100+

トランプ来日を歓迎する日本マスコミの異常! 海外では大規模デモと批判報道が一斉に巻き起こっているのに

2017年11月5日 11時48分 (2017年11月11日 20時18分 更新)

首相官邸HPより

[拡大写真]

 本日、アメリカのトランプ大統領が来日。到着するや否や、ヘリで埼玉県川越市にある霞ケ関カンツリー倶楽部に直行。プロゴルファーの松山英樹選手を同伴させてのゴルフに興じるといい、明日は天皇皇后や拉致被害者家族の横田早紀江さんらとの面談、ピコ太郎を迎えた晩餐会などが開かれる予定だ。

 選挙戦であれだけ北朝鮮危機を煽っていたくせに、ゴルフにタレント頼みの宴会という接待外交......。「国難」という言葉からはあまりにかけ離れた、ただのバカンスにしか見えない。

 しかし、テレビの報道にはそうした当然のツッコミは皆無。先に来日した長女のイヴァンカ氏を含め、諸手を挙げての大歓迎ムードでトランプ来日を報じている。これぞまさに「平和ボケ」と呼ぶべきだ。

 事実、世界の反応はまったく違う。たとえば、トランプが今年2月に大統領就任後はじめて訪問を決めたイギリスでは、下院ではトランプの人種差別は許されないと批判が巻き起こり、「貿易協定ほしさにトランプ氏のような人物を厚遇するのは英国の恥だ」という反対意見が出た。トランプ招待の反対署名は約185万件も集まり、議会の前では市民約7000人が集結し、「女王に会わせるな」とデモも繰り広げられた。

 また、7月にドイツ・ハンブルグでおこなわれたG20サミットでは、サミット開催への反対だけではなくトランプ大統領への抗議も起こり、約1万人のデモ隊と武装警察が衝突。5月にベルギー・ブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席した際も「トランプは出て行け」「差別を許さない」と抗議する反トランプデモがおこなわれ、同じく約1万人が参加した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    朝鮮リテラの記事誰が信じる(笑)。

    146
  • 匿名さん 通報

    気に入られたくて、ヘラヘラして、巨額のカネを献上することを、日本では外交というのです。 もちろんネトウヨだけですけど。

    96
  • 匿名さん 通報

    今のアメリカ大統領と仲良しなのも頭の程度が同じだからですね。馬鹿しか馬鹿の友人にはなれない。

    91
  • 匿名さん 通報

    工作員さんいつもお疲れ様です。 あなた方がこのような自演を働いても何の意味もありません。 民意は既に選挙が証明しておりますので悪しからず(笑)

    91
  • 匿名さん 通報

    安倍先生の「外交」がお上手とは、ただの節穴がいた。 「アベノミクス」なるまやかしを信じてるか、こいつ。それとも一部の富裕層なのかな。

    76
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!