平山ユージ 大会と岩場は一対のもの

平山ユージ 大会と岩場は一対のもの
       

平山ユージ 大会と岩場は一対のもの

関連記事:コンペ30年史に名を刻むレジェンドクライマーたち[序章 – 1990年代]

平山さんが20歳で「プロクライマーを目指す」と宣言した1989年にクライミングW杯がスタートしました。その当時はどのような心境でしたか?


「それ以前からいくつかの国際大会が行われていて、UIAAがそれらをW杯として開催し、ゆくゆくはスポーツクライミングをオリンピック競技にしようと動き出していると聞いた時は、すごくワクワクしたのを覚えています」



その頃はまだ、日本と世界のクライマーには大きな実力差があったと聞いています。


「現在も開催されているイタリアのアルコ・ロックマスターという大会(当初は岩場での競技会だった)にはスター選手が多く出ていて、当時の様子を出場した橋本覚さんがインタビューで答えているんですよね。『ヨーロッパの選手はもう、日本の20年先を行っている』って。僕らの間では『指1本、第1関節だけで片手懸垂できちゃうんじゃない!?』っていうイメージがあったくらい(笑)。その化け物の筆頭がシュテファン・グロヴァッツ(ドイツ)でした。僕はまだ若かったから、『シュテファンを超える』みたいなことを簡単に口にしてトレーニングしていましたけど(笑)、本気でそう思っていたし、いつかそこに近づきたいと必死でやっていたのは確かです」



平山ユージ 大会と岩場は一対のもの
伝説的クライマーのシュテファン・グロヴァッツ。アルコ・ロックマスターで3度の優勝、僻地でのルート開拓、クライミングギアブランド「Red Chili」の創設など様々な功績を残している。[写真:ullstein bild via Getty Images]


あわせて読みたい

CLIMBERSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月2日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。