長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない

長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない
拡大する(全14枚)
(C)2011映画「モテキ」製作委員会

【関連記事】<木村拓哉>2つの魅力:「ザ・キムタク」と「その外側」

【関連記事】
『マスカレード・ナイト』解説:木村拓哉並び豪華キャストの活躍を絶対に見逃すな

あなたの思う”日本映画界を代表する女優”は、誰だろうか。

ヒットメーカー・東野圭吾原作、実写化の興行収入46億円超えと大盛況だった『マスカレード・ホテル』(19)の続編として期待が高まる、9/17公開『マスカレード・ナイト』。前作に引き続き、優秀で真面目すぎるホテルマン・山岸尚美を演じるのは長澤まさみ。

日頃からドラマやCM、映画などに触れている人であれば知らない人はいないであろう、紛れもない”日本映画界を代表する女優”の一人だ。

女優・長澤まさみの軌跡

長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない

(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

長澤まさみの女優人生のはじまりは、第5回「東宝シンデレラ」オーディション。当時12歳、史上最年少でグランプリを受賞し芸能界入り。その後さまざまなドラマ、映画、雑誌に出演した後、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)のヒロイン・亜紀役に抜擢。第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、映画界に深い爪痕を残した。

当時、私は12歳。ちょうどポケモンやジブリ以外の日本映画作品を見はじめた頃で、幼いながらに映画館で大号泣した記憶がある。

その後、ドラマでは「ドラゴン桜」、「プロポーズ大作戦」、「ラスト・フレンズ」、「コンフィデンスマンJP」など、映画では『涙そうそう』(06)、『モテキ』(11)、『50回目のファーストキス』(18)、『キングダム』(19)など、女優としての階段を休むことなく駆け上がっている。

この記事の画像

「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像1 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像2 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像3 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像4
「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像5 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像6 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像7 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像8
「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像9 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像10 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像11 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像12
「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像13 「長澤まさみの眩しすぎる魅力:誰がどう見ても世界遺産級、異論は認めない」の画像14

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「実写化」に関する記事

「実写化」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「実写化」の記事

次に読みたい「実写化」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク