<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>
拡大する(全23枚)
→「バチェラー4」画像ギャラリーへ

バチェラー・ジャパンーー性格もバックグラウンドも異なる17人の女性たちが、たった1人の理想の独身男性「バチェラー」の愛を手に入れるまでを追う婚活サバイバル番組。

4代目バチェラーは、バチェロレッテで画家・杉田陽平とともに最後の2人まで残ったイケメン実業家・黄皓

エピソード3終了時点で勝ち残っているのは、青山明香里休井美郷中野綾香藤原望未白川理桜秋倉諒子松本妃奈子坂入みずき桑原茉萌李起林の10名。
ここから一体、どんなドラマが生まれるのか。

リアリティーショーだからこそ何が起きるかわからないスリルに翻弄されること間違いなしな「バチェラー・ジャパン」シーズン4。ここからは、エピソード4~6までを振り返っていきたい。

【関連記事】<バチェラー4>EP1~3徹底語り!:クールから一変!?野獣と化した黄皓が大暴走!<考察&感想>
【関連記事】<バチェラー4>EP7~8徹底語り!:「愛されるよりも愛したい真剣(マジ)で」は所詮、絵空事。<考察&感想>
【関連記事】<バチェラー4座談会>徹底レポート!ガチファンのライターが本音ギリギリトークで語り尽くす!

エピソード4:バチェラー史上最大の波乱、悲しすぎる結末

エピソード4・1つ目のデートはグループデート。

発表者に選ばれたのは松本妃奈子。2ショットデートしかしたくないという彼女は大喜び。
メンバーは、李起林白川理桜坂入みずき藤原望未、そして残念ながら松本妃奈子の5名。……発表者が含まれるパターンもそりゃあるよな。

プランは、黄皓自ら料理を振る舞うBBQ。
黄皓はこの5名のことを”コミュニケーション控えめ軍団”というくくりにしているようだが、一体誰が出し抜けるのか。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


BBQにトークに盛り上がった後、”匿名質問ゲーム”なるものがはじまる。女性陣が紙に質問を書いて、匿名で読み上げられたものを黄皓が洗いざらい答えるというものだ。

一方その頃、控室組の女性たちのもとに坂東さんがやってくる。
なんと、匿名質問ゲームを控室組でもやらないかとの提案が。坂東さんは”真実のクエスチョンカードゲーム”と名付け、”聞かれたことに対して嘘をつかず、必ず真実を打ち明ける”ことをルールと発表する。

……これは…嫌な予感しかしない……。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


1つ目の質問、「黄さんと唇を交わしたことがある?」。回答者は指名制ではなく、全員に回答の番が回ってくる。
ここで初めて、中野綾香がキスをしたことを告白。それだけでもみんな驚愕なのに、その後の桑原茉萌の「私は(キス)された」という回答にその場はどよめく。
中野綾香と桑原茉萌の1日違いのデートでそれぞれにキスをしているという黄皓に対する女性陣からの不信感は急上昇、「綾香とキスしてないって言ってた、黄さんに嘘をつかれた」と発言する桑原茉萌、それを聞いてショックを隠せない休井美郷。想像以上に波乱の展開が沸き起こる。

そして2つ目の質問、「綾香へ。黄さんとのデート、あったこと全部」。はい、きました、バイネーム。
夕日を見に海に行き、海辺に用意されたジャグジーに入り、花火を眺め、一晩同じベッドで過ごしたということを告白する中野綾香。
それを聞いた女性陣は「添い寝だよね?」と確認しつつも、「最後までやったんじゃないか」という疑いの声も挙がる。中野綾香本人は否定するが、疑われても無理もない。

この様子を傍から見ていて興味深かったのが、女性陣それぞれの”怒り”ポイントが異なっているということ。

「チャンスがあれば一晩を共にしたい」と思う黄皓は正常という人、寝たのではないかと疑う人、嘘をついたことが許せないという人、本人から話を聞かないとわからないという人。
人それぞれ、いろんな考えがある。

そんな中、グループデートでの匿名質問ゲームを大いに楽しむ黄皓。「彼女たちの考え方に触れられるいいゲームだ」と豪語しているが、まさか裏側で大波乱が起こっているとは露知らず、そのまま白川理桜を2ショットデートに誘う。

うぶな白川理桜が「スキンシップがしたい、どこかにチューしてみてほしい」と言い、唇ではなくほっぺにチューをした黄皓。白川理桜にとっては、ほっぺのチューも初体験。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


唇にしなかったあたり、良くも悪くも黄皓は自分の気持ちにとても素直なんだなということを深く認識した。

そして翌朝。坂東さんが神妙な面持ちで黄皓の元を訪れる。例の一件を聞き、すぐに察する黄皓。

「非常に不安を抱えてらっしゃる女性がいらっしゃいます。その不安を安心に変えてあげられるのもバチェラーの役目かなと感じておりまして」

坂東さん、イケメンすぎるだろ……。

黄皓と2ショットで話すことになったのは、秋倉諒子休井美郷、そして桑原茉萌の3名。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


まず黄皓が誘ったのは、2ショットデートもグループデートもしていない、友人でもある秋倉諒子
他の人にチューしたことを怒ってるわけではないけど、悲しい気持ちにはなったと告白。でも、他の人から聞いた話を鵜呑みにするのではなく、黄皓本人からちゃんと話を聞きたいと真摯に向き合う秋倉諒子。

その問いに対して、限られた時間の中だからこそ、目の前にいる女性に全力で向き合いたいと話す黄皓。
生涯のパートナーとなる人を探しに着ているわけだから、自分の心に正直に動いている。また、中野綾香と体の関係には至っていない、とも。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


黄皓からもう1人、誘ったのは休井美郷。過去にパートナーに浮気をされ、傷ついた経験があることを知っているからこそ。

だが、黄皓に対して「一切信用していない」とぶった切る休井美郷。黄皓の返答によっては日本に帰る選択肢もあると言う。なによりも、桑原茉萌に平気で嘘をついたことが引っかかっているようだ。
その問いに対して、「そんなすぐわかるような嘘をつくわけがない」と断固否定する黄皓。
相手ありきな、俺一人の出来事じゃないから、それをわざわざ言う必要はない。でも彼女が発言することも止めてはいない。そして何よりも、嘘はついていないと言い張る黄皓。

黄皓から話を聞いた上で、納得した様子の秋倉諒子と休井美郷。やっぱり、真実は本人の口から聞かないとわからない。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


その後、桑原茉萌が「どうしても伝えたいことがある」と黄皓を呼び出す。

「どうして私に嘘をついたんですか?」

ストレートに、力強い口調で話を切り出す桑原茉萌。
休井美郷に対してと同様に、嘘はついていないと言い張る黄皓。「その人との思い出を人に言うなんてちょっと野暮じゃない?」と言ったまでだ、と。

黄皓の言っていることは紛れもなく正論だ。だがしかし桑原茉萌は、理解はできるけど納得はできない様子。
手のひらで転がす側の人生だったところが逆転していること、自分が一番で特別でないと嫌なこと、劣等感を抱えながら旅や恋愛をしたくないという強い思いから、旅を辞退すると宣言する桑原茉萌。

そして最後に、まだ黄皓のことを好きだった頃の彼女が書いた手紙をプレゼントする。
そこには、黄皓の似顔絵と黄皓への素直な気持ちが書かれていた。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


桑原茉萌の純真な思いに、黄皓だけでなく全視聴者が泣いただろう。

その晩開催されるカクテルパーティーのことは想像さえしたくなかった……いくらなんでも気まずすぎる……。
と思いきや、坂入みずきを皮切りにそれぞれの女の子と朗らかな雰囲気で2ショットデートがはじまる。
ただ、中野綾香だけは雰囲気が違っていた。まぁこれも彼女の「ピンチはチャンス作戦」という計算の範疇だったのだが。休井美郷とはまた違うあざとさを持つ中野綾香、誰よりも恐ろしい。

誰が選ばれても、逆を言うと誰が落ちてもおかしくない、そんな状況の中、脱落したのは白川理桜
恋愛初心者の白川理桜が、黄皓を通して大人になる過程を見ることができただけでも充分だった。

残る女性は、8名。

【関連記事】石原さとみの「魅惑」と「魅力」:あざとさとみVSサバサバさとみ、あなたはどっち派!?

エピソード5:「もうだいぶ前から卒業してた」バチェラー史上最強の名言爆誕


バチェラー史上最大!? な大波乱を乗り越えた8名の女性たちと黄皓。

エピソード5・1つ目のデートは、李起林との2ショットデート。
朝、突然部屋まで押しかけられて驚く李起林に「彼女の素の一面を見たかった」と言う黄皓。李起林はどこかバチェロレッテ・萌子さんを彷彿とさせる気高さがあるので、この作戦は黄皓にとっても李起林にとっても功を奏したように思う。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


朝食デートを楽しみながらも、なんだか人生における価値観が異なっていそうな2人。うーん、先行きが怪しい気配。

エピソード5・2つ目のデートはまたもや2ショットデート。
「癒やしの森で未来の話を」というテーマで呼ばれたのは、黄皓きってのお気に入り、藤原望未

しかし、この2ショットデートはまさしく地獄だった。
テーマ通り、“結婚”がイメージできているのかと具体的に話が掘り下げられていったが、学生生活を終えたばかり、まだ25歳という年齢もあってか、現実的にイメージできていなさそうな藤原望未。何を思っているのか気持ちが見えにくく、戸惑う黄皓は焦って「俺のこと好きになりそう?それとも、好き?」となんともキレが悪い質問をする。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


「もう少しで好きになりそう」ーーこれって、まだ好きじゃないってことですよね?

そうか、今回のバチェラーは、バチェラーが黄皓と知らずに集結しているわけなので、気持ちのスタート地点がバチェラー側と一緒なのだ。それは無理もない。
そのあと謎の沈黙タイムがあり、視聴者側としても「あー終わったなー」と気まずい空気を感じていたところで、まさかのキス。
……いやいやこれ、マッチングアプリで3回目に会った人とこの流れになったら確実に次ないやつ。黄皓、どうした。

黄皓のことを好きな人を残している印象が多い中、藤原望未に対しては黄皓からの思いが強そうな気がする。隠しきれないバチェラー3の岩間恵感。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


エピソード5・3つ目のデートは2on1デート。バチェラー恒例の2on1デートは、選ばれた2人の内1人にバラを渡し、渡されなかったもう1人はその場で強制脱退という過酷なルール。バチェラーの胸が痛むであろう2on1デート、いよいよきてしまった……。
呼ばれたのは、青山明香里秋倉諒子。黄皓にとって”友達色”が強いからこそ居心地の良い2人。果たしてどちらが”最愛のパートナー”になる可能性があるのか。
「2人がこの先の将来、結婚する相手に求める一文字」というテーマを通じて、それぞれとの対話を楽しむ黄皓。

黄皓が選んだのは、秋倉諒子

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


もともと友達関係にあったこと、「友達だって素敵な関係だけど、でもこの旅にはもう必要ない」と黄皓が言っていたことから、秋倉諒子が脱落なのかと思いきや、違った。
「友達卒業?」「もうだいぶ前から卒業してた」……少女漫画かと突っ込みたくなるような120点なお言葉、最高でした。ごちそうさまでした。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


青山明香里、惜しかった…。
2on1デートの最初の時点では2人とも同じラインに立っていたと思う。目の前にいる黄皓ではなく、噂を信じてしまった青山明香里の思考がマイナスポイントとなったのだろう。

自分の感情に素直すぎる青山明香里、かわいかったな。心から幸せになってほしいです。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


5回目のカクテルパーティーでは、まだ2ショットデートが実現していない松本妃奈子がいつもと違う女全開な雰囲気で一番に黄皓を誘う。
「妃奈子がここまで残ってるモチベーションがわからない」という黄皓だが、視聴者側からすると「逆になんで妃奈子残してるねん」と思ってしまうが。

美郷呼びから休ちゃん呼びに変わったことに不安を覚える休井美郷、「黄さん、落ちてきたかな」といたずらに笑う中野綾香、いい子すぎて真意が見えにくい坂入みずき、試されただけだったんじゃないかと悲しみをあらわにする李起林
人数が少なくなってきたからこそ、一人一人との対話の内容が濃くなってきているように思う。

2on1デートで青山明香里が脱落し、残り7人。渡せるローズの数は5本。藤原望未と秋倉諒子はすでにバラをもらっているため、残りは3本。ここでまた2人とさようならだ。

脱落したのは、坂入みずき松本妃奈子の2名。
まだまだ素性を見たかったこの2人。残念だが、この中で落とすならこの2人になるだろうなとも思っていたので納得。

エピソード6では、李起林のさらなる快進撃に期待したい。

【関連記事】田中みな実、「声と瞳」で魅せる怪演の変遷

エピソード6:バチェラー史上最強の心理戦、迎えた予想外の展開


タイ・プーケットでのデートがいよいよラストとなる、エピソード6。

エピソード6・1つ目のデートは2ショットデート。「2人が前に進むために、少しリラックスした雰囲気で会いませんか」というテーマで呼ばれたのは中野綾香

と同時に、2つ目のグループデートの参加者も発表される。李起林秋倉諒子藤原望未休井美郷の中野綾香以外の4名だ。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


まずは、グループデートから。
プールサイドでのデートが開催されるも、突然の暴風雨に見舞われ、「地元の思い出の場所を描こう」というお題で謎のお絵かきグループワークがはじまる。一枚の絵を通じて、それぞれの生い立ちを知っていく。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


その後、グループデート後恒例の2ショットデート。呼ばれたのは休井美郷
「休ちゃんの気持ちが一番読めない」と思いをぶつける黄皓。そんな休井美郷が好意を伝えるため、バチェラー参加当初からつけていたという日記を取り出し、昨日の日記の1ページをちぎって渡す。そこには、黄皓への素直な恋心が書かれていた。好きだからこそ不安に思っていた黄皓にとって、大きな安心材料の1つになったに違いない。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


以前宣言していた通り「大好きになったから」とキスを受け入れた休井美郷。だが、「2人のことを言うもんじゃない」と女性陣には打ち明けなかった彼女。バチェラーにあんだけ嘘は嫌いと言っておきながら自分は嘘つくんかい! と全視聴者が突っ込んだであろうことは言うまでもない。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


そしていよいよ中野綾香との夜の2ショットデート。
「私に対して不安に思うこと、ある?」という質問に「あるよ」と即答し、「綾香って、危ういんだよね」と正直に打ち明ける黄皓。

危うい:気掛かりである。心もとない。不安だ。
という意味。

これを受けて、複雑な感情になる中野綾香。黄皓としては「きっとモテるだろうし掴みどころがなくて不安、だからこそ捕まえておきたいと思う」というような褒め言葉のつもりだったんだろうが、裏目に出てしまったか。なおかつ、自分のことばかり話す黄皓に違和感を覚える様子。

この夜、ハグはしたものの、キスはなかった。
気持ちを確かめるためのデートだったはずが、中野綾香をより混乱させたデートになってしまったことは否めない。

タイ・プーケットでの最後のデートは残る5名全員とのグループデート。和気あいあいとした雰囲気で会話が弾む中、唯一モヤモヤ状態が続く中野綾香。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


解散かと思いきや、最後の最後に藤原望未を誘う黄皓。
「のんちゃんのことが好き」と正直に伝える黄皓に、心揺らぐ藤原望未。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


そしていよいよ、最後のカクテルパーティー。
結婚への解像度が高い秋倉諒子、恋はしてないけど愛になる予感がしている李起林、そして、お互いに好きになるのが怖いのに惹かれ合っている歪な関係の中野綾香

「明日も一緒にいたい人、いなくなったら困る人」を選ぶと言った黄皓。黄皓が去った直後に涙を流した中野綾香の真相はいかに。

残るローズは、3本。2人とお別れすることになる。もう残り3人……? 早すぎる&怖すぎる。

脱落したのは、李起林中野綾香

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


李起林の快進撃に期待していたが、リアルな結婚生活は想像できなかったのかな……と。また、エピソード5で残したのは李起林の告白を受けてからこそかなとも推測してしまう。

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


新あざと女王(旧:休井美郷)・中野綾香がまさかの脱落。
指原莉乃が言っていたとおり、まだまだ”ドキュメンタリーオブ中野綾香”を見ていたかった…が、李起林含む2人ともわりとすっきりとした面持ちでお別れをしていたのは、さすが黄皓の手腕だ。

【関連記事】門脇麦の魅力:「陰」と見せかけ「陽」でも引き込む

考察:バチェラー史上最強な3強、自分で自分の首を締め続ける黄皓の行方はいかに

<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>


勝ち残ったのは、休井美郷藤原望未秋倉諒子の3名。
次回からは日本に戻り、女性陣の両親との顔合わせを控える。

あざとポジティブな休井美郷、黄皓ベタ惚れな藤原望未、友情を越えた包容力を持つ秋倉諒子。三者三様すぎて、誰を選んでも正解だし異論がない。だからこそ、黄皓も悩みに悩むだろう。

個人的見解としては、秋倉諒子<休井美郷<藤原望未と予想する。つまりは藤原望未がWINNER

予告を見る限り、女性陣の家族からはあまり良い印象を受けていないような部分も感じられるが、次週のエピソード7、8では一体どのような展開が待ち受けているのか。

バチェラー史上最強に良い女が揃っている3強の酷い戦いを見たい気持ちを抑えつつ、次回に期待だ。

【関連記事】<バチェラー4>EP1~3徹底語り!:クールから一変!?野獣と化した黄皓が大暴走!<考察&感想>

(文:桐本絵梨花)

「バチェラー・ジャパン」シーズン4 作品情報



配信開始日:2021年11月25日(木) 22時より独占配信開始

話数:全10話
11月25日(木)22時 第1話-第3話
12月2日(木)22時 第4話-第6話
12月9日(木)22時 第7話-第8話
12月16日(木)22時 第9話-第10話

製作:Amazon

この記事の画像

「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像1 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像2 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像3 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像4
「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像5 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像6 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像7 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像8
「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像9 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像10 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像11 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像12
「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像13 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像14 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像15 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像16
「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像17 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像18 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像19 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像20
「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像21 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像22 「<バチェラー4>EP4〜6徹底語り!:“バチェラー史上〇〇”、起こりすぎ問題<考察&感想>」の画像23
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク