『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜

『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜
拡大する(全8枚)
言わずと知れた映画『タイタニック』、その前編が2021年5月7日、後編が5月14日に、2週連続で金曜ロードショーで放送されます。

本作の製作費は2.86億ドルであり、それは実際のタイタニック号の建造費である750万ドル(映画公開当時のドルに換算すると約1.2億~1.5億ドル)を遥かに超えています。その結果、興行収入は全世界で21.9億ドルと当時の世界最高興行収入を記録。第70回アカデミー賞で14部門でノミネートされ、作品賞を含む歴代最多の11部門で受賞しました。

まさに規格外、映画史に燦然と輝くプロジェクトを達成し、名作中の名作とされる『タイタニック』は、その舞台のことを知るともっと面白くなります。ここでは、後編に当たるストーリーの大きなネタバレにならない範囲で、タイタニック号が文字通りに「世界の縮図」であり、そのことが物語上でも大きな意味を持っていたことから、作品を奥深く読み解いていきましょう。

1:最下層から最上位の世界が重なっていた

『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜


『タイタニック』の物語を端的に言い表すのであれば、「身分違いの悲恋」です。ジャックは画家を夢見る貧しい若者で、ローズは制約でがんじがらめになっている上流階級の娘。そんな2人が沈みゆく船で忘れられない恋に落ちる。そのメインプロットがドラマチックなのは言うまでもありませんが、実際のタイタニック号そのものに極端なまでの「格差(階級)社会」があり、映画でもそのことが明確に描かれています。

この記事の画像

「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像1 「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像2 「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像3 「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像4
「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像5 「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像6 「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像7 「『タイタニック』「7つ」のポイント解説〜当時の格差社会から読み解く〜」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「タイタニック」に関する記事

「タイタニック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「タイタニック」の記事

次に読みたい「タイタニック」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク