「日本沈没ー希望のひとー 」第2話レビュー:関東沈没の根拠を隠したのは? 天海が向き合う罪(※ストーリーネタバレあり)

「日本沈没ー希望のひとー 」第2話レビュー:関東沈没の根拠を隠したのは? 天海が向き合う罪(※ストーリーネタバレあり)
拡大する(全2枚)
→「日本沈没ー希望のひとー 」画像ギャラリーへ

関連記事 「日本沈没ー希望のひとー 」第1話レビュー:日曜劇場からまた、視聴者に大きなテーマを投げかける

小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」が2021年10月10日(日)スタート。

1973年の刊行以来、何度も映像化されてきた不朽の名作「日本沈没」(小松左京)を大きくアレンジした本作。2023年の東京を舞台に、日本沈没という前代未聞の危機の中で希望を見出す人々を描き出していく。大義のために手段を選ばない野心家の官僚・天海啓示を演じる小栗旬をはじめ、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、中村アン、与田祐希(乃木坂46)、國村隼、仲村トオル、香川照之ら豪華キャストが集結した。

本記事では、第2話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「日本沈没ー希望のひとー 」第2話レビュー


「日本沈没ー希望のひとー 」第2話レビュー:関東沈没の根拠を隠したのは? 天海が向き合う罪(※ストーリーネタバレあり)


田所博士(香川照之)が予測していたように、日之島が沈んだ。

思いも寄らぬ出来事が起きると、人はどのような行動をとるか。「日本沈没ー希望のひとー 」第2話の冒頭で、日本未来推進会議のメンバーが見せた反応や権力者たちの行動はそれを教えてくれる。

田所と真っ向から対立する世良教授(國村隼)は、即座に日之島の沈没はただの地滑りだと“関東沈没説”を否定。地球物理学の最高権威である彼の冷静ぶりに、先ほどまで唖然としていた周囲の人間もホッと胸をなで下ろす。異常な出来事が起きた時に、「大したことない」と思い込む“正常性バイアス”が働いたのだろう。

東山総理(仲村トオル)も会見を開き、日之島沈没の原因の一端だとされるCOMSは「世界で安全を保障された環境技術」と説明した。日之島と同じように、今立っている場所も海に沈んでしまうかもしれない。そして、その原因を自分たちが作ってしまったかもしれない。今回のストーリーは、恐ろしさのあまり保身に走る人たちと、自分の過ちから目を逸らさず、責任を果たす人たちの対照的な姿を映し出した。

田所に味方したことで、日本未来推進会議の中で孤立し始めた天海(小栗旬)にさらなる試練が。週刊誌サンデー毎朝から、環境ビジネス詐欺の疑いがかかる企業「Dプランズ」と環境庁の癒着の黒幕は天海だとする記事が出されたのだ。

天海は謹慎処分となり、あわや未来推進会議のメンバーからも外されそうに。ここから本作は日曜劇場色が強い展開を見せていく。

鍵を握るのは、スロースリップの痕跡が映されていると思われる、潜水艇わだつみでの調査記録。世良教授が会議で提出したデータは改ざんの可能性が高く、海上保安庁からおおもとのデータを手にしなければならない。

そこで天海は上司・藤岡勲(小林隆)とDプランズの癒着を切り札に、生島自動車の生島会長(風間杜夫)に接近。改ざんを解明できる人物を紹介してほしい…と相談をもちかける。その後、スロースリップの痕跡が克明なデータを日本未来推進会議の場で突きつけた。

データを書き換えていたのは、潜水艦わだつみに同乗していた安藤(高橋努)。彼は世良教授に裏で指示され、体調不良を装い海底調査を中断させ、さらにデータを改ざんしたのだ。天海が問い詰めると世良教授はあっさりと事実を認め、田所への嫉妬を露わに。ただ関東沈没の可能性はわずか1割程度であり、それだけで首都経済をストップさせ、人々を不安に貶めるのかという世良教授の言葉に天海は惑わされていく。

そんな天海を再び奮起させたのは、真実を追い求める田所の姿だ。

「地球の環境や変化は人間が積み重ねた長い歴史の中でもたらされたものだ。その責任は我々全ての人間、一人ひとりにある。私も含めてだ。だから私はこうして研究を続けてる。君が何をするかは、君が決めろ」

田所の言葉は、COMS事業に主要な立場で参加した天海の心に突き刺さる。誰もが自分のおかした罪や失敗から目を背けたい。現実でも真実が曖昧にされ、さらに重大な問題に発展してしまうことがある。

本作は正義を貫く主人公を描いた日曜劇場の枠をはみ出さず、否応なく私たちを環境問題と向き合わせる。

田所が海保のデータから導き出した、遅くとも1年以内に起こる関東沈没から政府は国民をどう守るのか。そして同時に、天海を現在の地位から引きずり落とそうとする“黒幕”を見つけることが本作の終着点となるのだろう。

「日本沈没ー希望のひとー 」第2話ストーリー



田所博士(香川照之)の予測通り、日之島が沈んだ。それは関東沈没の前兆が起きたということになる。環境省の天海啓示(小栗旬)は日本未来推進会議で、対策を早急に行うように訴えるが、地球物理学の最高権威・世良教授(國村隼)は日之島が沈んだのはただの地滑りだと真っ向から否定し、東山総理(仲村トオル)と共に会見を開き、説明を行う。

納得がいかない天海だったが、週刊誌に天海が企業から不正にお金をもらっていたという記事が掲載される。疑惑を否定する天海の言い分は聞き入れられず、環境省では謹慎処分となり、未来推進会議からも外されそうになってしまう。

絶体絶命のピンチの中、天海は田所から「解決の糸口になるかもしれない」と、海上保安庁の海底調査のデータを入手するように頼まれる。天海は経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)にデータの入手をお願いするが…。

一方、記者の椎名実梨(杏)は、天海の地元、愛媛に行き、天海の母・佳恵(風吹ジュン)に接触を図っていた。そこで椎名は重要な情報を入手する。
  
  内外に追い込まれていく天海と田所。国民を守るために逆転の一手をうつことはできるのか!?

(文:苫とり子)

「日本沈没ー希望のひとー 」作品情報

小栗旬が11年ぶりに日曜劇場に戻ってくる!
環境省の官僚として、日本沈没という未曾有の危機に立ち向かう!
さらに、共に戦う共演者に松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之が決定!
- 信じられるリーダーはいるか。あきらめない。未来は絶対に消させない! -
盤石の布陣が日本の危機に挑む!

出演
小栗旬/松山ケンイチ/杏/ウエンツ瑛士/中村アン/与田祐希(乃木坂46)/國村隼/小林隆/伊集院光/風吹ジュン/比嘉愛未/宮崎美子/吉田鋼太郎(特別出演)/杉本哲太/風間杜夫/石橋蓮司/仲村トオル/香川照之

原作
小松左京「日本沈没」

脚本
橋本裕志

音楽
菅野祐悟

主題歌
菅田将暉「ラストシーン」(Sony Music Labels Inc.)

地震学監修
山岡耕春
篠原雅尚

記者監修
龍崎孝

演出
平野俊一
土井裕泰
宮崎陽平

プロデュース
東仲恵吾

製作著作
TBS


キャスト/スタッフコメント

小栗旬 コメント

「日本沈没」という未だかつてない困難に立ち向かっていく作品です。
ただでさえ苦しい環境の中、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含め、キャスト・スタッフ全力で希望を持って真摯に作品に向かっていきます。
今を生きる皆さんへの賛歌になれるような作品にしていきたいと思っておりますので、ぜひご期待ください。

松山ケンイチ コメント

まだ全ての台本が手元に無いのでどんな話になるのか分かりませんが、想定外の国の危機に日本人はどう立ち振る舞っていくのか、どう助け合っていくのか、どんな答えが出るのか、楽しみです。
客観的に国のこととそこに生きている自分自身を見つめ直すきっかけになる作品になると思います。

杏 コメント

今回初めてTBS連続ドラマにレギュラー出演させていただくことになりました。
日本沈没というどうしようもない自然の脅威にどう立ち向かうかというキャラクターたちの姿は、今の混乱の世の中で戦っている皆様と近い気持ちで共鳴し合えるのかなと思っています。そして、演じる私たちもそのような不安や脅威を抱えつつ乗り切ることになります。これを映像として残せることは意味があるような気がしています。万全の体制で挑みつつ、全力でぶつかっていきたいと思います。

仲村トオル コメント

2007年の『華麗なる一族』以来の日曜劇場。はじめての総理大臣役に緊張しています。
僕が演じる東山首相は、物語のはじめは一国のリーダーとしてはやや弱く甘い男に見えますが、逆風の中、上り坂を登った足に力がつくように、最終回を観た人たちに、困難な状況の日々でも諦めず前を向いて歩き続けた人間の未来には少し強くなった新しい自分がいる、というような希望を感じていただけるように全力で頑張ります。

香川照之 コメント

政府側の海洋環境改革方針に対し、独自の理論で徹底的に異論を唱える頑固な博士の役です。ドラマの原作は何十年も前のものですが、環境破壊問題はいま別の形でこの地球を襲っています。その意味でも我々には、未来まで持続可能な環境への取り組みが不断に求められている。日本が沈没するという、かつては荒唐無稽と思われたテーマを通して、地球が現在抱えている多くの課題を、改めてこのドラマで訴えていきたいと思っています。

脚本家・橋本裕志 コメント

今へ、未来へと繋がる、新たな『日本沈没』を目指して、これまでに映像化されたものとは違った角度からのアプローチで取り組んでいます。
危機を前にした時にあぶり出される人間の様々な感情や、思いのぶつかり合い、極限状態だからこそ繰り広げられる人間ドラマが、そこにはあります。
明日が見えない中で、それでも希望を探して生きていく登場人物たちのエネルギーを通して、皆さんに勇気を与えられる作品をお届け出来ればと考えています。

プロデュース・東仲恵吾 コメント


今作のテーマは、未来への希望です。日本沈没が目前に迫ってくる中で、決して諦めずに今やるべきことを全力でやる人たちの人間ドラマを丁寧に描いていきたいと思っています。
そして「未曾有の危機でもこの人たちなら救ってくれるんじゃないか」そう思わせてくれる力強いキャラクターを、小栗旬さんをはじめ、松山ケンイチさん、杏さん、仲村トオルさん、香川照之さんと共に議論しながら、ドラマ版オリジナルキャラクターを作り上げました。
最後まで立ち向かった先にある“希望”を精一杯の熱量で作りたいと思います。

この記事の画像

「「日本沈没ー希望のひとー 」第2話レビュー:関東沈没の根拠を隠したのは? 天海が向き合う罪(※ストーリーネタバレあり)」の画像1 「「日本沈没ー希望のひとー 」第2話レビュー:関東沈没の根拠を隠したのは? 天海が向き合う罪(※ストーリーネタバレあり)」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク