1万円ポッキリで永代供養の納骨堂が大人気…遺骨をゆうパックで郵送&生前予約も可能

『包丁人味平』という漫画をご存じだろうか。1973~77年にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載された料理グルメ漫画の先駆けであり、料理の世界に“対決”を持ち込んで大ヒットした。漫画の原作者は牛次郎(本名・牛込記)氏である。

 牛次郎氏は『釘師サブやん』『スーパーくいしん坊』などの人気漫画の原作でも一世を風靡したが、86年、46歳のときに臨済宗妙心寺派医王寺で出家得度し、牛込覚心(うしごめかくしん)となった。89年には、静岡県伊東市に自ら設計した願行寺を建立し管長兼住職に就任した。

 その願行寺が2016年10月から開始した、驚きの“永代供養”がクチコミで話題を呼んでいる。なんと、1万円ポッキリで13回忌法要までの永代供養をしてくれるというのだ。料金は1万円に手数料5000円(税別)で合計1万5400円。追加料金は一切不要だという。

 骨壺を持ち込めない人は、ゆうパックで郵送することもできる。たったそれだけで、境内にある涅槃堂で12年間供養してもらえるのだ。いったい、なぜこんなに安いのか。どんな人が利用しているのか。東京で涅槃堂の受付窓口になっている、一般社団法人おもてなしの会の中根善弘代表理事に話を聞いた。

「牛次郎先生は原作の印税などで願行寺を建立され、今は牛込覚心というお名前で住職をされており、私は副住職を務めております。涅槃堂は日本全国どこから送っても、1万5400円で12年間供養いたします。それ以外はまったく管理費がかからないのが特徴です。

 この価格も牛次郎先生がお決めになったもので、1万円は日本で一番安い納骨堂だと思います。5400円は私どもの手数料ですが、それでも日本一安いと自負しております。

 牛次郎先生は元作家なので、コンクリート製の立派な書庫を2つお持ちでした。そのひとつにあった膨大な量の本をすべて図書館に寄贈され、その書庫を改造して納骨堂にすることで、スペースを有効活用しようと思われた。だから、この価格が可能なのです」(中根氏)

●知られざる“墓じまい”の実態

 一昨年10月のスタートから1年3カ月。現在までに、270体のご遺骨が収納されたという。

「ご遺骨は毎月平均して20体くらい郵送されてきます。一番多いのはお墓が高くて買えない方。また、高齢で実家のお墓を守りきれない方やお墓を守る跡継ぎがいない方も多いです。お金はあるんだけどやむを得ない事情で墓参りに行けない方や、子どもたちに負担をかけたくないという方もいらっしゃいます。そういう理由で“墓じまい”される方も、とても増えています」(同)

 墓じまいとは、文字通り、お墓を解体・撤去すること。当然、墓から取り出した遺骨を別の場所に移す必要があり、遺骨を預けるにはまたお金がかかる。

「墓じまいしたら遺骨が33体も出てきた方がいらっしゃいました。ほかの霊園ですとお金がかかって大変ですが、私どもの涅槃堂では1体1万5400円なので、33体あっても50万円くらいで済みました。

 30代の息子さんが火葬場からまっすぐお母さんのお骨を持ってきて、黙ってお金と埋葬許可証だけを置いて帰られたこともあります。私どもは理由を一切お聞きしません。東北の方で、東京に出たきり一度も実家に帰らず、結婚せずに身寄りもないまま亡くなられ、私どもの納骨堂に納められた方もいらっしゃいます。

 涅槃堂で12年間お預かりした後は、そのまま無料で合祀墓に入ることができます。1万5400円で預けっぱなしの方が多いのは確かですが、微笑堂という参拝者向けのお堂もございますので、お参りやご法事もできるようになっております」(同)

●さながら“遺骨の駆け込み寺”…生前予約も可能

 ご遺骨の供養は、住職の覚心さんと、娘さんで寺を継ぐことが決まっている覚演さんが執り行っている。最近は行政からの問い合わせも増えたという。

「私たちは宣伝などもしていないので、クチコミでの広がりや自治体からのお問い合わせが多いですね。お墓事情では行政も困っているのです。埼玉・大宮の市営霊園からもお問い合わせがありました。生活保護の方が亡くなると、厚生労働省の規定で葬祭扶助費(~20万6000円)が出ます。でも、入るお墓がなければ行政が遺骨を抱えてしまう。近くのお寺に預けるだけでも5万円くらいかかりますので、それは行政の負担になってしまうからです」(同)

 さながら“遺骨の駆け込み寺”といったところだろうか。元気なうちに生前予約する人も増えているという。

「実家のお墓に入れない方や核家族でお墓を守れない方などのなかには、生前予約される方もいらっしゃいます。先に1万5400円を納めて永代証書を発行しておくのですが、20~30件の例があります。

 今のところ、値上げなどもまったく考えておりません。ご健在のうちに申し込まれて、何かあったら遺骨を郵送してもらえばいい。書庫はもうひとつあるので、2万体は納めることが可能です。特に墓じまいされる方々に利用していただければ、と考えております。

 今は散骨でも10万円くらいはしますし、最近増えている直葬(通夜、告別式を行わない火葬のみの葬儀)でも都内で20万円くらいかかりますからね。仏教に興味がなく、『お葬式ってなんですか』『戒名ってなんですか』と聞かれる方がたくさんおります。お寺さんによっては高いところもあるし、お葬式だって確かに高いですよね。それを打ち破ろうというのが、この値段です。

 私どもは葬儀を『人間という種の最後の卒業式だ』とご説明しています。お墓がなければ、どうぞ涅槃堂をご利用ください」(同)
(文=兜森衛)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク