好調だったスタバにも暗い影

 スタバは店舗数が拡大傾向にあり、成長途上にある。19年12月末時点で全国に1530店 を展開しているが、1年前から115店増えた。ドトールが1100店程度で横ばい推移しているのを尻目に店舗数をどんどん増やしており、カフェチェーンでは国内最多を誇る。なお既存店の業績は非公開のため不明だ。

 スタバは一時、価格の高さや混雑が敬遠され顧客満足度が下がっていたが、最近上昇に転じている。日本生産性本部がまとめた日本版顧客満足度指数(JCSI)調査でスタバの19年度の顧客満足度のスコアは73.6で、18年度から上昇した。また、18年度は順位が5位以下の圏外だったが、19年度は首位のドトール、2位のカフェ・ベローチェに続く3位にランクインしている。コメダ珈琲店(4位)を上回った。

 スタバは混雑解消が喫緊の課題となっているが、店舗数の増加で顧客が分散し、混雑解消につながっている面がありそうだ。それにより顧客満足を高められている。店舗数は増え、顧客満足は向上しており、ノリに乗っていると言っていいだろう。だが、新型コロナの影響で先行きは不透明だ。短期的には収益の低下と出店の抑制が避けられないだろう。

 コメダHDはFC既存店向けの卸売り売上高が好調に推移していた。20年2月期は前期比4.9%増と大きく伸びており、2期連続となる増収を達成している。また、コメダ珈琲店の店舗数は増加傾向にある。20年2月末時点で全国に864店展開しているが、1年前から36店増えている。