山田孝之×長澤まさみ、映画『50回目のファーストキス』をLEGO BIG MORL・ヤマモトが紹介

2018年5月31日 14時00分
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

ロックバンド『LEGO BIG MORL』のヤマモトシンタロウさんによる、新作映画のレビュー連載。第3回は山田孝之×長澤まさみのW主演で送る恋愛映画『50回目のファーストキス』を紹介する。「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」などで知られるコメディの名手・福田雄一監督が挑む初の本格ラブストーリーとしても注目を集める本作について、レビューしてもらった。

(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

普通じゃない恋愛映画


歳を重ねると昔よりも恋愛映画を観なくなっている傾向にある僕です。恋愛はそんな上手いこと行くもんじゃないってんだよ! という汚れきった心の叫びが30代になって増しているのでしょう。あー醜い! 醜いよ、あたい!

じゃあなぜ、今回本格ラブストーリーである『50回目のファーストキス』をチョイスしたんじゃい! ということですが、まずは主演の山田孝之さん、長澤まさみさんが自分と同じ30代であるということ。うん。10代、20代の若手の俳優さんが出ている、キラキラしたピュアな恋愛映画ではきっと僕のような人間は、あぁ昔はそうだったよなぁという悲しさに包まれるんじゃないかと不安になるわけですよ。へへっ、豆腐メンタルとはこのことよ。
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

そしてコメディ作品でお馴染みの福田雄一監督率いる、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズのチームが作ったということ。これは“普通じゃない恋愛映画”が観れるんじゃないかということで行って参りました。

(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

『50回目のファーストキス』のストーリー


ハワイでツアーガイドをしながら天文学者を目指している大輔(山田孝之)は、ある日、カフェで出会った瑠衣(長澤まさみ)に一目惚れします。大輔は楽しいトークでなんとか瑠衣の心をつかみ、お互いに好感を持ってその日は別れますが、翌日、瑠衣に会うと、彼女は自分のことなんて知らないと怒り出します。実は、瑠衣は事故の後遺症で、記憶を1日しか保つことができなかったのです。それを知った大輔は、それでも瑠衣を諦められずに、あの手この手を使ってアプローチを続けます。そうして、恋は実り始めるのですが、違う時間の流れの中で生きる二人の運命は一体どうなるのか……。

(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

私、失敗するので


大輔は一目惚れした瑠衣を振り向かせようとあれこれ策を講じるのですが、瑠衣の記憶は1日しか保てません。当然、毎日失敗しまくるわけです。そうですよ。ただでさえ初対面から毎日スタートして、時間制限もあるわけですから。しかも道ばたで行き倒れているフリをしたり、急に泣き出したりなどなど、ほとんどギャグとも取れるようなアプローチをし続けるんです。

でもここで大輔がやりたかったことはただ、「君に惚れました!」ということを毎日瑠衣に伝えることではないんです。突拍子もない行動の裏には、彼女の記憶の一部に自分という存在を少しでも残したい、そして笑ってほしいんだという想いです。恋愛で“好き”という気持ちはとても大切なことですが、それと同じくらい、お互いに笑っていられる関係というのはとても素晴らしく、もしかしかしたら“好き”の前に大切なことなのかもしれません。単純だけど温かい。でも恋愛の情熱を感じられるような笑顔がたくさん詰まっていました。
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

ちなみに、瑠衣の弟である慎太郎(太賀)が今作での“笑い”という部分においてかなりいい味を出しているやっべぇキャラなんですが、そうなんです。僕と同じ名前なんですね。映画を観ていると長澤まさみさんが僕の名前を呼ぶんですよ。ええ。まさみがめっちゃ呼ぶんですよ。僕を。ええ。ゲイ!? の役ですけど(笑)。

(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

毎日愛を与える男、毎日愛を受け取る女


印象的だったのが、大輔が「忘れないでね」と言うと瑠衣が「忘れないよ」と返すシーン。明日にはそのことを忘れてしまうことをわかっていても、それは毎日“失い続ける”という意味で捉えるのではなく、1日、1日、“与え続けていく愛”の尊さや、毎日“愛を受け取り続ける”愛しさを僕は感じました。

30代の僕にとってこの映画は、10代、20代で感じた理屈抜きで人を好きになること、30代で感じる自分と相手との現実と未来、そして更に年齢を重ねるときに感じるであろう、平穏を予感させてくれます。1日ではなくとも、人は忘れていく生き物です。好きだったあの人の手の感触も、匂いもいずれ時間と共に記憶の中では薄れ、何が本当の感覚だったのかわからなくなってしまいます。失われるからこそ愛しくなるんだと思います。
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

瑠衣は短期記憶障害という大きな問題を抱えてはいますが、よくあるような悲劇のヒロインではありません。奇跡という安易な言葉に頼るのではなく、現実を直視し、目の前の大輔を信じ、今この瞬間に感じている愛をただ信じているのです。未来のことは誰にもわかりません。二人で選び、二人で手放し、二人で分けあっていく。何度も何度もキスを重ねるのは、その愛が“今”ここにちゃんとあるんだ、という証明なのだと僕は思います。

文:ヤマモトシンタロウ(LEGO BIG MORL)

<プロフィール>

ヤマモトシンタロウ
ロックバンド『LEGO BIG MORL』のリーダーでベースを担当。5月16日にシングル『命短し挑めよ己』を配信リリース。現在、全国ツアー『LEGO BIG MORL 〜Acoustic & Rock〜 TOUR 2018 「月と太陽」』を開催中。8/5(日)東京・恵比寿ガーデンホールでの追加公演も決定。
https://www.legobigmorl.jp/
https://twitter.com/chin_taurou

映画『50回目のファーストキス』オリジナルフォトフレームをプレゼント



本作の公開を記念して、映画『50回目のファーストキス』オリジナルフォトフレームを抽選で5名様にプレゼント! 応募方法は下記をご覧ください。

(1)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2018年5月31日(木)14:00~2018年6月11日(月)15:59まで



<注意事項>
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、エキサイトニュースアカウント(@ExciteJapan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※6月25日(月)までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

皆さんのご応募をお待ちしております!
(エキサイトニュース編集部)

作品情報


映画『50回目のファーストキス』
6月1日(金)全国ロードショー
主演:山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘菜/大和田伸也、佐藤二朗
脚本・監督:福田雄一
(C)2018 『50回目のファーストキス』製作委員会
公式サイト:http://www.50kiss.jp/

ライター情報:瀧本幸恵

編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています。