激増するサウナのマナー違反…若者の「ドラクエ行為」を『サ道 2021』も問題視か?

 2019年7月クールで放送され話題を読んだドラマ『サ道』が、『サ道 2021』として2年ぶりに帰ってくる。

 同ドラマは、タナカカツキによるマンガ『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社)を原作とし、お笑いトリオ・ネプチューンの原田泰造演じる主人公が日本各地の実在のサウナを訪問するという趣向。真にサウナを楽しむためのサウナ道=「サ道」がテーマとなっており、熱いサウナと冷たい水風呂による温冷交互浴によってもたらされるディープリラックス状態を指す「ととのう」などの言葉も広く知られるようになった。

 しかし一方で、これまで中年サラリーマンたちの疲れを密かに癒してきたサウナ業界には異変が起きているという。この『サ道』のヒットによって現実世界にも空前のサウナブームが巻き起こり、以前とは違った“新規サウナファン”が各地のサウナを訪れるようになっているのだ。

 今では、多くの芸能人やインフルエンサーが「サウナー」(サウナ愛好家)を名乗り、YouTube等にサウナ施設のレポート動画を公開。また、サウナ関連のムック本も相次いで出版され、サウナというジャンルはやおら“ドル箱”となっているのである。結果、人気のサウナ施設ともなればサウナルーキーの若者たちで溢れかえる大盛況に。これは、市場規模がそう大きいわけでもない温浴業界にとってはさぞや喜ばしい事態……かと思いきや、そうでもないらしいのだ。

 東京都内のあるサウナ施設経営者が、匿名を条件にこう語る。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「お風呂」に関する記事

「お風呂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「お風呂」の記事

次に読みたい「お風呂」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク