シミ取りクリームおすすめ12選|効果的にアプローチして美肌に近づく方法

シミ取りクリームおすすめ15選|効果的にアプローチして美肌に近づく方法

できてしまった「顔のシミ」。印象を老けて見せたり、疲れて見せたりする肌トラブルのひとつです。
シミにアプローチするためには、適したスキンケア製品を使うことが重要。
そこで今回は、厳選したシミ取りクリームおすすめ12選をまとめました。

効果的にお手入れを始められるように、以下の内容についても解説していきます。

  • シミ取りクリームの正しい選び方
  • より効果的にシミにアプローチする方法

先におすすめの製品をチェックしたいという人は、「3.【厳選】シミ取りクリームおすすめ7選」から読み進めてみてください。
まずは、「シミは本当にクリームで取れるのか?」といった疑問を解決していきましょう。

※本記事でいう「シミ取りクリーム」とはシミ対策クリームのことであり、実際にシミが取れるわけではありません。
※本記事でいう「シミ対策」「シミ予防」とは日焼けによるシミ・そばかすを防ぐことをいいます。
※本記事でいう「エイジングケア」とは年齢に応じたケアのことをいいます。
※本記事でいう「美白」とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと(医薬部外品)をいいます。
※本記事でいう「浸透」とは角質層までのことをいいます。
※本記事での「ニキビ」へのアプローチは全てニキビを防ぐことをいいます。

1.シミはクリームで取れるの?

残念ながら、クリームなどの化粧品では、シミを取る効果が認められている製品が存在しません。
そうなると、「クリームを使うことは意味がないのではないか」と感じるものですが、そうでもありません。

化粧品でシミは取れませんが、正しくケアをすることで目立ちにくくする効果があります。詳しく解説していきます。

1-1.目立ちにくくする効果が期待できる

美白効果がある化粧品では、シミを目立ちにくくする効果が期待できます。肌にうるおいを与えることで明るい印象に見せたり、シミ部分をなめらかな状態に整えたりできるからです。
さらに、美白有効成分が配合されているクリームであれば、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを予防する効果もあります。

シミができてしまったら、まずは正しくお手入れを始めましょう。
美白化粧品を使うことで、今あるシミをケアして、これからできるシミも予防することに繋がるのです。

1-2.美白有効成分入りが効果的

シミのお手入れには、美白有効成分入りのアイテムが効果的です。
美白有効成分は美白効果を認められている成分のことを指します。「医薬部外品・薬用」を選べば、より効果的にアプローチができるでしょう。

しかしながら、美白有効成分は全てのシミに確実に効果があるわけではありません。効果的にお手入れができるように、シミの種類についても知っておきましょう。

1-3.シミの種類は?

シミには、美白クリームで目立ちにくくできるシミと、そうでないシミがあります。
化粧品で対策できるシミであれば、正しくお手入れを続けることで薄くなる可能性が高まります。

化粧品で対策できるシミを見極める時のポイントを見ていきましょう。

老人性色素斑

「老人性色素斑」の原因は紫外線や老化による肌機能の低下があげられます。

30代後半~40歳以降に多く現れ、顔の紫外線の当たる場所にできやすいという特徴があります。

炎症性色素斑

「炎症性色素斑」の原因は紫外線・ニキビ跡・色素沈着があげられます。

ニキビ、傷などの炎症が起きたあとや、頻繁に触ったりこすれたりする場所にできるという特徴があります。

肝斑

「肝斑」の原因は紫外線・女性ホルモンの乱れがあげられます。

額に左右対称にできやすく、少しぼやけているのが特徴です。30~40代の女性に多く現れます。

一方で、化粧品で対策しにくいシミも存在します。化粧品で対策できないシミとはどんなシミなのか、ご紹介します。

化粧品で対策できないシミ

化粧品で対策できないシミは、以下の3つです。

  1. そばかす
  2. 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
  3. 花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

これらのシミは、遺伝や老化が原因の場合が多いため、化粧品で対策できないシミといわれています。

シミは、乾燥している肌だとさらに目立ちやすくなるものです。直接のシミ対策はできないですが、しっかりと保湿ケアをして肌全体を整えるお手入れをしておくのをおすすめします。

次は、シミ取りクリームの正しい選び方について解説します。

2.シミ取りクリームの正しい選び方

シミ取りクリームを選ぶときは、以下の3つのポイントを考慮してみてください。

  1. 美白有効成分配合のものを選ぶ
  2. 保湿成分が配合されているものを選ぶ
  3. 続けやすいアイテムを選ぶ

美白有効成分配合の製品や、続けやすいアイテムの見極め方を、詳しく説明します。

2-1.美白有効成分配合のものを選ぶ

シミ取りクリームを選ぶときは、美白有効成分配合のものを選ぶようにしましょう。
以下は、代表的な美白有効成分をまとめたものです。

美白有効成分・ビタミンC誘導体
・プラセンタ
・アルブチン
・トラネキサム酸
・コウジ酸 など
代表的な美白有効成分

シミ取りクリームを購入するときは、製品パッケージの表記を確認してみてくださいね。

2-2.保湿成分が配合されているものを選ぶ

シミ取りクリームを選ぶときは、保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。
できてしまったシミは、肌が乾燥することで目立ちやすくなります。美白有効成分だけではなく、製品自体の保湿力もしっかりと確認するようにしてください。

以下は、おすすめの保湿成分をまとめた表です。


おすすめの保湿成分
・ヒアルロン酸
・セラミド
・グリセリン
・コラーゲン など
おすすめの保湿成分

シミ取りクリームを選ぶときは、保湿効果のある製品を見極めてみてくださいね。

2-3.続けやすいアイテムを選ぶ

シミ取りクリームを選ぶときは、続けやすいアイテムを選ぶようにしましょう。
シミのケアは、一度や二度だけの使用では効果を感じにくいからです。

シミケアは、正しいお手入れを「続ける」ことが重要。毎日のスキンケアを楽しんで行えるような、自分好みの化粧品を選ぶようにしてみてください。

以下は、続けやすいアイテムを選ぶときに考慮するとよいポイントです。製品選びの参考にしてくださいね。

  • 好みの香りかどうか
  • 使い勝手や形状はどうか
  • 続けられる価格設定かどうか

次の章では、厳選したシミ取りクリームおすすめ7選をご紹介します。

3.【厳選】シミ取りクリームおすすめ5選

厳選したシミ取りクリームおすすめ5選をご紹介します。製品は、以下のポイントを考慮して選びました。

  • シミへのアプローチができるか
  • 保湿効果はあるか

シミに悩む肌に使いやすいアイテムをまとめています。まずは、この7製品からチェックしてみてくださいね。

QuSomeホワイトクリーム2.0(b.glen)

価格(税込) / 容量6,600円 / 15g
製品情報詳細

シミ取りクリームおすすめ1つ目は、b.glenの「QuSomeホワイトクリーム2.0」です。

整肌成分としてハイドロキノンを配合しているクリームです。
クリームは軽い感触なので、肌になめらかになじみます。夜専用のクリームなので、寝ている間にシミケアができますよ。

QuSomeホワイトクリーム2.0の特徴を見ていきましょう!

  • 整肌成分として「ハイドロキノン」が配合
  • 効果をサポートする成分として「メラトルピン・アミトース」などが配合

ナノテクノロジーを採用して浸透しやすくなった成分を、角質層にしっかりと届けてくれるクリームです。
乾燥ぐすみがない、ツヤのあるお肌に導いてくれますよ。クリームを塗った後から、うるおいのあるしっとりした肌が続きます。

水、プロパンジオール、スクワラン、ジステアリン酸PEG-23グリセリル、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、ハイドロキノン、マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル、ゴヨウマツ種子油、ジメチコン、アラキジルアルコール、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、バチルアルコール、ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸、テトラカルボキシメチルアセチルヒドロキシプロリルジペプチド-12-5Na、テトラカルボキシメチルジペプチド-51-5Na、オリゴペプチド-34、アセチルテトラペプチド-2、オキソチアゾリジン、セラミドAP、オリゴペプチド-68、アスコルビン酸、3-O-エチルアスコルビン酸、酢酸トコフェロール、トコフェロール、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアリン酸コレステリル、コレステロール、オレイン酸ポリグリセリル-5、ステアリン酸ポリグリセリル-10、乳酸K、乳酸、リナロール、BG、グリセリン、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、ピロ亜硫酸Na

ホワイトショット SXS N(ポーラ)【医薬部外品】

価格(税込) / 容量13,200円 / 20g
製品情報詳細

シミ取りクリームおすすめ2つ目は、ポーラの「ホワイトショット SXS N」です。

シミケアのパイオニアブランド、ポーラから販売されている美容液です。
乾燥しがちなお肌をサポートして、明るい印象に導いてくれますよ。美容液ながら、こっくりとしたクリーム状の質感です。

ホワイトショット SXS Nの特徴を見ていきましょう!

  • ポーラオリジナル複合美容成分として「Nクリアエキス」が配合
  • 美白有効成分として「ルシノールR」と「ビタミンC誘導体」が配合

ブランド独自の成分でシミをケアします。クリーム状の美容液が気になる部分に馴染むので、ピンポイントにケアがしやすいですよ。
サラッとした伸びの良さで、その後のスキンケアやメイクを邪魔しないのがポイント。忙しい朝でも、続けやすいアイテムです。

4-n-ブチルレゾルシン、アスコルビン酸2-グルコシド、水、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリン、POE・ジメチコン共重合体、無水ケイ酸、軽質イソパラフィン、グリチルリチン酸2K、水添大豆リン脂質、ヒメフウロエキス、カッコンエキス、ビワ葉エキス、アロエエキス-2、フィトステロール、クロレラエキス、スターフルーツ葉エキス、海藻エキス-1、アーティチョークエキス、クララエキス-1、シラカバエキス、ローズマリーエキス、ブクリョウエキス、マヨラナエキス、ショウキョウエキス、ユズセラミド、ジメチルジステアリルアンモニウムベントナイト、高重合ジメチコン-1、ショ糖脂肪酸エステル、水酸化K、トリイソステアリン酸ジグリセリル、エタノール、イソステアリン酸ソルビタン、クエン酸Na、メチルハイドロジェンポリシロキサン、オレイン酸PEG、クエン酸、オレイン酸ポリグリセリル、ミリスチン酸、無水エタノール、酸化チタン、タルク、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、水酸化Al、フェノキシエタノール、メチルパラベン

スキンフェイドクリーム(デルミサ)

価格(税込) / 容量1,980円 / 25g
3,300円 / 50g
製品情報詳細

シミ取りクリームおすすめ3つ目は、デルミサの「スキンフェイドクリーム」です。

ハイドロキノンを高濃度配合しているのが魅力。純ハイドロキノンに加えて、ビタミンC誘導体も配合されているクリームです。

スキンフェイドクリームの特徴を見ていきましょう!

  • 「純ハイドロキノン・ビタミンC誘導体」を配合
  • 成分を守るためアルミチューブを使用

ハイドロキノンを2.0%の高濃度で配合しているのが特徴です。フレッシュに使えるように、2重構造のアルミチューブを使用している形状。
空気を通しにくいため、美容成分の酸化を防ぎます。冷蔵庫などでの管理は不要。保管がしやすいのが嬉しいですね。

色素沈着や、頑固なシミが気になる方は試してみてください。

水、ステアリン酸グリセリル、ミネラルオイル、PG、セタノール、ハイドロキノン、ジメチコン、ジメチルPABAオクチル、ラウリル硫酸Na、EDTA-2Na、アスコルビン酸、ピロ亜硫酸Na、プロピルパラベン、香料、アラントイン

ノブ L&W エンリッチクリーム(ノブ)【医薬部外品】

価格(税込) / 容量5,720円 / 48g
製品情報詳細

シミ取りクリームおすすめ4つ目は、ノブの「ノブ L&W エンリッチクリーム」です。

乾燥しがちな大人の敏感肌を考えて作られているクリームです。肌にうるおいを与えて、ハリのあるお肌に導いてくれますよ。

ノブ L&W エンリッチクリームの特徴を見ていきましょう!

  • 敏感肌でも使いやすいやさしい処方
  • 有効成分として「L-アスコルビン酸・2-グルコシド・グリチルレチン酸ステアリル」が配合

ノブのL&Wシリーズは、敏感肌を考えてできている高保湿エイジングケアシリーズです。美白ケアはもちろん、エイジングケアまでが叶います。

クリームは、コクのあるリッチな感触。肌にうるおいを与えて、乾燥による小ジワを目立たなくする効能評価試験済みです。
有効成分配合なので、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防げる美白クリームですよ。

L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルレチン酸ステアリル、水、BG、濃グリセリン、スクワラン、硬化油、ベタイン、バチルアルコール、ジグリセリン、ベヘニルアルコール、パルミチン酸セチル、親油型ステアリン酸グリセリル、ヒアルロン酸Na-2、グリセリルグルコシド液、DL-PCA・Na液、乳酸Na液、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、ユビデカレノン、dL-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、セリン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、クエン酸Na、ヒドロキシエチルセルロース、ネオペンタン酸イソステアリル、ジメチコン、水酸化Na、フェノキシエタノール

スーパーホワイト 377VCクリーム(ドクターシーラボ)

価格(税込) / 容量4,950円 / 50g
製品情報詳細

シミ取りクリームおすすめ5つ目は、ドクターシーラボの「スーパーホワイト 377VCクリーム」です。

濃厚なテクスチャーで肌を包み込んでくれる、肌に優しい使い心地のクリームです。シミケアはもちろんですが、乾燥対策にもおすすめです。

スーパーホワイト 377VCクリームの特徴を見ていきましょう!

  • 整肌成分として「ビタミンC(APPS)・フラーレン」を配合
  • 肌にやさしい処方でできている

無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコール無添加と、やさしい使い心地が魅力です。
アレルギーテスト済(※全ての方にニキビの元ができないわけではありません)なので、ひりつきやすい肌の方も試しやすいアイテムですね。

美容成分を角層まで届けてくれるので、うるおいのあるなめらかな肌に導いてくれますよ。

水、BG、ジメチコン、グリセリン、イソノナン酸イソノニル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ペンチレングリコール、ベタイン、野菜油、アラキジルアルコール、トリエチルヘキサノイン、スクワラン、トリメチルシロキシケイ酸、シクロペンタシロキサン、ステアリン酸グリセリル、フェニルエチルレゾルシノール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ワイルドタイムエキス、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、加水分解エラスチン、セリシン、ヒアルロン酸Na、アルギン酸Na、プルラン、セリン、トレハロース、尿素、加水分解コンキオリン、テンニンカ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、ダイズ芽エキス、ハイブリッドローズ花エキス、ウメ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、ツボクサ葉エキス、水溶性プロテオグリカン、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、フラーレン、レスベラトロール、シベリアカラマツ木エキス、エリスリトール、ジグリセリン、カプリリルグリコール、トコフェロール、水添ヤシ油、水添パーム油、水添パーム核油、ベヘニルアルコール、アラキルグルコシド、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、キサンタンガム、PVP、カルボマー、ポリアクリル酸グリセリル、シリカ、リン酸2Na、リン酸K、水酸化K、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

4.【特徴別】おすすめのシミ取りクリーム7選

おすすめのシミ取りクリームを特徴別にご紹介します。クリームは、2つのカテゴリーに分けてまとめました。

  1. ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム
  2. プチプラで市販で買えるシミ取りクリーム

自分好みの製品を見つけてみてくださいね。まずは、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームをご紹介します。

4-1.ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム4選

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームをご紹介します。ハイドロキノンは、シミケアに効果的な美容成分です。
積極的に取り入れて、明るい印象のお肌を手に入れましょう。

ホワイトクリーム(濃厚本舗)

価格(税込) / 容量1,320円 / 30g
製品情報詳細

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム1つ目は、濃厚本舗の「ホワイトクリーム」です。

30g入りと大容量なので、顔だけではなくボディにも使えます。整肌成分として、純ハイドロキノンが配合されているのが特徴。
コスパのよさで選びたい方におすすめですよ。

ホワイトクリームの特徴を見ていきましょう!

  • 整肌成分として、「ハイドロキノン」を配合
  • 刺激を軽減するやさしい使い心地

ハイドロキノンを安定化させているので、酸化型ハイドロキノンの刺激にも対応しているのが特徴です。肌へのやさしい使い心地が嬉しいですね。
朝も夜も、これ1本でシミケアができます。くすみやすい首元など、ボディの美白ケアにもおすすめ。全身のシミ対策に使ってみてください。

水、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、エタノール、セタノール、ジメチコン、BG、グリセリン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、ステアリン酸グリセリル、ハイドロキノン、バチルアルコール、ステアリン酸PEG-5グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、ポリソルベート80、白金、フェノキシエタノール、BHT、EDTA-2Na、ピロ亜硫酸Na、酢酸トコフェロール、プロピルパラベン、メチルパラベン

ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ110(アンプルール)

価格(税込) / 容量11,000円 / 11mL
製品情報詳細

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム2つ目は、アンプルールの「ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ110」です。

気になるシミを集中ケアできる美容液です。
新安定型ハイドロキノンを、マイクロカプセル化しているのが特徴。しっかり肌に届いてシミをケアします。

ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ110の特徴を見ていきましょう!

  • 整肌成分として「α-リポ酸・シコンエキス」が配合
  • 保湿成分として「ビサボロール・甘草フラボノイド」が配合

ラグジュアリーホワイト コンセントレート HQ110は、スポット美容液です。
​​気になる一点を集中ケアできるような、密着感がある質感。
マイクロカプセル化されている美容成分が、ハイドロキノンを角質層に届けます。気になる部分にピンポイントで働きかけます。

ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、DPG、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、BG、ビサボロール、水、エチルセルロース、カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス、チオクト酸、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、フェノキシエタノール、香料

ブライトニングクリスタル(セルピュア)

価格(税込) / 容量4,950円 / 12g
製品情報詳細

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム3つ目は、セルピュアの「ブライトニングクリスタル」です。

整肌成分としてハイドロキノンを5%配合しているクリーム。シミにはコンシーラーが手放せない、という方におすすめですよ。

ブライトニングクリスタルの特徴を見ていきましょう!

  • お肌を整える成分として「アルブチン」が配合
  • 肌にうるおいを与える成分として「ビタミンC誘導体」が配合

上記のほかにも、角質層を柔らかく整えるサリチル酸や、肌にしなやかさを与えるビタミンEなども配合されています。
これらの美容成分が、ハイドロキノンをサポートしてくれますよ。
スポットケアクリームなので、できてしまったシミに使いやすい、ピンポイントで塗れる形状も魅力的ですね。

PG、グリセリン、水、ワセリン、ベヘニルアルコール、ハイドロキノン、ステアリン酸グリセリル、サリチル酸、ピロ亜硫酸Na、パルミチン酸レチノール、コーン油、アスコルビルグルコシド、トコフェロール、アルブチン、カミツレ花エキス、ヒマワリ種子油、PEG-60水添ヒマシ油、BG、フェノキシエタノール、ラベンダー油

ハイドロクリームSHQ-5(基礎化粧品研究所)

価格(税込) / 容量2,017円 / 10g
製品情報詳細

ハイドロキノン配合のシミ取りクリーム4つ目は、基礎化粧品研究所の「ハイドロクリームSHQ-5」です。

整肌成分として安定型ハイドロキノンが5%も配合されているのが特徴です。乾燥によるくすみや、シミをケアできます。
肌のキメを整えたいという方にもおすすめのクリームです。

​​ハイドロクリームSHQ-5の特徴を見ていきましょう!

  • 低刺激とされている「安定型ハイドロキノン」を配合
  • 10種類の整肌成分を配合(α-アルブチン・コウジ酸など)

肌のキメを整える、整肌成分が10種類も配合されています。また、パラベン・合成香料・合成着色料・シリコン・石油系アルコール・石油系界面活性剤などが無添加。
肌へのやさしい使い心地も魅力です。

水、エチルヘキサン酸セチル、グリセリン、プロパンジオール、ステアリン酸グリセリル、水添ナタネ油アルコール、ペンチレングリコール、(C12-16)アルコール、BG、PEG-60水添ヒマシ油、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、パルミチン酸、ホホバ種子油、レシチン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、(バチルス/ベニコウジ菌)/(ナツメ果実/ダイズ)発酵液、α-アルブチン、コウジ酸、アゼライン酸、カフェイン、ビスグリセリルアスコルビン酸、ベヘン酸グリセリル、オクタステアリン酸ポリグリセリル-6、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、ポリクオタニウム-51、酸化セリウム、メタリン酸Na、トコフェロール、酢酸トコフェロール、ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、マルトデキストリン、シクロデキストリン、クエン酸Na、ピロ亜硫酸Na、グレープフルーツ果皮油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

次は、プチプラで市販で買えるシミ取りクリームをご紹介します。

4-2.プチプラで市販で買えるシミ取りクリーム3選

プチプラで市販で買えるシミ取りクリームをご紹介します。
初めてのシミケアでも取り入れやすい、低価格の製品を集めました。

ピュア ナチュラル クリームエッセンス ホワイト(pdc)

価格(税込) / 容量880円 / 100g
製品情報詳細

プチプラで市販で買えるシミ取りクリーム1つ目は、pdcの「ピュア ナチュラル クリームエッセンス ホワイト」です。

プチプラ価格ながら、Wの有効成分が配合されている薬用クリームです。1回のお手入れで、シミ対策と肌荒れ対策ができますよ。

ピュア ナチュラル クリームエッセンス ホワイトの特徴を見ていきましょう!

  • 美白有効成分として「プラセンタエキス」が配合
  • 肌荒れを防ぐ成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合

日焼けによるシミ・そばかすが気になる方にはもちろん、肌荒れに悩んでいる方にもぴったりのクリームです。
明るく透き通るような、しっとり肌に整えてくれますよ。

半透明のジェルタイプなので、べたつきにくくしっかり伸びるのも魅力。
無香料・無着色と、やさしい使い心地のフリー処方が嬉しいですね。

プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、水、濃グリセリン、BG、ジプロピレングリコール、流動パラフィン、L-アスコルビン酸 2-グルコシド、ハトムギ発酵液、ユキノシタエキス、ユズセラミド、コラーゲン・トリペプチドF、サクシニルアテロコラーゲン液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ステアロイルオキシヘプタコサノイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、L-システイン、チンピエキス、サクラ葉抽出液、プルーン酵素分解物、水素添加大豆リン脂質、フィトステロール、1,2-ペンタンジオール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、水酸化カリウム、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、フェノキシエタノール

プラセホワイター薬用美白エッセンスクリーム(明色化粧品)【医薬部外品】

価格(税込) / 容量1,210円 / 55g
製品情報詳細

プチプラで市販で買えるシミ取りクリーム2つ目は、明色化粧品の「プラセホワイター薬用美白エッセンスクリーム」です。

美白ケア・エイジングケアが一つで叶う、薬用のクリームです。2つのお手入れが同時にできるので、時短に繋がります。
かしこくスキンケアをしたい方におすすめのアイテムですよ。

プラセホワイター薬用美白エッセンスクリームの特徴を見ていきましょう!

  • シミ対策成分として「プラセンタ・ハトムギエキス」が配合
  • シワ対策成分として「プラセンタ・コラーゲン」が配合

特に、乾燥による表情のくもりが気になる方にぴったりのクリーム。肌にうるおいを与えて、ふっくら滑らかに整えます。
乾燥ジワを目立ちにくくする効能評価試験済みのアイテムです。
独自に調香したホワイトフローラルの香りも特徴。お手入れ時間が楽しくなるような、フレッシュな香りです。

プラセンタエキス-1、酢酸トコフェロール、コラーゲン・トリペプチドF、ヨクイニンエキス、桑エキス、DL-PCA・Na液、DL-リンゴ酸、米ヌカ油、米ヌカスフィンゴ糖脂質、大豆リン脂質、濃グリセリン、DPG、パルミチン酸エチルヘキシル、オクチルドデカノール、硬化油、粘度調整剤、ステアリン酸POEグリセリル、POE硬化ヒマシ油、ステアリン酸ポリグリセリル、pH調整剤、EDTA-2Na、BG、オキシプロリン、グリセリン、オレイン酸ポリグリセリル、メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、フェノキシエタノール、パラベン、香料

ケシミンクリームEX(小林製薬)

価格(税込) / 容量オープン価格 / 12g
製品情報詳細

プチプラで市販で買えるシミ取りクリーム3つ目は、小林製薬の「ケシミンクリームEX」です。

アルブチンやビタミンC誘導体などの有効成分が配合されているクリームです。美白有効成分が、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぎます。

ケシミンクリームEXの特徴を見ていきましょう!

  • Wの美白成分配合でシミ対策「ビタミンC誘導体・アルブチン」
  • 保湿成分として「バージニアホワイト」が配合

購入しやすいプチプラ価格ながら、保湿ケアまでできるクリームです。お肌にうるおいを与えて、保湿された状態に導いてくれますよ。
Wの美白成分が角質層へ届くので、効果的にシミ対策ができそうですね。
シミができる前のお肌にアプローチすることで、メラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防いでくれます。

アスコルビン酸2-グルコシド、アルブチン、トコフェロール酢酸エステル、ヒアルロン酸Na-2、油溶性甘草エキス(2)、ホオノキ抽出液、ミツロウ、プルーン酵素分解物、サクラ葉抽出液、トリエチルヘキサン酸グリセリル、BG、SEステアリン酸グリセリル、濃グリセリン、ステアリン酸、ステアリン酸PEG、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、親油型ステアリン酸グリセリル、セタノール、ジメチコン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、フェノキシエタノール、ステアロイルグルタミン酸Na、パラベン、EDTA-2Na、無水亜硫酸Na、硬化油、ベヘニルアルコール、水酸化K、精製水

自分好みのクリームは見つかりましたか?
次は、より効果的にシミにアプローチする方法をご紹介します。

5.より効果的にシミにアプローチする方法

効果的にシミにアプローチするために、以下の2つの方法を取り入れましょう。

  1. 角質ケアを取り入れる
  2. 紫外線対策を徹底する

角質ケアや、紫外線対策を取り入れることで、効果的にシミケアができます。お手入れのコツを見ていきましょう。

5-1.角質ケアを取り入れる

効果的にシミにアプローチするために、週に1回程度角質ケアを取り入れましょう。
角質ケアとは、肌に溜まっている不要な角層を取り除くお手入れ方法のことです。角質ケアを定期的に取り入れると、以下のような効果が期待できます。

  • 肌がやわらかくなるため美容成分の浸透のサポートになる
  • 不要な角質がなくなる
  • 肌の滑らかになる
  • メイクのりがよくなる
  • 肌のターンオーバーのサポートに繋がる

このように、角質ケアをすることで、肌がやわらかくなるため美容成分の浸透のサポートになります。

古い角質が取り除かれることで肌本来の明るさが出やすくなり、結果としてシミ対策に繋がります。

5-2.紫外線対策を徹底する

効果的にシミにアプローチするために、紫外線対策を徹底しましょう。紫外線対策は、これからできるシミを予防することに繋がります。

外出時は、日焼け止めを使う習慣をつけて、肌を守るようにしましょう。また、日傘や帽子、サングラスなどを使うのも効果的です。肌や体に直接当たる光線をカットできます。

次の章では、確実に「シミを取りたい」という方におすすめのレーザー治療についてをご紹介します。

6.シミを取るためのレーザー治療

確実に「シミを取りたい」という方には、レーザー治療を取り入れるとよいでしょう。
顔のシミを自分で取る方法は存在しませんが、医療の力を借りれば、色素沈着を治したりシミを取ったりできる可能性が高まるのです。

治療が完了するまでには3〜6カ月ほどかかりますが、化粧品よりも効果的にシミにアプローチができます。
しかしながら、医療行為には少なからずリスクがつきものです。肌のダウンタイムが必要になったり、痛みを感じることもあるでしょう。

さらに、美容目的のシミは保険が適用外であることがほとんど。多額のコストがかかる場合があります。
本格的にレーザー治療を始める場合は、事前に情報を集めて、信頼できる皮膚科でカウンセリングをしてからにしましょう。

7.まとめ

今回は、厳選したシミ取りクリームおすすめ12選をご紹介しました。

最後にもう一度、おさらいしましょう!

特徴別のおすすめシミ取りクリームはこちらからチェックできますよ!

より効果的にシミにアプローチするためには、角質ケアや紫外線対策も同時に取り入れることが重要です。
自分に合う製品を見つけて、正しいお手入れを続けていきましょう。

※外部サイトにおける価格やサービスは当該サイトの利用規約に従うものであり、当社は一切責任を負いません。

※本文中の内容は、時期によって公開時の情報とは異なる場合がございますのでご了承ください。