『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」
拡大する(全9枚)
“笑って泣ける”を体現したハートフル・ファミリー・コメディが誕生した。12月17日(金)に公開される映画『私はいったい、何と闘っているのか』では、父・伊澤春男(安田顕)を筆頭に、母・律子(小池栄子)、長女・小梅(岡田結実)、次女・香菜子(菊池日菜子)、長男・亮太(小山春朋)が、新しい家族の在り方を見せてくれる。

芸人・つぶやきシローが手がけた同名小説を実写化した本作で、活発で天真爛漫な次女・香菜子を演じた菊池日菜子にインタビュー。映画初出演の彼女にとって、今回の経験は「家族の在り方を考えるきっかけになった」と教えてくれた。

まるで本物の家族のように過ごせた撮影現場

『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」

――菊池さんにとっては映画初出演となりますが、本格的に役者活動を行った今年を振り返ると、どんなお気持ちですか?

まさに、目まぐるしく過ぎていったという感じです。今年は「醉いどれ天使」という舞台にも初挑戦させていただいたのですが、舞台は舞台、映画は映画で、勉強になることばかりでした。

まだ、経験したことすべてを自分の中に落とし込めてはいないところもあるんですが……。これからもっともっと経験を重ねていく上で、気づくこともあるのかなと思っています。

――舞台と映画、それぞれの現場でどんなことを学ばれましたか?

舞台は、遠くにいるお客様一人一人にも見えるように、手や足の動作、発声の仕方まで工夫しなければいけないと学びました。映画の現場で痛感したのは、表情の細やかなところまで気を配った、繊細な表現が必要だということ。同じ演技の場だとしても、別ジャンルとして捉えて勉強していかなければならないんだと思いました。

この記事の画像

「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像1 「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像2 「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像3 「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像4
「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像5 「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像6 「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像7 「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像8
「『私はいったい、何と闘っているのか』で映画初出演の菊池日菜子「家族の在り方を考えるきっかけになった作品」」の画像9