安倍首相、話すり替え「嘘つき」連発…予算委、なぜ延々と予算に無関係な「桜」問題を議論?

 なんだか、今話題の杏さんと東出昌大さん夫妻のバトルのようですね。もちろん現場を見たわけではありませんが、東出さんは不倫バッシングに対して自分から言葉を発することはなく、所属事務所が「本人は苦しんでおります」などとコメントを出し、それがまた「苦しいのは杏さん」と叩かれる要因となりました。追及されるべき人が居直っているような態度が、安倍首相の姿と重なったのです。

 そもそも、以前に「桜を見る会」の前夜祭で「久兵衛の寿司を提供した!」と証拠もないのに断言した野党議員も問題ですが、そのことを何度も引き合いに出して「嘘をついた!」と断罪する安倍首相もどうかと思いました。今回の質疑では、その「久兵衛の寿司」は話題になっていないのです。ホテルニューオータニの規約についての質問なのに、答弁で話をすり替えて「嘘をついた!」と連発するのは大人げないというか……。

 安倍首相は午後の質疑でも野党側に「嘘つき」と繰り返し、話をすり替えていましたが、それよりきちんと反省と謝罪をすべきではないでしょうか。そんな状況でも、内閣支持率が持ち直しているのは不思議です。こうなると、次期自民党総裁選にも意欲を見せてくるかもしれません。国会議員は「風見鶏」といわれるように、その時々で考えが変わる人も多いのです。

 ところで、「桜を見る会問題」を予算委員会で取り上げるのは不思議な感じがしませんか? 予算委員会は日本の国家予算を審議する場ですが、これまでも「予算」とは関係のなさそうな収賄疑惑などの問題が多く取り上げられています。実は、予算委員会だけはほかの法務委員会や懲罰委員会などのように目的が限定されておらず、いろいろなテーマを取り上げていいことになっているのです。とはいえ、もっと政策にフォーカスした議論を期待したいところです。

 まぁ、まだプライベートな不倫などが追及の材料になっていないだけ、ましかもしれません。ちなみに、現在の永田町では「不倫」というワードは禁句になっています。小泉進次郎環境大臣や和泉洋人首相補佐官の不倫報道があったからですが、この点も今の芸能界と似た状況かもしれませんね。

(文=神澤志万/国会議員秘書)

あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。