7

息子を殴ったことがない三浦友和がビンタした“意外な人物”

2018年5月16日 06時00分



「“兄”の祐太朗(33)と貴大(32)とで、たまに集まって話すんですよ。『いやぁ、すげぇな』って。 叔父(三浦友和・66)が叔母(百恵さん・59)と結婚したのが、28歳でしょう。“息子3人”そろって全員、もうその年を超えているんですね。でも、誰ひとり結婚していない。だから『僕らはその年で結婚なんてありえなかったよな』って」



目を輝かせてそう語る絲木建汰(30)は、三浦友和の実姉・篠塚ひろ子さん(67)の一人息子だ。母のひろ子さんが経営する山梨県・清里のペンション「La VERADURA」で生まれ育った彼は、祐太朗や貴大の従兄弟にあたるが、兄弟同然の間柄。三浦家の3男坊的存在で、「息子3人」「兄」という言葉が自然と出てくる。役者の道を歩む彼は現在、音楽劇『ブルースな日々~夢に向かって~』(築地ブディストホール)を控え、稽古の真っ最中。多忙ななか、インタビューに答えてくれた。



「幼いころは、祐太朗が貴大をいじめて(笑)。『貴ちゃんが泣いてるよ!』と僕が叔母に言いつけ、祐太朗が叱られる。そんな日々でした。僕も小学校のころはかなりの悪ガキで。授業中に教室から抜け出すようなザ・問題児でした。



実は、僕だけ叔父から殴られたことがあるんです。自分の息子たちは1度も殴ったことがないのに(苦笑)。あれは小学校のころ。祐太朗や貴大、彼らの幼なじみの男の子たちと清里の天文台に行ったんです。

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    悪いけど一切知らないわ。もう少し知名度上がってから記事にすれば。

    13
  • 匿名さん 通報

    将来はペンション経営だね。

    6
  • 匿名さん 通報

    この前から、この人の母親も週刊誌なんかでしゃべってるけど親子で叔父夫婦のコネねらい?

    6
  • キジトラ 通報

    姉夫婦出過ぎでしゃべりすぎ。

    2
  • 匿名さん 通報

    音楽劇は来月か、、。あらすじを見たら面白そうなんで、お客さんが大勢くるといいね。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!