現在来日中のトム・クルーズが24日、横浜港大さん橋国際客船ターミナルで行われた映画『トップガン マーヴェリック』ジャパンプレミアレッドカーペットイベントに、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと共に出席。「この作品はみなさんのために作った映画です」と語ると、約150発の花火をファンにプレゼントした。

【写真】トム・クルーズ、登場~サングラスを外すまでがカッコいい! ファンサもたっぷり!

 1986年に公開された、アメリカのエリートパイロット養成機関である“トップガン”を舞台に繰り広げられる青春物語『トップガン』の36年ぶりの続編となる本作。トップガンに教官として戻って来たマーヴェリック(トム)が、危険極まりない任務遂行のため、訓練生たちと奮闘する姿が描かれる。

 約93メートルのレッドカーペットには、パンフレットやDVDなど“トップガン”グッズを持った400人のファンが集結。コロナ禍のため、接触や声をあげての声援は制限されたが、写真撮影などファンとの交流を積極的に行うトムは、常に笑顔で丁寧に対応。感極まって泣き出すファンもいるなど、貴重な時間が流れた。

 たっぷりファンサービスをした後、トムはステージに上がり「また日本に戻ってくることができて、そしてこの作品をお届けすることができてうれしいです」と笑顔。続けて、この場に足を運ぶことができなかったファンに向けて「来年の夏『ミッション:インポッシブル:デッド・レコニング パート1』を届けに必ず戻ってきますし、その翌年も来ますので、そのときに会いましょう」とうれしいメッセージを送った。

 さらにこの日は、横浜の夜空に約150発の花火のプレゼントをしたトム。ジェリーと共に花火を見つめると「大好きな(プロデューサーである)ジェリーと一緒に日本に戻ってこられてとてもうれしい。特別な夜になりました」と感激した表情を浮かべていた。 

 映画『トップガン マーヴェリック』は、5月27日より全国公開。