敏感肌におすすめの化粧水14選|デリケート肌でも使いやすい高保湿アイテム

敏感肌でお悩みを抱えている人はいませんか?敏感肌は、元々の肌質だけではなく生活習慣や間違ったスキンケア方法が原因でも起こる症状です。

この記事では、敏感肌に優しいおすすめの化粧水を14商品をご紹介します。その他にも、以下の内容をまとめています。

  • 敏感肌の化粧水の正しい選び方
  • 敏感肌のためのスキンケア方法のコツ
  • 敏感肌におすすめの習慣について

敏感肌で悩んでいる人は記事を最後まで読んで、正しいスキンケア方法や、自分に合わせた商品の選び方を知っていきましょう。

さっそく、敏感肌の化粧水の選び方からご紹介していきます。

今すぐおすすめの化粧水をチェックしたいという方は「敏感肌におすすめの化粧水5選」からお読みいただけます。

※本記事での「浸透」とは角質層までのことをいいます。
※本記事での「エイジングケア」とは年齢に応じたケアのことを言います。
※本記事でいう「美白(効果)」とは、メーキャップ効果によるものをいいます。
※本記事での「ニキビ」へのアプローチは全てニキビを防ぐことをいいます。

1.敏感肌の化粧水の選び方

敏感肌向けの化粧水選びをするときは、以下の4つポイントを考慮するようにしましょう。

  1. テスト済み表記の有無で選ぶ
  2. 化粧水の保湿効果で選ぶ
  3. 化粧水の種類で選ぶ
  4. 年代を考慮する

敏感肌の化粧水選びは、保湿効果や化粧水の種類、ご自身の年齢を考慮することも重要です。

また、化粧品の中には、商品の低刺激性を調べるテストを受けているものがあります。敏感肌は、そのようなテスト済みの表記がある化粧水を意識的に選ぶようにすると良いでしょう。

敏感肌の化粧水の選び方のポイントについて、もう少し詳しく解説していきます。

テスト済み表記の有無で選ぶ

敏感肌向けの化粧水を選ぶ時は、商品の低刺激性を調べるテストをクリアしたテスト済み表記がされているかを確認しましょう。

敏感肌とは、角質層のバリア機能が低下して、外からの刺激を受けやすい状態のことを指します。そのため、本来肌を整える役割である化粧水も肌への刺激になりやすいのです。

テスト済み表記がある化粧水は、最終商品や配合されている化粧品原料で低刺激性を調べる試験が行われています。そのため、敏感肌にもおすすめができるのです。

テスト表記について

化粧品のテスト表記にも種類があります。下記の表は、敏感肌の方が覚えておくと良いテスト表記の種類をまとめものです。

パッチテスト刺激による赤みや腫れが出にくいかどうかをテストしている。
(※全ての方にアレルギーや肌トラブルが起こらないということではありません。)
アレルギーテスト原料や商品のアレルギー反応が起きにくいかどうかをテストしている。
(※全ての方にアレルギーや肌トラブルが起こらないということではありません。)
スティンギングテストヒリヒリ、かゆみが起きにくいかどうかをテストしている。
(※全ての方にアレルギーや肌トラブルが起こらないということではありません。)
テスト表示の説明

敏感肌の方使う化粧水は、上記どれかのテスト表記があることが理想です。赤みや腫れ、ヒリヒリ、かゆみが起きにくいかどうかなどのテストをしているので、敏感肌でも使うことができるでしょう。

化粧品の「テスト表記」にはこの他にも、ニキビができにくい処方であるかを確認する「ノンコメドジェニックテスト(※全ての方にニキビの元ができないわけではありません)」や、紫外線などが当たってかぶれが起こるかどうかをテストする「ヒト光感作性テスト」などがあります。

保湿効果で選ぶ

敏感肌向けの化粧水を選ぶ時は、保湿効果がどのくらいあるのかを確認するようにしてください。なぜなら、敏感肌の主な原因はお肌の乾燥によるバリア機能の低下だからです。

敏感肌の方が感じる「ヒリヒリしたやかゆみ」などの症状を和らげるためにも、まずは化粧水で乾燥対策をすることが重要なのです。

化粧水に配合されている保湿成分や、化粧水のテクスチャーも商品選びの時の参考になるでしょう。化粧水の保湿効果の見極め方のコツを説明していきます。

保湿効果のある化粧水の見極め方

敏感肌におすすめの、保湿効果のある化粧水の見極め方は以下の方法があります。

  • 保湿効果のある成分が配合されているかを確認する
  • 化粧水のテクスチャーを確認する
  • 商品のキャッチコピーなどを確認する

化粧水に配合されている保湿成分として、ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミド・スクワラン・グリセリンなどがよく知られています。また、化粧水のテクスチャーはとろみがあるものの方がお肌がもっちりとするので、保湿効果が期待できるでしょう。

ほとんどの化粧品は、配合成分の特徴や効果を、商品のキャッチコピーとして大きく表示しているものです。「保湿化粧水」や「潤いのある〇〇」などと表示された商品は、乾燥対策ができる化粧水であると考えて良いでしょう。

化粧水の種類で選ぶ

敏感肌向けの化粧水を選ぶ時は、化粧水の種類を考慮することも大切です。実は化粧水は、スキンケアの目的ごとに種類が分かれています。例えば、保湿をするための化粧水なのか、角質ケアをするための化粧水なのか、美白効果が主役の化粧水なのか、などです。

乾燥肌に重要なのは「保湿ケア」です。そのため、敏感肌は保湿効果が目的の化粧水を選ぶことをおすすめします。

化粧水の種類と効果

以下の表は、化粧水の種類と効果をまとめたものです。

保湿化粧水保湿成分が配合されていて、肌に潤いを与える
角質ケアの化粧水拭き取りタイプなどが主。肌の古い角質を取り除く
美白化粧水薬用有効成分が配合されている。日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ

化粧水を選ぶ時は、自分の肌悩みや使う目的に合わせて選ぶようにしましょう。

年代も考慮する 

敏感肌向けの化粧水を選ぶ時は、ご自身の年齢も考慮しましょう。お肌は、年齢を重ねるにつれて起きる肌トラブルの種類も異なるからです。

例え気に入っている化粧水があったとしても、今の自分の肌に合っているのかを、常に見直すようにしましょう。

年代別の化粧水選びのポイント

以下の表は、年代別の化粧水選びのポイントをまとめたものです。

10代〜20代成長ホルモンの影響で皮脂の分泌も多くなります。質感は、さっぱりめの化粧水がおすすめ。敏感肌でも使える拭き取り化粧水などを選ぶと良いでしょう。
30代〜40代昼間は仕事や子育てに忙しい世代なので、朝と夜で化粧水の種類を変えるのがおすすめ。朝はメイク崩れの原因にならないさっぱりタイプの化粧水、夜は保湿効果に特化したものを選んでみましょう。
50代〜60代シミ、シワ、たるみ、ほうれい線などのエイジングサインが気になってくる世代。肌の機能も低下することで乾燥肌になります。保湿効果や美容成分を一番に考慮して選びましょう。

敏感肌の化粧水選びのポイントは知ることができましたね。次の章からは、敏感肌におすすめの化粧水を14商品ご紹介していきます。自分の肌質に合わせた化粧水を見つけてみてくださいね。

2.敏感肌におすすめの化粧水5選

敏感肌におすすめの化粧水をご紹介します。おすすめの化粧水は、以下のポイントで選んでいます。

  • 敏感肌への保湿効果はどうか
  • 敏感肌でも使える「テスト済み表示」があるか
  • 敏感肌への使い心地はどうか

化粧水を選ぶ時の参考にしてみてくださいね。まずは、アヤナス ローション コンセントレートからご紹介していきます。

アヤナス ローション コンセントレート(ディセンシア)

価格 / 容量5,500円(税込) / 125mL
商品情報

アヤナス ローション コンセントレート」は、アルコールや合成香料不使用の、お肌に優しい処方でヒリヒリしにくい敏感肌向けの高保湿化粧水です。

トロっとしたテクスチャーが特徴で、お肌に馴染んで角質層までしっかりと浸透します。つけた後は、お肌に吸い付くようなもっちり感を感じるでしょう。

特徴は、角質層のすみずみまで浸透するナノカプセル化した保湿成分。癒される天然アロマの香りも人気です。

  • ナノカプセル化した保湿成分「セラミドナノスフィア」が配合
  • 天然植物抽出の「ゼラニウムとラベンダー」の心地よい香り

アヤナス ローション コンセントレートは、ゆらぎがちな敏感肌の潤いをサポートをする、エイジングケアローションなのです。「化粧水の後でもお肌がすぐにつっぱる!」という人に、おすすめの高保湿化粧水ですよ。

水、プロパンジオール、ジグリセリン、グリセリン、PPG-24グリセレス-24、セラミド2

ノブIII フェイスローションEX【医薬部外品】(ノブ)

価格 / 容量4730円(税込)/120mL
商品情報

ノブIII フェイスローションEX」は、しっとりとろみのある感触の、お肌に潤いを与える薬用化粧水です。保湿クリームが不要なほどしっとりと潤うので、敏感肌の乾燥しがちなお肌をサポートしてくれます。

お肌のバリア機能をサポートする保湿成分として、以下の成分が配合されています。

  • 保湿成分​として、アミノ酸、天然型セラミドが配合
  • 皮膚保護成分として、スクワランが配合

デリケートなお肌をサポートしてくれる保湿成分が、理想的なバランスで配合されています。

つけた瞬間からお肌に溶け込んでいくような潤いを感じるはずですよ。 ノブIII フェイスローションEXは、 バリア機能に着目して作られている敏感肌用化粧水。「お肌のコンディションが安定しないな」という人は試してみてくださいね。

グリチルリチン酸2K、水、濃グリセリン、BG、ポリオキシエチレンメチルグルコシド

化粧水III とてもしっとり(キュレル)【医薬部外品】

価格 / 容量1980円(税込)/150mL
商品情報

敏感肌のために作られたキュレルの「化粧水III とてもしっとり」は、ノンアルコールで、しっとり潤う使い心地の薬用化粧水です。

お肌の潤いを保つ肌の必須成分である、セラミドの働きを守ることで、敏感肌の乾燥による肌荒れを防ぎます。

  • セラミドの機能をサポートする潤い成分として、ユーカリエキスが配合
  • 抗炎症成分として、アラントインが配合
  • 保湿成分として、グリセリン・アミノ酸が配合
  • 弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)処方

化粧水の質感は潤うのに、つけた後はベタつかない使用感です。「保湿はしたいけどベタつくのは苦手」という人は、化粧水III とてもしっとりを試してみてくださいね。

アラントイン、精製水、グリセリン、BG、ベタイン、POEメチルグルコシド、ユーカリエキス、

ザ タイムR アクア(イプサ)【医薬部外品】

価格 / 容量4,400円(税込) / 200mL
商品情報

ザ タイムR アクア」は、見た目もオシャレなデパコス化粧品です。イプサ独自の保湿成分であるアクアプレゼンターIIIが、お肌表面の潤い成分を逃がさないようにアプローチ。キメを整えて、みずみずしいお肌に導いてくれる薬用化粧水です。

  • 肌荒れを防ぐ成分として、薬用トラネキサム酸が配合
  • イプサの独自技術で生まれた保湿成分の、アクアプレゼンターIII(保湿成分が複合されたもの)が配合
  • アルコール無添加

 ザ タイムR アクアは、ノンコメドジェニックテスト済み(※全ての方にニキビの元ができないわけではありません)の化粧水なので、大人の肌のニキビ予防にも◎。「敏感肌でニキビの予防もしたい」という人に適しています。

トラネキサム酸,グリチルリチン酸ジカリウム,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム

化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ(無印良品)

価格 / 容量690円(税込) / 200mL
商品情報

無印良品の「化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ」の最大の特徴は、岩手県釜石の天然水を使用している化粧水ということ。

この天然水のpH値は、人間の涙とほぼ同じといわれています。スキンケア商品にぴったりの超軟水なので、使い心地も軽く使いやすいですよ。

肌保護成分として、スベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキスが配合

  • 保湿成分として、リピジュアR(ポリクオタニウムー51)、ヒアルロン酸が配合
  • 無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリー

肌荒れに有用な成分である、アラントインも配合されています。乾燥しやすい敏感肌に潤いを与えて肌荒れ予防までしてくれる、コスパも良い化粧水です。無印の敏感肌化粧水は、「さっぱり」「しっとり」「高保湿」の3種類があります。お肌の悩みや季節に合わせて選びたい人におすすめです。

水、DPG、グリセリン、PEG-32、ジグリセリン、グリコシルトレハロース

3.【特徴別】敏感肌におすすめの化粧水9選

次は、特徴別で選ぶ敏感肌のおすすめ化粧水をご紹介していきます。以下の3つの特徴別に化粧水を分けました。

  • プチプラの敏感肌化粧水
  • 高保湿で肌に優しい敏感肌化粧水
  • ニキビ・肌荒れ対策におすすめの敏感肌化粧水

自分の肌悩みや、化粧品に求めるコスパで選ぶことができるはずです。さっそく、プチプラの敏感肌化粧水からみていきましょう。

3-1.1000円前後のプチプラ敏感肌化粧水

敏感肌におすすめの、プチプラ化粧水をご紹介します。敏感肌でも使え、低価格でコスパの良い化粧水を集めました。「まずは試しに」と、気軽な気持ちで購入できるお値段が嬉しいですね。

低価格の化粧水はスキンケアも続けやすいので、お肌への潤いを感じやすくなるでしょう。まずは、プチプラ化粧品が揃うセザンヌ化粧品から販売しているセザンヌ スキンコンディショナー高保湿からご紹介してきます。

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿(セザンヌ化粧品)

価格 / 容量715円(税込)/ 500mL
商品情報

セザンヌ スキンコンディショナー高保湿」の魅力は、500mLの大容量でたったの715円(税込)で購入できる、コスパの良さでしょう。

毎日のケアだけではなく、コットンパック用の化粧水として使ったり、シートマスクに化粧水を足す追い化粧水などにも使えそうですね。気になる成分や処方を見ていきましょう。

  • 保湿成分として、ヒト型セラミド(セラミドAP・セラミドNP・セラミドEOP)を配合

敏感肌にとっては優しい保湿成分である「セラミド」も配合されているので、使うことでお肌はしっかりと潤います。セザンヌ スキンコンディショナー高保湿は「とにかくコスパ重視!」とう人におすすめのプチプラ敏感肌用化粧水です。

水、グリセリン、BG、ハトムギ種子エキス、セラミドAP、セラミドNP、セラミドEOP

モイストローション(リッツ)

価格 / 容量1,298円(税込)/190mL
商品情報

モイストローション」は、植物幹細胞由来エキスが配合されていることが特徴のプチプラ化粧水。

ドラッグストアなどで購入ができるので、手に入れやすくて試しやすい敏感肌用スキンケア商品です。プチプラですが、保湿成分や使い心地も◎。使っていて癒される香りも評判です。

  • 保湿成分として、植物幹細胞由来エキス(リンゴ果実培養細胞エキス(保湿)、コンフリーカルス培養エキス)が配合
  • 保湿成分として、3種のセラミドと2種のコラーゲンが配合
  • 心癒されるリラックスハーブの香り

保湿をすることでお肌のキメを整えて、毛穴の目立たないお肌へと導いてくれます。乾燥による毛穴悩みがある人は、モイストローションを試してみましょう。

リンゴ果実培養細胞エキス(保湿)、コンフリーカルス培養エキス(保湿)、セラミドNP(保湿)、セラミドNG(保湿)

ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー(ナチュリエ)

価格 / 容量715円(税込) / 500mL
商品情報

ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー」は、古くから美容に良いとされるハトムギエキスがたっぷりと配合された、世代問わず大人気の化粧水です。みずみずしくて浸透力に優れた処方で、化粧水がぐんぐんとお肌になじみます。

  • 「ハトムギエキス」には、12種のアミノ酸が含まれている
  • 肌のバリア機能をサポートして、水分を蓄えやすいお肌に導いてくれる

ハトムギ化粧水 スキンコンディショナーは、500mLの大容量なので、シートマスクや拭き取り化粧水、ボディケアとして使用するのもおすすめです。1つでいろいろな使い方ができる化粧品を好む人に試して頂きたい化粧水です。

水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K

3-2.高保湿で肌に優しい敏感肌化粧水

敏感肌におすすめの、高保湿の化粧水をご紹介します。保湿効果が高い化粧水を厳選したので、使ったあとはお肌のもっちり感を感じるでしょう。

さっそく、モイストバランス ローションからご紹介していきます。

モイストバランス ローション(アクセーヌ)

価格 / 容量6,050円(税込)/ 360mL
商品情報

モイストバランス ローション」は、敏感肌用スキンケアが揃うアクセーヌから発売しているヒリヒリしにくい敏感肌化粧水です。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されていて、ベタつかないのに一日中お肌が潤い続けます。

  • 保湿成分として、セラミド類似成分、ヒアルロン酸が配合
  • 無香料、無着色、アルコール(エタノール)フリー

高保湿の理由は、ナノカプセル化された保湿成分配合だから。業界最小レベルといわれる超微細ナノカプセル化技術(※角質層の隙間よりも小さい超微細ナノカプセル)で、潤い成分が角質層のすみずみまでたっぷりと浸透します。

さらに、ノンコメドジェニックテスト済み(※全ての方にニキビの元ができないわけではありません)なので「ニキビ悩みもある敏感肌」の人でも使えます。

水、グリセリン、BG、PEG-40、ヒアルロン酸Na、ベタイン、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)

アミノモイスト モイストチャージローションもっとしっとりタイプII(ミノン)

価格 / 容量オープン価格/ 150mL
商品情報

アミノモイスト モイストチャージローションもっとしっとりタイプII」は、お肌に大切な天然保湿因子であるアミノ酸を補えるヒリヒリしにくい化粧水です。

製薬会社が本気で敏感肌について考えて商品化した、乾燥肌におすすめのスキンケアラインです。使うことで感じる効果をみてみましょう。

  • キメを整え、もちもちとしたみずみずしい肌に導く
  • とろりとした使い心地なので、角質層への浸透を感じる

保湿成分として、9種類の保潤アミノ酸が配合されています。ミノンには、敏感肌化粧水だけではなく、乳液や日焼け止め、スペシャルケア商品まで揃っています。敏感肌用のスキンケアラインを揃えたい人は、チェックしてみましょう。

水、グリセリン、BG、プロパンジオール、メチルグルセス-20、PEG-75、セリン

ヒフミド エッセンスローション(小林製薬)

価格 / 容量3,300円(税込) / 120mL
4,730円(税込)/180mL
商品情報

ヒフミド エッセンスローション」は、3種類のヒト型セラミドが配合された、高保湿化粧水です。実はお肌は年齢を重ねると、肌の中のセラミド1型の割合が減ってしまうことが知られています。

ヒフミド エッセンスローションには、セラミド1型を含む3種類のセラミドが配合されているので、角質層のすみずみまで潤いを与えてハリのあるお肌に導いてくれるのです。

  • 保湿成分として、天然ヒト型セラミド(セラミド1、セラミド2、セラミド3)が配合
  • 乾燥による小ジワを目立たなくする、効能評価試験済み

乾燥対策はもちろんですが、「年齢肌のサインが気になってきた」という人にもおすすめできる化粧水です。

水、BG、グリセリン、ジグリセリン、メチルグルセス-20

3-3.ニキビ・肌荒れ対策におすすめの敏感肌化粧水

敏感肌におすすめの、ニキビ・肌荒れ対策ができる化粧水をご紹介します。敏感肌の中には「ニキビの悩みがある」という人も意外に多いようです。

肌に優しい使い心地のもので、ニキビにアプローチができる成分が配合されている商品を選びました。まずは、モイスチャー ミストローションIIからご紹介していきますね。

モイスチャー ミストローションII(アルージェ)【医薬部外品】

価格 / 容量3,300円(税込)/ 220mL
商品情報

モイスチャー ミストローションII」は、ニキビなどの肌荒れ悩みにアプローチする有効成分が配合された薬用化粧水です。お肌を潤す保湿成分も配合。敏感肌を保湿しながら肌荒れ予防ができるのです。

  • ニキビ、肌荒れを防ぐ有効成分の、グリチルリチン酸2K、アミノカプロン酸が配合
  • 保湿成分として、ナノ化天然セラミド(ビオセラミド)、カンゾウ葉エキス、トリメチルグリシンが配合

化粧水は、使いやすいミストタイプです。日中の乾燥が気になる時は、メイクの上からも使うことができる優れものですよ。毎日のケアだけではなく、メイク直し用に持ち運んだり、お風呂上がりのささっとケアにも向いていますね。

お手軽に使える肌荒れ予防アイテムをお探しの人は、モイスチャー ミストローションIIを試してみましょう。

グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸、水、BG、濃グリセリン

薬用スキンコンディショナーエッセンシャル(アルビオン)【医薬部外品】

価格 / 容量3,850円(税込)/110mL
5,500円(税込) / 165mL
9,350円(税込)/330mL
商品情報

美容好きなら、「薬用スキンコンディショナーエッセンシャル」を一度は目にしたことがあるでしょう。

「スキコン」の愛称で親しまれる薬用化粧水で、長年使い続けているリピーターも多いそう。薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは、環境の変化でコンディションをくずしがちな肌を、すこやかに整えてくれます。

  • 抗炎症成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが配合
  • 保湿成分として、ハトムギエキスが配合

ニキビ予防につながる抗炎症成分が配合なので、デリケートな敏感肌のニキビ悩みにアプローチしてくれます。長年リピーターに愛される薬用化粧水「スキコン」を、ぜひご自身のお肌で試してみてはいかがですか?

グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、エタノール、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、エタノール、

モイストケア ローション MB(dプログラム)【医薬部外】

価格 / 容量3,740円 (税込) / 125mL
商品情報

ニキビの元になりにくい処方(※全ての方ニキビの元が起こらないというわけではありません)でできている「モイストケア ローション MB」は、敏感肌用の薬用化粧水です。

肌に存在する美肌菌に着目して作られたスキンケア商品で、カサつくつくお肌を潤いで滑らかにします。

  • 保湿成分として、濃グリセリンが配合
  • 抗炎症成分として、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウムが配合

抗炎症成分配合なので、肌荒れに悩む敏感肌をケア。潤いと肌荒れ予防の両方を兼ね揃えた薬用化粧水なのです。「ニキビ予防と高保湿、どっちも譲れない!」という人は、モイストケア ローション MBを試してみましょう。

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム,酵母エキス(3),トレハロース

4.敏感肌におすすめのスキンケア方法

敏感肌は、化粧水選びだけではなくスキンケア方法でも押さえておくべきポイントがあります。敏感肌のための正しいスキンケア方法は、以下の3つを守って行いましょう。

  1. 摩擦を避ける
  2. 刺激を避ける
  3. 保湿する

敏感肌は、肌のバリア機能の低下が原因で、外部刺激に弱くなっている状態です。必要以上の摩擦や肌への刺激は避けましょう。

また、対策としてはとにかく保湿ケアを続けることです。この3つのポイントを取り入れた正しいスキンケア方法を、洗顔、化粧水・乳液、クリームのパートに分けてご紹介していきます。

今日から実践してみてくださいね。

洗顔

敏感肌の洗顔は刺激になりにくい温度で摩擦を起こさずに洗うことが大切です。

手順

1.36℃前後のぬるま湯で洗う

洗顔は、肌への刺激になりにくい36°C前後で行いましょう。熱すぎたり冷たすぎるお湯は肌への刺激になります。

2.洗顔料をよく泡立てる

キメの細かい泡は、肌との摩擦を軽減してくれます。泡立てネットなどを使って、濃密な泡を作っていきましょう。

3.Tゾーンから洗う

皮脂腺が多い箇所から洗います。そうすることで、乾燥しやすい頬や口周りに長時間洗顔料がつくことを防げます。

4.よく洗い流す

洗浄剤が顔に残っていると、お肌への刺激になります。流し忘れに注意してください。洗い流し終わったら、タオルなどを優しく顔に当て水気を切るようにしてください。

次は敏感肌の正しい化粧水の使い方を説明します。

化粧水

敏感肌の化粧水ケアは手を使って摩擦を起こさずに馴染ませることが大切です。

手順

1.手のひらに500円玉程度の化粧水を出してつける

コットンを使わずに手でつけることをおすすめします。使用するコットンの種類によっては肌への刺激になるためです。

2.両手のひらで顔を包み込むように馴染ませる

擦らずに、ゆっくりと手のひら全体で化粧水を馴染ませていきましょう。特に頬や口周りの乾燥しやすいパーツはこの方法がおすすめです。

3.乾燥しやすいパーツは念入りに馴染ませる

頬や口周りの、乾燥しやすいパーツは手で包み込むように念入りに馴染ませましょう。顔全体に化粧水が浸透したら完了です。

次は敏感肌の正しい乳液・クリームの使い方を説明します。

乳液・クリーム

敏感肌の乳液・クリームケアは必要なパーツには重ね付けすることが大切です。

手順

1.適量を手に取る

一度両手のひらを合わせることで、クリームが顔に馴染みやすくなります。

2.乾燥しやすいパーツから塗る

頬や口周りの、乾燥しやすいパーツから塗っていきましょう。指先で塗ると力が入り肌への刺激になるので、手のひら全体を使って塗ります。

3.Tゾーンに馴染ませる

一度、手のひら全体でハンドプレスをして、美容成分の浸透を助けましょう。

4.顔全体をハンドプレスする

乾燥しやすい箇所を触って確認し、もっちり感が足りない場合は、少量をさらに重ねます。最後にもう一度、顔全体をハンドプレスしたら完了です。

敏感肌の正しいスキンケア方法は知ることができましたね。今のスキンケア方法を見直して、「肌への摩擦や刺激を減らす」ケアをしていってくださいね。次の章では、敏感肌におすすめの習慣についてご紹介していきます。

5.敏感肌におすすめの2つの習慣

敏感肌は、できることならケアしたいですよね。敏感肌の原因は、乾燥以外にも体調の変化や肌質、からだの機能によっても起こります。

そのため、化粧品でケアすることは難しいのです。ですが、肌への摩擦を減らしたスキンケア方法を身につけたり、生活習慣を見直すことでケアに繋がる可能性はあるため、以下の2つを習慣にしてみましょう。

  • 正しいスキンケア習慣を身につける
  • 生活習慣を見直してみる

肌への摩擦や刺激を軽減させるスキンケアや、生活習慣を見直すことは、敏感肌のケアに繋がるはずです。習慣の付け方をみていきましょう。

正しいスキンケア習慣を身につける

敏感肌の正しいスキンケア方法でもご紹介した通り、敏感肌は摩擦や刺激を極力避けて、とにかく保湿をすることが重要でした。

毎日している洗顔やスキンケアは、自分の付け方のクセが出やすいです。まずは、肌への優しさを意識して行うことが重要。濃密な泡で洗顔をしたり、肌をいたわりながらゆっくりと手を動かしましょう。

正しいスキンケア方法を習慣づけて、敏感肌ケアをしていきましょう。

生活習慣を見直す

敏感肌のケアに繋がる習慣は良質な睡眠とバランスの良い食事を摂ることが大切です。健康的な生活習慣は、お肌の健康にも直結しているからです。

夜更かしをやめたり、栄養バランスを考えて食事をすることで、お肌の健康をサポートすることができるでしょう。

敏感肌ケアのためのバランスの良い食事ができるように、おすすめの栄養素をご紹介していきますね。

敏感肌の方が意識したいバランスの良い食生活

敏感肌は、以下の栄養素を意識して、体の中からもバリア機能をサポートしましょう。

敏感肌におすすめの栄養素敏感肌におすすめの食材
ビタミンB2/ビタミンB6納豆、牛乳、レバー、魚肉ソーセージ
セラミドブロッコリー、とうもろこし、生芋こんにゃく
D-アミノ酸ヨーグルトやチーズ、納豆などの発酵食品、アボカド
タンパク質肉、魚、大豆、大豆商品、卵
おすすめの栄養素

毎日の食事で「バランスの良い栄養素」を摂ることが難しい人は、美容サプリなども利用してみると良いでしょう。

6.まとめ

今回は、敏感肌におすすめの化粧水や、化粧水の選び方、スキンケア方法のコツをご紹介していきました。敏感肌のケアは、肌への摩擦や刺激を極力減らして、保湿をすることが重要でした。

自分の肌にあった商品で、スキンケアを正しく続けて潤いのあるお肌を目指しましょう。

まずは、自分好みの敏感肌用化粧水を見つけて、さっそく今日からスキンケアを始めてみませんか?

※外部サイトにおける価格やサービスは当該サイトの利用規約に従うものであり、当社は一切責任を負いません。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。