『着飾る恋には理由があって』夏川結衣の元夫役で生瀬勝久、丸山隆平の相談者役で黒川智花が登場!
拡大する(全1枚)
TBS火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』が、本日第3話を放送。本作は、初回から主人公・真柴(川口春奈)の一生懸命さや言動に共感する人が続出。さらに、憧れの祥吾(向井理)との関係、そして駿(横浜流星)との恋が動き出し、Twitterでも毎回トレンド入りするなど盛り上がりを見せている。第3話からは陽人(丸山隆平)、羽瀬(中村アン)ら主要キャラクターたちのストーリーも動き出し、今後も目が離せない。

そして、本日放送の第3話で謎めいた登場をした生瀬勝久は、第4話から香子(夏川結衣)の元夫・小林礼史役を演じる。礼史について「名前を言ってはいけない」と言うほど香子にとっては因縁があるようだが・・・。そんな礼史は準レギュラーとして今後も度々登場。少し曲者な礼史と香子の関係性の変化や、礼史がどのような形で物語に絡んでいくのか注目だ。

さらに、陽人(丸山隆平)のオンラインカウンセラーの相談者・舟木千春役で黒川智花がゲスト出演。千春は陽人をとても頼りにしており、予約時間外にも連絡してくるほど深入りしていて・・・。真柴や駿以外の登場人物たちも大きな展開を迎える、5月11日(火)放送の第4話に期待が高まる。

コメント

生瀬勝久

このドラマはおしゃれでスタイリッシュ、とてもかっこいい印象ですね。舞台となっているルームシェアのお家のセットもとても素敵で、実際にモデルになった家があるというのを聞いて驚きでした。今回、夏川結衣さん演じる香子の元夫いう役柄ですが、夏川さんとは12年前に映画でご一緒して以来で、元ですが夫婦という関係性は初めてです。今はまだ2人の関係性があまり良くないのですが、2人ならではの掛け合いのシーンができたと思いますし、演じていて楽しかったです。性別も世代も職業もバラバラの登場人物がたくさん出てきますので、みなさん自分に近い役に投影していただいたり、「こういう人いるよな」なんて見方をしていただくのもいいかなと思います。ぜひ登場人物を応援しながら、楽しんでいただきたいです。