3月28日配信開始となるNetflixシリーズ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』で主人公ルシウス役を演じる声優津田健次郎が、本作の魅力をアニメならではの「フィクション性の高さ」「アニメ独特の語気」と断言。新しく生まれ変わった作品への思いを明かした。

【写真】アニメ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』フォトギャラリー

 本作は、ローマ帝国で浴場技師として伸び悩む青年ルシウスが主人公の“タイムスリップお風呂コメディー”。ある日、タイムスリップした先の現代日本で知ったお風呂にまつわるさまざまなアイデアを次々とローマへ持ち帰り、人気の浴場技師となっていく過程を描く。

 ルシウスを通してこの世界観を体感した津田は「これまでの『テルマエ・ロマエ』とは全然違う印象の作品になっていると思います」と語り、本作の魅力について「やはりアニメならではのフィクション性の高さです。キャラクターの語気もアニメ独特のもの。良い意味で構えずに、アニメ独自のライトさみたいなものが今回の『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』にはあると思うので、非常にオリジナリティが高い作品になっていると思います」と、人気作の新たな門出に自信を見せた。

 アニメならではの魅力をさらに盛り上げるのが、ルシウスのテルマエへの尽きることのない情熱。タイムスリップした先の現代日本で目にするシャンプーハット、ゴム靴などのお風呂アイテムから温水洗浄便座まで、ローマ帝国には存在しないさまざまな文明アイテムに出会う度に驚き、ときにうっとりした表情で満喫するなど、爆笑シーンが次々と展開する。

 そんな探求心あふれるルシウスを演じた津田は、アフレコを振り返り、「わりと自由に演じさせていただきました。作品の立ち上げとなる初回の時も、自由に泳がせていただいて(笑) 監督と前にお仕事でご一緒したときも、ものすごく褒めてくださったのですが、今回も楽しく褒めていただいて、楽しく演じさせていただきました」と語る。

 テレビアニメや実写映画シリーズなどを持つ本作の新たな映像化については、「今回のアニメ化は今回のアニメとしてのオリジナルになるので、監督さんや音響監督さん、そして共演者さんとのやり取りの中で立ち上がっていけばいいと思いましたので、そこはあまり意識せずやっていました」と明かし、本作だけで堪能できる津田オリジナルの愛すべきルシウスが生まれたことを明かした。

 Netflixシリーズ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』は、3月28日より全世界独占配信。