『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』トム・マクグラス監督がステイホーム期間での製作秘話&見どころを語り尽くす!
拡大する(全2枚)
ドリームワークス・アニメーション史上日本歴代No.1に輝くあの『ボス・ベイビー』待望の続編『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』が12月17日(金)より全国公開となる。ステイホーム期間の制約を乗り越えて作り上げられた本作について、トム・マクグラス監督がその貴重な製作秘話を明かした。

この作品の製作が本格的に進行していた2020年、本作も例に漏れず新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けていた。マクグラス監督は数カ月間に及ぶステイホームでの製作過程を振り返り、「本当に素晴らしいチームだった。このパンデミックの制約で、むしろ彼らとの距離を縮めることができた気がしている。考えてみると、こういう方法で映画を本当に作ることができたっていうのは不思議だね。スタッフのほとんどが自宅のコンピュータで作業したんだ。あらゆる困難にも関わらず、成し遂げることができた。もちろん、何人かはスタジオを訪れて色やディテールを見て、劇場のスクリーンでもすべてがうまくいくと確かめないとならなかったけどね」と、スタッフ一同がこれまでにない未体験の方法で製作を進めざるを得ない状況ながら、時間、才能、エネルギーをこの作品に捧げてくれたことへ心からの感謝を明かしている。

そして、「この映画を観た後に、疎遠になった家族に連絡を取りたくなってくれたらいいな、と思っている。母親、父親、兄弟姉妹、友人に連絡して、亀裂の原因となった愚かな言い争いを忘れられたら素晴らしいじゃないか。特に、本作はクリスマスシーズンが舞台だから、家族の再会とお祝いのメッセージとして響いてくれることを願ってるよ!」と、人々がかつてない困難を乗り越えようとしている今だからこそ、ユーモア満載で目も心も楽しくなれるドタバタコメディである本作が持つパワーと、前向きなメッセージが届くことをマクグラス監督も祈っているそう。

この記事の画像

「『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』トム・マクグラス監督がステイホーム期間での製作秘話&見どころを語り尽くす!」の画像1 「『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』トム・マクグラス監督がステイホーム期間での製作秘話&見どころを語り尽くす!」の画像2