「青天を衝け」実業<算盤>編、感想・解説集|第32話から〜<ネタバレあり>

「青天を衝け」実業<算盤>編、感想・解説集|第32話から〜<ネタバレあり>
拡大する(全1枚)
大河ドラマ「青天を衝け」は、第32話より実業<算盤>編へと突入。いよいよ「論語と算盤」の話へと進んでいく最終章へ突入だ。

本記事では第33話以降の感想と解説をcinemas PLUSライターが記していく。

【関連記事】「青天を衝け」血洗島・青春編 感想集はこちら

【関連記事】「青天を衝け」一橋家臣編 感想集はこちら

【関連記事】「青天を衝け」パリ編 感想集はこちら

【関連記事】「青天を衝け」静岡編 感想集はこちら

【関連記事】「青天を衝け」明治政府編 感想集はこちら

第32話「栄一、銀行を作る」感想・解説集

第32話のあらすじ

栄一(吉沢 亮)は明治政府を辞め、第一国立銀行の総監役として、新たな道を歩み始める。開業後、駆けつけた五代友厚(ディーン・フジオカ)は、“商いは化け物”、魑魅魍魎(ちみもうりょう)が跋扈(ばっこ)していると栄一に助言する。

そのころ、三菱を率いる岩崎弥太郎(中村芝翫)は、大蔵卿に就任した大隈重信(大倉孝二)と結びつきを強め、海運業で急成長していた。そんな中、ゑい(和久井映見)が体調を崩し、東京の栄一のもとに身を寄せることに…。

第32話の感想

3年半勤めた大蔵省を辞め、政府を去った栄一。

幼い頃から旧知の仲である喜作(高良健吾)にも「お前の変わり身の早さにはついていけん」と言われているが、その通り、栄一には「これだ!」と思ったらすぐに行動に移すフットワークの軽さがある。

周囲の人間は振り回されることもあるだろうが、栄一の意思を継ぎ、政府に残る杉浦(志尊淳)などもいる。日本のため世のために行動しながらも、支えてくれる人間のことも忘れない思いやりが、栄一には備わっている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク