前代未聞!?『そして、バトンは渡された』&『老後の資金がありません!』前田哲監督作品が連日公開!

前代未聞!?『そして、バトンは渡された』&『老後の資金がありません!』前田哲監督作品が連日公開!
拡大する(全2枚)
10月29日(金)公開『そして、バトンは渡された』と10月30日(土)公開『老後の資金がありません!』。この超話題作2本はどちらも前田哲監督の作品だ。”監督作が2日連続劇場公開”という、業界関係者も驚く他に類を見ない現象を巻き起こしている。

前田哲監督は、フリーの助監督として、黒沢清、周防正行ら多くの作品に携わり、98年に相米慎二監督のもとCMから生まれたオムニバス映画『ポッキー坂恋物語・かわいいひと』で劇場映画デビューを果たした。

伊坂幸太郎原作『陽気なギャングが地球を回す』(06)で描いたのは、奇妙な特殊能力を持つ4人組銀行強盗が、何者かに横取りされた大金を奪いかえすべく奮闘する姿をスタイリッシュに描くクライムコメディ。また、妻夫木聡主演『ブタがいた教室』(08)では、小学生と家畜のブタによる”いのちの授業”をテーマに、あえて台本を子供たちに配らず本当の感情を尊重するチャレンジングな演出が話題を呼んだほか、菅田将暉の初主演映画『王様とボク』(12)では、大人になることへの不安や青春の迷いを描くなど、今を生きる幅広い年代の若者たちを描写。

さらには、大泉洋主演の『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18)で、難病・筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿が多くの感動を呼び、11億超えの大ヒットを飛ばしたのが記憶に新しい。

この記事の画像

「前代未聞!?『そして、バトンは渡された』&『老後の資金がありません!』前田哲監督作品が連日公開!」の画像1 「前代未聞!?『そして、バトンは渡された』&『老後の資金がありません!』前田哲監督作品が連日公開!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

黒沢清のプロフィールを見る
cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「黒沢清」に関する記事

「黒沢清」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「黒沢清」の記事

次に読みたい「黒沢清」の記事をもっと見る

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク