脂性肌(オイリー肌)向けファンデーションおすすめ8選|メイク崩れを防ぐコツ

春夏など、気温が上がる季節になると増えるのが、メイク崩れやテカりのお悩み。

「おでこや鼻筋がテカってくる」「朝起きたとき顔がべたついている」「Tゾーンや小鼻脇に毛穴詰まりやニキビができやすい」

などなど、皮脂分泌が過剰になりやすい肌は「脂性肌(オイリー肌)」と呼ばれます。

脂性肌の方は、他の肌質の方に比べて特にメイク崩れやテカりに悩まされることが多いですよね。これらの問題は、適切なファンデーションを選ぶことで起こりにくくすることがポイントです。

この記事では、脂性肌の方におすすめなファンデーションを厳選してご紹介します。

あわせて、脂性肌の方がファンデーションを選ぶときの注目ポイントや、メイクやスキンケアのコツなども解説するので、参考にしてみてくださいね。

※本記事での「ニキビ」へのアプローチは全てニキビを防ぐことをいいます。
※本記事でいう「シミ」とは日焼けによるものをいいます。
※本記事でいう「くすみ」とは乾燥により肌がくすんで見える状態をいいます。

この記事を書いた人

1.脂性肌に合うファンデーションとは?

脂性肌に合うファンデーション選びについて考えるために、そもそも「脂性肌」とはどういう肌なのかを確認しておきましょう。

すぐにおすすめ商品を見たい方は「2.【厳選】脂性肌におすすめのファンデーション3選」からチェックできますよ。

脂性肌・混合肌・インナードライ肌とは

肌がオイリーになりやすい、テカりやすいという方は脂性肌と考えられやすいですが、実はオイリーな肌は大きく以下の3つのタイプに分かれます。

脂性肌水分量・皮脂量ともに多い肌質
混合肌水分量が少なく皮脂量が多い肌質
インナードライ肌乾燥(水分量減少)により皮脂量が増えている肌

私たちの肌には、水分と脂質(皮脂など)がバランスを保って存在しています。脂性肌とは、皮脂分泌が多い肌質のことを言います。

基本的には水分量と皮脂量ともに多い肌を「脂性肌」と呼びますが、水分量少なめで皮脂量が多い肌質の方は「混合肌」と呼ばれ、頬は乾燥しているのにおでこはテカるなどの問題が起こりやすいです。

また、皮脂には本来、肌を乾燥から守る役割があるため、肌の内側は乾燥しているのに表面は皮脂が多くなっているケースもあります。こうした肌は「インナードライ肌」と呼ばれ、本来は乾燥肌の一種です。

混合肌・インナードライ肌の方も、ファンデーション選びにおいては脂性肌向けのポイントを押さえるとテカりやメイク崩れが起こりにくくなるはずです。

脂性肌のファンデーション選びのポイント

ファンデーション選びは、肌に合う色や適切なUVカット指数などに注目するのが基本です。これらは脂性肌の方にとっても大切ですが、さらに以下のようなポイントにも注目して選ぶことをおすすめします。

1.オイルフリーまたは油分少なめのものを選ぶ

ファンデーションは剤形によって粉と油分のバランスが異なります。皮脂が過剰になりやすい脂性肌の方は油分少なめのファンデーションを選ぶのがおすすめ。

製品により異なりますが、基本的にルースパウダーや固形のパウダーファンデーションは油分少なめです。一方、クリームファンデーションやクッションファンデーションなどは油分多めのものが多いです。

リキッドファンデーションは水性タイプと油性タイプがあり、さらっとした水性タイプのリキッドファンデは脂性肌向けです。

判断しづらい場合は「オイルフリー」と明記されたアイテムを選ぶのも1つの方法です。

2.皮脂崩れに強いアイテムを選ぶ

メイク崩れやテカりが気になる方は、皮脂や汗で崩れにくい処方のアイテムを選ぶと良いでしょう。一般的に「ウォータープルーフ」表記のあるアイテムは汗や皮脂で崩れにくいです。

最近では、皮脂を吸着してテカリや崩れを抑える成分配合のアイテムも多く登場しています。

「皮脂に強い」「崩れにくい」などの表示にも注目してみましょう。

3.マット・セミマット仕上がりがおすすめ

ファンデーションの仕上がり質感は好みもあると思いますが、脂性肌の方はツヤ肌仕上がりのものより、マット肌・セミマット肌に仕上がるものを使うほうがテカりにくいです。

ツヤ感の強すぎるものはテカりを目立たせやすいので、避けるのが無難かもしれません。

2.【厳選】脂性肌におすすめのファンデーション3選

脂性肌のファンデーション選びのポイントはチェックできましたか?

ここからは上記のポイントを踏まえつつ、成分配合や口コミ評価などを総合して、脂性肌の方に特におすすめのファンデーションを厳選3点ご紹介します。

マットスムースミネラルファンデーション(エトヴォス)

価格(税込)/ 容量3,300円 / 4g

マットスムースミネラルファンデーション」は、肌へのやさしさを第一に設計されたミネラルファンデーション。セミマットに仕上がるルースパウダータイプで、エトヴォスのミネラルファンデーションのラインナップの中で脂性肌の方におすすめのアイテムです。

天然ミネラルパウダーを主成分に、肌の負担となる8つの成分(界面活性剤、鉱物油、シリコン、タール系色素、香料、防腐剤、アルコール、紫外線吸収剤)を使用しない処方となっています。

ルースパウダーならではの軽いつけ心地ながら、毛穴やシミなどをしっかりとカバーしてキメ細かい肌に仕上がります。皮脂を含んでも変色しにくい高精製マイカ配合で、時間が経ってもくすみにくいのもうれしいポイント。

パウダーは保湿成分でコーティングされているので乾燥崩れも起こりにくく、崩れ方も汚くなりづらいです。部分的に乾燥しやすい混合肌の方にもおすすめのファンデーションです。

マイカ、酸化亜鉛、シリカ、ラウロイルリシン、(+/-) 酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al、糖脂質※
※糖脂質とプセウドジマツクバエンシス/(オリーブ油/グリセリン/ダイズタンパク)発酵物は同成分です。

ドラマティックパウダリーEX(マキアージュ)

価格(税込)/ 容量3,300円 / 9.3g

マキアージュの「ドラマティックパウダリーEX」は、自然なツヤのある肌に仕上がるパウダリーファンデーション。美容液水とパウダーを合わせたふわふわのムースをプレスして固形ファンデーションにする「ムースプレス製法」で作られた新感覚アイテムです。

毛穴にフィットして目立たなくさせる「360°美肌パウダー」と、肌に自然なツヤをもたらす「つや仕込みパウダー」を配合。肌にきれいに密着して崩れにくくするとともに、肌を明るく見せ毛穴が目立ちにくくなります。

つや仕込みパウダーには「赤みつやパウダー」「黄みつやパウダー」があり、肌なじみが良く自然なツヤ感を引き出してくれるので、テカテカして見えないのがうれしいポイントです。

同じマキアージュの崩れ防止下地「ドラマティックスキンセンサーベース EX UV+」と合わせて使用すればテカりやカサつきを抑えて、さらに崩れを防止してくれるのでおすすめです。

酸化チタン、タルク、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、窒化ホウ素、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ナイロン-12、酸化亜鉛、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジメチコン、(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマー、(IPDI/ポリ(1,4-ブタンジオール)-14)クロスポリマー、アセチルヒアルロン酸Na、(メタクリル酸メチル/アクリロニトリル)コポリマー、ステアリン酸、カルボキシデシルトリシロキサン、ハイドロゲンジメチコン、水酸化Al、パルミチン酸デキストリン、シリカ、エチルヘキシルグリセリン、塩化亜鉛、ミリスチン酸Mg、ケイ酸(Li/Mg/Na)、テトラヒドロテトラメチルシクロテトラシロキサン、グリセリン、トコフェロール、テトラデセン、BHT、水、酸化スズ、イソブタン、イソペンタン、フェノキシエタノール、クロルフェネシン、合成金雲母鉄、酸化鉄、硫酸Ba、マイカ

パウダーファンデーション シルキースムース(エスト)

価格(税込)/ 容量6,050円 / 9g

パウダーファンデーション シルキースムース」は、なめらかなつけ心地で人気のパウダーファンデーション。薄膜を作る「スキンシンクロヴェール処方」で、パウダータイプながら崩れにくいピタッとした密着感を実現しています。

ソフトフォーカス効果のあるパウダーとカバー力のあるパウダーを組み合わせて配合することで、毛穴やくすみ、色ムラなどを自然にカバーして、なめらかな肌に見せてくれます。

皮脂を吸着するパウダーも配合されているので、皮脂による化粧崩れが起こりにくいです。

「ヒアルロン酸」「カミツレエキス」など美容成分が配合されているリッチな使い心地も魅力です。

窒化ホウ素、合成フルオロフロゴパイト、シリカ、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ポリメチルシルセスキオキサン、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、スクワラン、ジメチコン、ホホバエステル、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、メチコン、アルミナ、エチルパラベン、タルク、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、ホウケイ酸(Ca/Al)、マイカ、水酸化Al、酸化スズ、ハイドロゲンジメチコン

3.【特徴別】脂性肌におすすめのファンデーション

厳選3アイテムの中に、気になるファンデーションはあったでしょうか?

ここからは、さらなるおすすめファンデーションを特徴別に分けてご紹介していきます。

上記の3項目に分けてご紹介します。気になる項目をクリックで先読みもできますよ。

【カバー力×脂性肌向け】おすすめファンデーション

ファンデーションは、シミやクマなどをきちんとカバーしてくれるカバー力を重視して選びたいという方は多いですよね。

カバー力と崩れにくさを両立できる脂性肌向けおすすめファンデーションをご紹介します。

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ(エスティローダー)

価格(税込)/ 容量6,710円 / 30mL

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」は、絶大な人気を誇るエスティローダーのロングセラーアイテム。崩れにくさとカバー力に定評のあるリキッドタイプのファンデーションです。

セミマットの上品な仕上がりで、気になる毛穴をしっかりとカバーしてくれます。持続性ポリマーの働きで肌にピタッと密着するので、表情の動きによる崩れが起こりにくいです。汗や皮脂にも強いので脂性肌さんにもおすすめです。

日本人の肌色に合わせた10色展開に加え、オンライン限定色12色の全23色展開。自分の肌色に合わせた色選びで素肌感を出しつつ、カバー力&崩れにくさを体感できます。

水、シクロペンタシロキサン、シクロメチコン、トリメチルシロキシケイ酸、BG、PEG/PPG-18/18ジメチコン、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-3、硫酸Mg、トリベヘニン、ポリメチルシルセスキオキサン、ラウレス-7、ジステアルジモニウムヘクトライト、メチコン、セルロースガム、炭酸プロピレン、テトラ(ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロケイヒ酸)ペンタエリスリチル、キサンタンガム、アルミナ、酢酸トコフェロール、フェノキシエタノール、デヒドロ酢酸Na +/- 酸化チタン、マイカ、酸化鉄

ベリーレア エアー(アルビオン)

価格(税込)/ 容量5,500円 / 10g

アルビオンの「ベリーレア エアー」は、軽やかな素肌感とカバー力を両立できるファンデーション。肌の上で生チョコのようにじゅわっととろけてスッとなじむ使い心地の良さで大人気です。

ふんわり軽いつけ心地ながら、毛穴や色ムラをしっかりとカバー。キメの整ったなめらかな肌に見せてくれます。素肌感のある上品なツヤ感で、ふわっとしたフォギーな印象の仕上がりです。

下地クリームや仕上げのパウダーを使用しなくても使えるので、忙しい朝のメイク時間短縮にも役立ちます。下地不要ながらSPF33/PA+++と日常使いには十分なUVカット力も魅力です。

ジメチコン、ジカプリン酸PG、トリエチルヘキサノイン、タルク、イソノナン酸イソトリデシル、キャンデリラロウ、ミネラルオイル、(ビニルジメチコン/ラウリルジメチコン)クロスポリマー、カカオ脂、テアニン、トコフェロール、バニラタヒテンシス果実エキス、ホップエキス、水溶性コラーゲン、BG、BHT、DPG、(PEG-15/ラウリルジメチコン)クロスポリマー、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、エチルヘキシルグリセリン、カルナウバロウエキス、クエン酸Na、グリセリン、シリカ、セラミドNG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、含水シリカ、水、水酸化Al、ソルビン酸、フェノキシエタノール、香料、マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄

【ナチュラル×脂性肌向け】おすすめファンデーション

ここからは、ナチュラルな仕上がりが好みの脂性肌さんにおすすめなファンデーションをご紹介していきます。

崩れたときにメイク直ししたときも厚塗り感が出づらく、きれいに仕上げやすいメリットもありますよ。

ダブルエフェクト パウダー(プリマヴィスタ)

価格(税込)/ 容量3,080円 / 9g

プリマヴィスタの「ダブルエフェクト パウダー」は、素肌のようなナチュラルな仕上がりなのに、毛穴をしっかり目立たなくしてくれるファンデーション。さっとひと塗りするだけで毛穴をカバーしてくれる「すっぴんチートパウダー」として人気のアイテムです。

おしろいのような軽いつけ心地で、すっぴんのような仕上がりながらも毛穴をしっかりとカバー。光を直接反射する板状パウダー(窒化ホウ素)と、光を拡散させる球状パウダー(複合シリカ)を組み合わせることで、毛穴を自然にぼかしてくれます。

付属の専用パフはちょっと珍しいグレーカラー。表と裏がそれぞれ、ふわっとフォギーに仕上がる「起毛面」と、ツヤ肌に仕上がる「スポンジ面」となっているので、その日の装いや気分に合わせて異なる仕上がりの肌を楽しめます。

窒化ホウ素、シリカ、合成フルオロフロゴパイト、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジメチコン、水酸化Al、含水シリカ、エチルパラベン、タルク、マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、酸化スズ

ミネラルリキッドリーファンデーション(MiMC)

価格(税込)/ 容量7,150円 / 13g

ミネラルリキッドリーファンデーション」は、皮脂のバランスを整えてくれるファンデーション。国産のナチュラルコスメブランドMiMC(エムアイエムシー)の、みずみずしいリキッドタイプのミネラルファンデーションです。

フウチョウソウ葉エキスやヨモギエキスなど、こだわりの植物エキスを複数ブレンドして配合することで皮脂バランスを整え、ゆらぎにくい肌に導いてくれます。ミネラルの特性を生かし、時間が経つほど肌のツヤが増す「ミネラルシンクロ設計」が採用されています。

ミネラルパウダーと植物エキスの組み合わせで、ノンシリコーンながらも汗や皮脂に強く崩れにくい点も魅力。容器は空気の入らないエアレスコンパクトの採用により、防腐剤や酸化防止剤の使用が抑えられています。ワンプッシュで半顔分の量が出せるので便利ですよ。

水、シラカンバ樹液、ホホバエステル、BG、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ペンチレングリコール、ソルビトール、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、塩化Na、マイカ、スクワラン、フウチョウソウ葉エキス、アルニカ花エキス、アーチチョーク葉エキス、ヨモギ葉エキス、ニオイテンジクアオイ油、ビターオレンジ花油、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ジミリスチン酸Al、トコフェロール、プロパンジオール、酸化チタン、酸化鉄、水酸化Al

【プチプラ×脂性肌向け】おすすめファンデーション

ドラッグストアやバラエティショップなどで購入できるプチプラコスメにも、最近は優秀な人気アイテムが多数登場していますね。

ここからは、プチプラファンデーションの中から、脂性肌さんにおすすめのアイテムをピックアップしてご紹介します。

パーフェクトUVリキッドファンデーション(オルビス)

価格(税込)/ 容量1,980円 / 30mL

オルビスの「パーフェクトUVリキッドファンデーション」は、日差しが強くなる春~夏にぴったりなファンデーション。SPF50/PA++++の高いUVカット力に加え、汗や皮脂に強く崩れにくいという特徴があり、皮脂分泌が過剰になりやすい脂性肌さんにもおすすめな一品です。

ドーナツ型のパウダーが採用されていて、汗や皮脂が空洞部分から放出されるためヨレやくすみが起こりにくいです。たくさんの光を均一に拡散して、毛穴やシミを目立たなくさせる効果もあります。

伸びが良く、肌にピタっと密着してしっかりカバー。ほんのりとしたツヤを感じさせる仕上がりです。ウォータープルーフテスト済で崩れにくさとカバー力には定評あり。アウトドアの日にも適したファンデーションです。

ピンクナチュラル

【全成分表示】シクロペンタシロキサン、水、酸化亜鉛、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、タルク、PEG-10ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、ベントナイト、ローズマリーエキス、BG、トコフェロール、シリカ、マイカ、トリメトキシシリルジメチコン、(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー、ポリシリコーン-14、メチコン、ジメチコン、ハイドロゲンジメチコン、含水シリカ、水酸化Al、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、+/-:酸化チタン、酸化鉄

4.脂性肌でも崩れにくいメイクのコツ

おすすめファンデーションの中に、気になるアイテムは見つかりましたか?メイクを崩れにくくするには、ファンデーション選びとメイク方法も重要です。

ここからは、脂性肌さんでも崩れにくいメイクのコツを押さえておきましょう。

1.メイク前のスキンケアで皮脂対策

メイク前にしっかりとスキンケアすることは、脂性肌の方に限らずどんな肌質の方にとっても重要なポイントです

メイク前に肌の状態をきちんと整えておくことで、ベースメイクが肌に密着し崩れづらくなります。

皮脂による崩れが目立ちやすい脂性肌の方は、洗顔で余分な皮脂をきちんとオフした後、皮脂を抑制する化粧水や美容液をメイク前のスキンケアに取り入れるのがおすすめです。

2.メイクの前にティッシュオフ

メイク前にスキンケアをするのは大切ですが、スキンケア後すぐにベースメイクに取り掛かるのはNGです。

理想は10~15分ほど時間をおくことですが、忙しい朝にそんな時間の余裕がないという場合は、ハンドプレスでスキンケアを仕上げた後、軽くティッシュで押さえて余分な水分・油分を取り除いてからメイクしましょう

ひと手間加えることで、メイクの肌なじみがよくなり、崩れにくいメイクに仕上げやすいです。

3.下地は必ず使用する

崩れにくさを意識するなら、ファンデーションの前に下地は欠かせません

下地を使ってからファンデーションを塗ることで、厚塗りすることなく均質な仕上がりになります。

最近は皮脂吸着成分が配合された下地クリームも多く、脂性肌さんのメイク下地におすすめです。

4.ファンデーションは薄くつける

ファンデーションを厚塗りすると、どうしても崩れやすくなってしまいます。

「カラーコントロールは下地クリーム」「ピンポイントのカバーはコンシーラー」と他のアイテムと役割を分けて、ファンデーションは薄くつけることを意識しましょう

5.脂性肌の保湿ケアのポイント

「脂性肌」は、本来は水分量・油分量ともに多めの肌質を指しますが、冒頭にも書いたように、水分量が少なく油分量が多い「混合肌」タイプや、乾燥がひどいために皮脂分泌が過剰になっている「インナードライ肌」タイプの人もいます。

水分量・油分量ともに多い肌質は10代から20代前半に多く見られますが、年齢とともに水分量・油分量のバランスが変化してくることが多いです。

20代後半以降にベタつきやテカりを感じやすくなった方は、混合肌やインナードライ肌であるケースが大半だと言えるでしょう。

この場合、水分量が不足していることがトラブルの主な原因なので、保湿ケアが重要です。

「ヒアルロン酸」「リピジュア」など、保水力の高い成分や、肌の天然保湿因子と近い「アミノ酸」などの成分が配合された化粧水・美容液などで、肌に水分をしっかりと補うことを意識しましょう。

水性の成分は蒸散しやすいので、さらっとしたタイプの乳液を薄く使うなど、スキンケア時には軽く油分も加えるとバランスを取りやすい方が多いはずです。

6.まとめ

脂性肌の方におすすめのファンデーションと、選び方や崩れないメイクのコツ、保湿ケアのポイントなどをお伝えしました。

最後に、本文中でご紹介したおすすめアイテムをまとめておきます。

特徴別のおすすめファンデーションはこちらからチェックできますよ。

脂性肌さんはテカりやベタつき、メイク崩れなどの悩みも多いですが、水分と油分のバランスを整えるスキンケアを意識しつつ上手なファンデーション選びで崩れにくいメイクに挑戦しましょう!

※外部サイトにおける価格やサービスは当該サイトの利用規約に従うものであり、当社は一切責任を負いません。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。