中国のブロックチェーン「NEO」CEOが、日本が進める仮想通貨「WWB」プロジェクトに参画

2017年12月15日 07時12分 (2017年12月17日 00時00分 更新)

イーサリアムブロックチェーンで発行される計画の仮想通貨「WowBit(WWB)」の活用・普及をめざす「Wowoo(ワォー)」の評議会に、中国のパブリック・ブロックチェーン・プロジェクトNEOの創業者・CEO Da Hongfei(達鴻飛)氏が参画することが決まった。(写真は、WWBのイメージ。ホワイトペーパーより)(サーチナ)

 イーサリアムブロックチェーンで発行される計画の仮想通貨「WowBit(WWB)」の活用・普及をめざすプラットフォーム「Wowoo(ワォー)」の評議会に、中国のパブリック・ブロックチェーン・プロジェクトNEOの創業者・CEO Da Hongfei(達鴻飛)氏が参画することが決まった。「Wowoo」は、日本で最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴの海外子会社OKfinc LTD.(本社:マレーシア)が出資するWowoo Pte.(本社:シンガポール)が開発・提供する。

 NEOは、「中国版イーサリアム」とも呼ばれ、スマート・コントラクトとブロックチェーン・プラットフォームの運営を通じたデジタル資産の管理と「スマートな経済」の実現を目指しており、Da氏が評議会に参加することで、「『Wowoo』が提供するICOソリューションとしての信頼性はさらに高まる」としている。

 「Wowoo」は、ICOをイーサリアムで展開する予定だが、NEO上でのトランザクションが可能となるよう、両社共同のリサーチチームを発足する。NEOは世界中のプロジェクトや企業、コミュニティーに携わっており、また、世界の仮想通貨時価総額ランキングにおいても常に10位前後に位置づけられていることから、「Wowoo」が発行予定のWWBがNEO上で活用されていくことにより、よりスピーディーで安全なトランザクションが実現するとともに、世界トップランカーの仮想通貨であるNEOホルダーからも注目を集めることが期待される。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。