岸尾だいすけ、下野紘、前野智昭、島崎信長が四兄弟を熱演!“鴨の音 第二夜”開催【レポート】

朗読劇「世界文化遺産 下鴨神社 朗読劇 鴨の音 第二夜 『読還-よみがえり-』」が、2021年10月16日に京都・下鴨神社にて開催。岸尾だいすけ下野紘前野智昭島崎信長が四兄弟を演じ、予想だにしない展開と笑って泣けるストーリーに、すすり泣く声や目元をぬぐう仕草をする観客の姿が多く見られた。

「朗読劇 鴨の音(かものね)」は、世界文化遺産である下鴨神社で行われている朗読劇で、今年で2回目の公演となる。朗読劇はオリジナルとなっており、今回も下鴨神社というロケーションを活かした、ここでしか体験できない内容が繰り広げられた。

朗読劇は、下鴨神社の伝承「丹塗り矢伝説」を語る野沢のナレーションから始まり、続けて和服姿の前野、岸尾、下野、島崎の順で舞台に登壇。

物語は、岸尾が「拓己(長男)・梅本・賢者・幼児(1)」の4役、下野が「浩介(次男)・勇者・幼児(2)」の3役、前野が「侑治(三男)・流川・戦士・幼児(3)」の4役、島崎が「真太郎(四男)」という配役構成。
四男(真太郎)の島崎が書いた脚本を、長男(拓己)の岸尾、次男(浩介)の下野、三男(侑治)の前野の3人で演じる、劇中劇が繰り広げられた。

ラジオパーソナリティ・流川と、交通情報を伝える情報センター・梅本の奇妙で絶妙にかみ合わないやり取りが笑いを誘うラジオ番組のワンシーン。賢者・勇者・戦士の3人のパーティーが敵により張られた結界から何とか抜け出そうとするものの、それぞれの細か過ぎる性格が災いし揚げ足を取り合う冒険ファンタジー。幼児たちが、大人たちの予想の斜め上をいく将来の夢を語り合うストーリーといったバラエティに富んだ内容を、3人が演じ分けていった。

この記事の画像

「岸尾だいすけ、下野紘、前野智昭、島崎信長が四兄弟を熱演!“鴨の音 第二夜”開催【レポート】」の画像1 「岸尾だいすけ、下野紘、前野智昭、島崎信長が四兄弟を熱演!“鴨の音 第二夜”開催【レポート】」の画像2 「岸尾だいすけ、下野紘、前野智昭、島崎信長が四兄弟を熱演!“鴨の音 第二夜”開催【レポート】」の画像3 「岸尾だいすけ、下野紘、前野智昭、島崎信長が四兄弟を熱演!“鴨の音 第二夜”開催【レポート】」の画像4
「岸尾だいすけ、下野紘、前野智昭、島崎信長が四兄弟を熱演!“鴨の音 第二夜”開催【レポート】」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

下野紘のプロフィールを見る
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「下野紘」に関する記事

「下野紘」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下野紘」の記事

次に読みたい「下野紘」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク