいた〉
〈こんなんで紅白大丈夫なの〉
〈運営わかってやらせてるんだろ? 壊して使い捨てなんだろな〉
〈押し付けられたキャラのせいでホントに壊れたんだな〉

 江藤愛アナウンサーによる「見どころは激しいダンスパフォーマンスです。普段はクールなんですけれども、この歌のときは笑顔がすごく印象的です」という曲紹介の言葉通り、欅坂46のメンバーは皆笑顔を浮かべながら歌い踊っていたのだが、平手だけは前髪で目を覆い隠しながらいっさい笑顔を見せずに歌唱。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。