7月は『バイオハザード:インフィニット ダークネス』『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』を吉田尚記が豪華ゲストと深掘り!

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の特集では、「海猿」シリーズなど数々の大ヒット作品を手掛け、本作で初のフルCGのアニメ監督を務めた羽住英一郎が出演。『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』特集では、本作のシリーズ構成・脚本・SF考証を務めた、芥川賞作家の円城塔がリモート出演する。

作品を観たことがある人はもちろん、これから観る人も楽しめる特別番組、『ネトフリアニメ presents 吉田尚記のFUKABOLIX』は7月22日(木・祝)13時から放送。Podcast番組は毎週金曜日配信中。

7月は『バイオハザード:インフィニット ダークネス』『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』を吉田尚記が豪華ゲストと深掘り!

Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』
2006年、アメリカ合衆国の象徴、ホワイトハウスが何者かにハッキングされた。大統領管轄の極秘ファイルに不正アクセスの痕跡が見つかったのだ。捜査のため召集された合衆国エージェントのレオン・S・ケネディ達は、突如停電したホワイトハウス内で正体不明のゾンビ達と遭遇、SWATと共にそれらを制圧する。
一方、テラセイブの職員クレア・レッドフィールドは難民支援のために訪れた国で、失語症の少年が描いた奇妙な絵と出会う。
ウィルス感染者を描いたと思われるその絵をきっかけに独自の捜査を進めるクレア。翌朝、福祉施設建設の陳情のためホワイトハウスを訪れたクレアは偶然再会したレオンを見つけ、少年が描いた絵を見せる。ホワイトハウスでのゾンビ事件と奇妙な絵の関連性に何かを悟るレオンだったが、クレアには関係ないと言ってその場を立ち去る。遠く離れた国で起こった2つのゾンビ発生事件は、やがて国家を揺るがす事態へと発展していく。


この記事の画像

「7月は『バイオハザード:インフィニット ダークネス』『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』を吉田尚記が豪華ゲストと深掘り!」の画像1 「7月は『バイオハザード:インフィニット ダークネス』『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』を吉田尚記が豪華ゲストと深掘り!」の画像2 「7月は『バイオハザード:インフィニット ダークネス』『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』を吉田尚記が豪華ゲストと深掘り!」の画像3 「7月は『バイオハザード:インフィニット ダークネス』『ゴジラS.P<シンギュラポイント>』を吉田尚記が豪華ゲストと深掘り!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

吉田尚記のプロフィールを見る
ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「吉田尚記」に関する記事

「吉田尚記」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「吉田尚記」の記事

次に読みたい「吉田尚記」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク