「アバランチ」第8話レビュー:仲間との別れ、愛する人との悲しい再会 アバランチが向かうべき先とは(※ストーリーネタバレあり)
拡大する(全2枚)
→「アバランチ」画像ギャラリーへ

綾野剛主演のドラマ「アバランチ」が2021年10月18日に放送開始した。

カンテレ・フジテレビ系で月曜夜10時の新たな連続ドラマ枠がスタート。第1作目となる本作は、破天荒な謎の集団“アバランチ”の活躍を描くピカレスクエンターティンメント。7年ぶりのフジテレビ系連ドラ主演となる綾野剛が主人公・羽生誠一を演じる。共演は福士蒼汰、千葉雄大、高橋メアリージュン、田中要次、利重剛、堀田茜、木村佳乃ら。

本記事では、その第8話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

【関連記事】<アバランチ>最終回までの全話の解説/考察/感想まとめ【※ネタバレあり】
【関連記事】『閉鎖病棟』、笑福亭鶴瓶・綾野剛らが弱者=観客を誘う“それぞれの朝”
【関連記事】千葉雄大が魅力的すぎてツラい映画「厳選」3選

「アバランチ」第8話レビュー

「アバランチ」第8話レビュー:仲間との別れ、愛する人との悲しい再会 アバランチが向かうべき先とは(※ストーリーネタバレあり)


一瞬たりとも、気が抜けない第8話。

大山の管轄下である秘密組織・極東リサーチによって拘束された牧原。
山守は大山からの“お茶の誘い”によって身動きがとれなくなる。

羽生とリナは牧原を助けに、西城と打本は会場に仕掛けられているであろう爆弾を探す。
爆弾は、牧原に仕掛けられていた。
その様子が撮影された動画を山守に見せ、大山は「アバランチのメンバーを渡せ」と迫る。
山守がここで「はい、そうですか」と頷くはずがない。さらに、その場に羽生が乗り込み……。

羽生と大山の対峙にまず息を吞む。普段、どちらかというと動の羽生の静かな怒り。自分の感情を抑え込んでいないと、何をしでかすのかわからない。そんなことを羽生自身も感じているのかもしれない。

この記事の画像

「「アバランチ」第8話レビュー:仲間との別れ、愛する人との悲しい再会 アバランチが向かうべき先とは(※ストーリーネタバレあり)」の画像1 「「アバランチ」第8話レビュー:仲間との別れ、愛する人との悲しい再会 アバランチが向かうべき先とは(※ストーリーネタバレあり)」の画像2