『キングスマン:ファースト・エージェント』名俳優レイフ・ファインズが語る、主人公の魅力とは?
拡大する(全3枚)
『キングスマン:ファースト・エージェント』画像ギャラリーはこちら

表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織“キングスマン”。スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げる大人気シリーズ「キングスマン」。「キングスマン」(2015)、「キングスマン:ゴールデン・サークル」(2018)が、世界中で大ヒットを記録し、日本でも多くの熱いファンから支持を集める本シリーズの最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』が12月24日(金)のクリスマスイブに日本公開を迎える。

本作の主人公は、オックスフォード公という名のイギリス名門貴族。戦争で平和は実現しないと考える、平和主義なところは彼の特徴で、自らの諜報網や戦闘力を駆使して人知れず闇の狂団と戦う、まさにスパイ組織”キングスマン“の礎を築いた男なのだ。演じるのは、『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート卿役、現在最新作が公開中の『007』シリーズのM 役で知られ、映画のみならず、舞台俳優や監督として幅広く活躍する、レジェンド俳優レイフ・ファインズ。満を持してキングスマンシリーズへの参加を果たす。

『キングスマン:ファースト・エージェント』名俳優レイフ・ファインズが語る、主人公の魅力とは?

彼は自身の演じるオックスフォード公について「彼は、悪びれることなく貴族的だ。そして、平和主義者なのだが、観客は映画が始まって5分も経たないうちに、その理由を理解することになるだろう。」とコメントし、オックスフォード公が立ち向かうその理由は「第一次世界対戦の勃発が迫っているんだ。」と語る。彼が語る大戦を起こそうとしているのは、世界を意のままに操ろうと目論む目論む闇の狂団。彼らによって迫った人類の危機にオックスフォード公は戦うことを決めるのだ。

この記事の画像

「『キングスマン:ファースト・エージェント』名俳優レイフ・ファインズが語る、主人公の魅力とは?」の画像1 「『キングスマン:ファースト・エージェント』名俳優レイフ・ファインズが語る、主人公の魅力とは?」の画像2 「『キングスマン:ファースト・エージェント』名俳優レイフ・ファインズが語る、主人公の魅力とは?」の画像3