61

ついに開校した加計学園 新入生186人の“意外な本音”とは

2018年4月18日 06時00分


(写真:アフロ)



《本件は首相案件》



鎮静化したようにみえた加計学園問題が再燃している。首相秘書官だった柳瀬唯夫氏(56)が漏らしたという冒頭のひと言。それが愛媛県の作成した文書に記されていたと、4月10日に朝日新聞がスクープしたのだ。



このため「学園の獣医学部創設には、安倍晋三首相(63)の意向が働いたのではないか?」との疑惑が再浮上。そんななか誰よりも混乱しているのは、4月3日に開校した学園の新入生186名だろう。



「浪人したほうが良かった」という学生の本音を報じた新聞もあった。そこで本誌は 揺れる現場を直撃取材!だが、学生から聞こえてきたのは意外な言葉だった。女子学生の1人がこう語る。



「不満なんてないですね。校舎は新しいし、学食もおいしい。サークル活動も、すべてイチからのスタートです。『こんなサークルを作ろうよ』など、みんなの意見が活発に飛び交っていますよ」



学生同士の団結も、むしろ深まっているようだ。別の女子学生がこう続ける。



「大学の外で起こっていることは、私たちにはどうしようもありません。ここに入った以上、私たちにできることは勉強することだけ。だから『国家試験に合格して、世間を見返してやろう』と、みんなで言っていたところです」



期待に胸を膨らませる学生たちの健気な姿――。だが、地元・今治出身の愛媛県議・福田つよし議員は語る。



「定員200名に対し、新入生は186名と定員割れ。このまま続くと、経営が苦しくなる可能性があります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 61

  • 匿名さん 通報

    一生、加計卒業が、付きまといますけど・・・!

    106
  • 匿名さん 通報

    学生は当然、世論に反発する気持ちで良いところを吹聴するが、一生レッテルが付いて回ることなんて理解できないだろう。

    96
  • 匿名さん 通報

    学生には罪はないが、地方自治体が集めた税金をアベ友が使う悪行の隠れ蓑が「国家戦略特区」。市議会が頑張って金の流出を止めてほしい。

    89
  • 匿名さん 通報

    良識ある日本人ならば、加計卒業より志位ルズ在籍のほうが100倍恥ずかしいと考えるのが普通である。

    79
  • 匿名さん 通報

    受験時の競争率をみても、やはり獣医学部の需要はあったということ。(某前川のように)利権を守ることに必死な文部科学省は改革していかなければならない。

    78
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!