weでなく、Iを主語にすると見えてくるもの/グループでの対話を通して「普通」を問うカード[後編]

weでなく、Iを主語にすると見えてくるもの/グループでの対話を通して「普通」を問うカード[後編]
       
フィンランドで社会福祉を学び、差別をなくすためのカードツールを開発したおおばやしあや氏。友人の言葉をきっかけに、「SOGI(性的指向・性自認)を哲学するカード『ソジテツカード』」の開発を思い立つ。
前編はこちら→

開発には2年半を費やした。カードで扱ういくつもの「問い」を、おおばやし氏はノートに書き溜めていった。

「子どもから大人まで、誰もが『自分ごと』として扱えるツールにするためには、ぱっと見て誰でも考えられるような問いにしなければいけない。難しい専門用語を使わないように、教材くさくならないように気をつけました。個人の価値観に正解も不正解もないですから。また、誰かを傷つける表現を使っていないかには心を砕きましたね」

はじめは性や性別に寄っていた「問い」は、やがて広く「普通」を問い直す方向になっていく。

「性の多様性を実現しようと考えた時に、単に性別の話をしているだけでは壁を突破できない、と気づいたんです。多様性の実現って、『今までの普通』ではない普通を持つこと。普通って何だろう、何のためにあるんだろう、という問いかけから、自分の価値観に気づいていき、その文脈のなかで、SOGIの普通や当たり前も問い直せれば、と」

Iメッセージを使って話そう

プロジェクトメンバーたちと(写真中央がおおばやし氏)。

おおばやし氏は有志のボランティアたちとプロジェクトチームを組み、メンバーに細かなヒアリングを行った。企業の人事や社労士、教育現場に携わる人、LGBTQアクティビストと、メンバーは職業もセクシュアリティも多種多様だ。カードをそれぞれどんな場面で活用したいか、ワークショップをどうデザインしていくか。議論に議論を重ね、問いやワークショップの内容を固めていった。

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月20日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。