「いてくれてよかった」。成功より、自分を受け入れてくれる人の存在が「強さ」になる

「いてくれてよかった」。成功より、自分を受け入れてくれる人の存在が「強さ」になる
       
誰しも、困難に直面することはある。けれども、失敗し、もうダメだと落ち込んだときに、そこから立ち直り、逆境を跳ね返す力(=レジリエンス力)は、実は私たちに等しく備わっていて、鍛えていくことができるという。

2019年11月開催ビジネスカンファレンスMASHING UP Vo.3では、フィナンシャル・タイムズ在日代表、コマーシャルディレクターの星野裕子氏をモデレーターに、ポーラ取締役執行役員(現・代表取締役社長)の及川美紀氏と、女装家で東京大学 東洋文化研究所 新世代アジア研究部門 教授の安冨歩氏を迎え、それぞれの逆境を例に「自分との立ち向かい方、鍛え方」と題したトークセッションを行った。

入社から間もなく「いらない」と出向が決定

ポーラの及川氏が経験した最初の挫折は、24歳で結婚したときのこと。職場結婚だったため、「夫婦を同じ職場には置けない」という今では考えられない理由で、妻である及川氏の子会社出向が決まった。

「上司に、夫になる人と比べられ、『彼のほうが必要だから』と出向させられました。そのこともショックでしたが、ある社員から『出向してまでこの会社にいるの? あなた、プライドないの?』と言われたことが何よりこたえました。でも、おかげで『あの人に負けない』という気持ちがエネルギーになりました」(及川氏)

ポーラ取締役執行役員(現・代表取締役社長)の及川美紀氏。

その社員にとっては自分自身が何をするかよりも、どこで仕事をするかの方が重要なように見えた。それなら、自分はどんな場所でも、何をするか、何をしたいかを主題に挑戦しながら生きていこう。そう切り替えて出向先に行った及川氏。だが、そこで待っていたのは

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月12日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。