サイバーエージェント・ヒットメーカーに聞く、人気サービス生む秘訣は収益性度外視?

--通常は、収益計画を軸に事業化を検討するのではないのですか?

山崎 Amebaのサービスづくりの基本方針は、マネタイズ、つまり収益事業化できるかということを考えずに、とにかくユーザーに対しておもしろいもの、楽しめるものを提供しする、そこに人が集まってくれば後からマネタイズの方法はいくらでもあるというものです。ですので、アメーバピグもユーザーがアバターをつくり、着せ替えて楽しめる最低限の着せ替え数を用意しただけでサービスを開始しました。部屋に家具を並べるという仕組みはつくりましたが、最初から商品ラインナップが豊富だったわけではありません。徐々に人が集まってくるのを確認し、ユーザーの要望を採り入れながら、商品ラインナップを増やしていきました。

--貴社はほかにも、一般の人が思いつかないような奇抜なネットサービスをたくさん生み出していますが、秘訣は何でしょうか?

山崎 徹底的に「ユーザーファースト」にこだわって商品企画をしているということではないでしょうか。今ユーザーが求めているものは何か、それに応えることが最も大事なことなのです。つまり、事業としてどのように収益を上げていくか、そういう観点からはこうしたサービスは生まれないと思います。例えば、2012年の夏頃は、スマホの普及に伴い、各社からさまざまなスマホ向けの新しいサービスやアプリが発表されました。がそういう市場環境の中で、当社でも数十ものサービスを開発提供したのですが、その中のひとつのサービスとして、私はユーザーがネット上で独り言をつぶやくというサービス「きいてよ!ミルチョ」を開始したわけです。


この記事の画像

「サイバーエージェント・ヒットメーカーに聞く、人気サービス生む秘訣は収益性度外視?」の画像1 「サイバーエージェント・ヒットメーカーに聞く、人気サービス生む秘訣は収益性度外視?」の画像2 「サイバーエージェント・ヒットメーカーに聞く、人気サービス生む秘訣は収益性度外視?」の画像3
編集部おすすめ
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク