警察が捏造…冤罪の元死刑囚・84歳の袴田巌さん、再審を拒みつける東京高裁の“見識”

 今回、最高裁は「血痕の色」に重きを置くことにした。これは検察にとって極めてまずい。半世紀以上前の「警察の捏造」がこれまで以上に大きくクローズアップされかねないからだ。朝日新聞によれば、検察の幹部は「5点の衣類の証拠が捏造されたという前提に立つ決定」と疑問を呈している。本当は「疑問」というレベルではないだろう。

 捏造とは何のことか。静岡県警は事件から1年2カ月も経ってから、工場の味噌樽の中から犯行時に着ていた着衣が見つかったとして、シャツやズボン、下着などを裁判所に証拠提出した。当初から「そんな場所を捜査していないはずがない」という声は出ていた。さらにズボンは小さすぎて、袴田さんには全然はけなかった。しかし、有罪判決は味噌に浸かって縮んだ」などとする検察主張を通してしまった。

 警察の写真では、衣服に付着していた血痕は赤っぽい。しかし1年以上、味噌に浸かっていれば黒ずんでしまうはずだった。物証が弱いこの事件において、警察は立件を固めるために、事件後に適当な衣服を味噌樽に放り込んだ可能性が極めて高かった。もはや誤認逮捕などではなく、国家犯罪である。

 6年前に再審開始決定をした静岡地裁はこの「警察の捏造」を明確に述べていた。この時のことについて秀子さんは「弁護団の小川(秀世)事務局長から『捏造だと言っては駄目』と言われ、私も『捏造だ』とか『でっち上げ』なんて言わないようにしていました。ところが村山(浩昭)裁判長が捏造とはっきり言ったから驚きましたよ」と振り返る。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク