『ARASHI 5×20 FILM』、「嵐のエンタメ最強説」と「夢のつづき」への期待

『ARASHI 5×20 FILM』、「嵐のエンタメ最強説」と「夢のつづき」への期待
拡大する(全2枚)
『ARASHI 5×20 FILM』、「嵐のエンタメ最強説」...の画像はこちら >>


→『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』画像ギャラリーへ


2021年の11月3日(水・祝)に嵐“初”のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が公開。全国7か所のドルビーシネマで先行公開後、11月26日(金)に全国公開される予定です。

本記事では、『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』をレビューしつつ、嵐そのものの魅力について筆者の独断を交えて語っています。

※1ページ目では5×20のセットリストに若干触れています。

※2ページ目(記事後半)では『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の内容に深く触れた部分があります。ご注意ください。

ぜひ1ページ目を鑑賞前に、2ページ目(記事後半)を鑑賞後にご覧ください。

とにかく映画館で観てほしい

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の公開日はドルビーシネマ先行公開が11月3日(水・祝)、全国公開が11月26日(金)。
嵐ファンにとって重要イベントである、CDデビュー日とリーダー大野智の誕生日に合わせてくるあたりが、ファンのことをよく分かっている気がします。

【関連記事】『ARASHI 5×20 FILM』をドルビーシネマで観るべき絶対的な理由

ドルビーシネマの公開は全国7スクリーンのみ。チケットの倍率は考えたくありませんが、嵐のコンサート並みのプレミアムチケットでしょう。もちろん、ドルビーシネマで観れば最高の没入感を体験できますが、まずはとにかく映画館で観てほしい。映画館で観るからこその感動があると1人のファンが約束します。

とはいえ、実はライブフィルムを観る前は「運良くコンサートにも参戦できたし、DVDも持ってるし、わざわざ映画館に足を運ぶ理由とは……?」なんて失礼極まりない考えが頭をよぎっていました。

一瞬でもそのように考えてしまったことを全方面に謝罪したいし、過去の自分を背負い投げしたい気分です。

誰にも邪魔されない“映画館”という環境で嵐のエンタメをたっぷり浴びられる機会なんて他にありません。“日本最高峰のエンターテイメント”と言われることも多い嵐のライブを映画として残す意味があったのです。

改めて思う「嵐」最強説。



『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』について、誤解を恐れずに感想を一言でまとめるなら……

「泣いた」____ただその一言に尽きます。

2020年12月31日の「This is 嵐」オンライン配信以降、コンサート離れしている人も多いでしょう。久しぶりに嵐5人の映像を観た瞬間に、すべての感情を置き去りにして涙が溢れてきました。

冒頭、観客の大歓声で泣いて、1曲目「感謝カンゲキ雨嵐」で既に号泣。(「感謝カンゲキ雨嵐」の始まりで天使が最高の笑顔を向けてくるので、尊さのあまり思考停止しないように気をつけてください)

全編を通して泣いていた気がします。「Lucky Man」や「Troublemaker」など、本来泣くはずがない曲でも泣いていたから「君のうた」や「5×20」では文字通り涙腺崩壊。

あれほど泣いた理由は、やはり「嵐が嵐のエンタメをやっていた」からでしょう。嵐が活動休止して以降、メンバー個人の活動は追っていても、心のどこかで嵐5人が揃っていないことに対する寂しさはあったはずです。

嵐5人が揃って笑顔で歌って踊る姿を観られることがどれだけ幸せなことなのか、実感させられます。(特にリーダー・大野智が歌って踊る姿は涙なしには観られません)

“大宮”が尊かったとか、“櫻葉”が尊かったとか、“モデルズ”が尊かったとか、ここで語るのは野暮なので控えますが、いつも通りわちゃわちゃしているのでぜひ映画館で堪能してください。

ただ、1つだけ……後半の「Troublemaker」については、瞬きすることなく観るのをおすすめします。映画館の大画面で貴重な翔潤の“アレ”を観られます。

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM "Record of Memories"』は声出しのほか、うちわやペンライトももちろんNG。我々ファンは「Oh Yeah!」「Lucky Man」「a Day in Our Life」などC&Rがある曲に無条件で反射してしまうので、ぐっと堪えて我慢する必要があります。(コロナ禍でなければ応援上映も開催されたかもしれないのに……)

この世のアーティスト、アイドル、役者etc……“推し”という存在はすべて尊く、尊い存在に優劣や大小はありません。それでもあえて、ここでは「嵐と嵐のエンタメ最強説」を声を大にして叫びたいのです。

嵐5人でのパフォーマンス、メンバー1人1人の輝き、考え抜かれたセットリスト、舞台構成、演出、ライブ中に流れる映像……どれを挙げてもハイクオリティで観た人を魅了する。まさしく“日本最高峰のエンタメ”であるといえます。

精一杯考えて嵐が最高であることを伝えようとしてみたけれど、筆者の陳腐な言葉では何を書いても上手く伝えられません。20周年のドームツアーが50本も実施されて、嵐のライブフィルムが劇場公開されること、その他にも様々な偉業を成し遂げていること……。いや、偉業など関係なしに大勢の人間を笑顔にして幸せにしている時点で嵐は最強なのです。

映画館で『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』を観ていたはずが、いつの間にか気分は東京ドーム。148分間、嵐をたっぷりと堪能できる、まさに「夢のつづき」を共有できる時間。

そしてクレジットまで観終わった瞬間に、すべての嵐ファンは未来に希望を持てるはずです。

11月3日じゃなくても、11月26日じゃなくても、ぜひ映画館で観てください。

※以降は、映画の内容に深く踏み込んでいます。ライブフィルムを100%楽しむためにも、ぜひご鑑賞後にご覧ください。

「夢のつづき」を期待してもいいの……?

『ARASHI 5×20 FILM』、「嵐のエンタメ最強説」と「夢のつづき」への期待


※以降は、映画の内容に深く踏み込んでいます。ライブフィルムを100%楽しむためにも、ぜひご鑑賞後にご覧ください。

嵐のライブ映像を『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』として残したのは大正解だったように思います。

125台のカメラで撮影された映像は「圧巻」の一言。普段のライブDVDよりも嵐との距離がぐっと近くなり、映画館の大画面で至近距離の嵐を観る……何にも代えがたい時間でした。
さて、1ページ目で“天使”と表現したのが誰だか分かりましたか? もちろんメンバー全員素晴らしいけど、あの笑顔は天使と呼ぶにふさわしい。

「Believe」など所々で登場するライブフィルムならではの演出の他にも、ライブ映像を映画として昇華させているポイントがありました。

それは、MCとライブ後半の挨拶がないこと。ライブの醍醐味の1つでもあるMCや、メンバーの思いが詰まった挨拶はありません。少し残念にも思えますが、MCと挨拶をカットすることで「映画作品」としての色が強くなったように感じます。

映画としてカッコ良く撮影されていても「普段の嵐らしさ」を感じるのは、本人たちがライブフィルムだからと気取らず、いつも通りの嵐だったからでしょう。

メンバー同士が笑いあったり、ふざけあったりする「わちゃわちゃ感」が随所にあるので、ライブフィルムとはいえ「いつもの嵐らしさ」もきちんと表現されているのです。

「Troublemaker」で“にのあい”がUBのダンスを踊っていたり、「GUTS!」で“大宮”がふざけていたり……良い意味で映画っぽくない、それでいて嵐らしい瞬間が数多くあります。
(「Troublemaker」で“翔潤”がハートビートしていた件について、全国の嵐ファンと語りたい)

また、『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が終わった瞬間に、全てのファンが希望を持てたのではないでしょうか。

本編が「5×20」で終わったことには少し驚きましたが、今考えれば最高の終わり方だったのかもしれません。「Love so sweet」と「Happiness」をエンディングとして使う贅沢さ……。2曲とも本来なら明るくてポジティブな曲なのに、エンディングで流れるだけで泣けるから不思議です。

本編が終わっても、クレジットの最後まで気を抜けません。「Directed by Jun Matsumoto」で誇らしくなり、ラストの「and you」でまた泣く……。そして沸き起こる観客の声援とともにクレジットが終わります。

観客の声援で映画が終わったことを受けて、誰もが「夢のつづき」を期待するでしょう。

活動休止から時間が経ち、なかには真偽が分からない情報を出す人たちもいます。嵐ファンの不安な気持ちを、力強く吹き飛ばしていく終わり方。まさに「外野の言葉はシカトする」を体現してくれたような気がします。

「俺たちはまだまだ終わらないぞ」という嵐からのメッセージを確かに感じました。

いつか「夢のつづき」を始めるために、宝箱の中から「夢」を取り出して大事に磨くような、そんな時間を共有できるのが『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』だと思います。

(文:谷口仁菜)

ーーーーー
cinemas PLUS コミュニティを作りました!

・お気に入りの著者をフォロー&記事のブックマーク
・ムビチケや独占試写会プレゼントのご案内
・週2回メルマガ配信

今後もコミュニティ会員限定のプレゼントやイベントを企画予定!

コミュニティ登録はこちらから↓
https://cinema.ne.jp/auth/register

『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』作品情報



◆映画タイトル:『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』
◆出演:嵐 
◆監督:堤幸彦  
◆撮影日:2019年12月23日 東京ドーム 
◆日本公開:11/3(水・祝) ドルビーシネマ限定 先行公開 11/26(金) 全国公開 
◆配給:松竹  
◆海外セールス:ギャガ

この記事の画像

「『ARASHI 5×20 FILM』、「嵐のエンタメ最強説」と「夢のつづき」への期待」の画像1 「『ARASHI 5×20 FILM』、「嵐のエンタメ最強説」と「夢のつづき」への期待」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク