『さかなのこ』“ミー坊”のんと愉快な仲間たちのやり取りから学ぶ劇場マナー動画公開
拡大する(全1枚)
映画『さかなのこ』場面写真

 女優ののんが主演する映画『さかなのこ』のユーモラスなシーンとともに、大切な劇場マナーを楽しく学べる特別マナーCMが解禁された。

【動画】やさしさとユーモアあふれる『さかなのこ』劇場マナーCM

 さかなクンの半生を、主演・のん×監督・沖田修一がユーモアたっぷりに描く『さかなのこ』。原作はさかなクン初の自叙伝『さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~』(講談社)。子供の頃からお魚が大好きだったさかなクンが、たくさんの出会いの中でやがて“さかなクン”になるまでを描いた原作を、劇作家・映画監督の前田司郎がフィクションも織り交ぜながら沖田監督と共にシナリオとして大胆にアレンジした。前田と沖田監督は『横道世之介』以来のタッグとなる。

 主演ののんは、子供のように天真らんまんで好きなことに一直線、周囲の人間をいつのまにか幸せにする不思議な魅力にあふれた主人公“ミー坊”を、性別の垣根を越え生命力いっぱいに演じている。原作者のさかなクンも“ギョギョおじさん”として出演する。

 このほど完成したのは、おさかな博士の主人公ミー坊(のん)と一緒に楽しく劇場マナーを学べる、劇場鑑賞マナー映像の『さかなのこ』特別ver.。

 撮影禁止、火気厳禁などの基本ルールが【タコを焙るのは禁止】と劇中のシーンに重ねながら紹介されていき、とても朗らかな内容で送る前半から一転。バタフライナイフで迷いなく生きたおさかなをシメるミー坊から「総長だってシメたりするでしょ?」とピュアなとんでもない一言を放たれ、磯村勇斗演じる総長が「そ…そういうシメ方はしないよ!」とタジタジになる場面や、カブトガニを岸辺で散歩させる驚きの飼育風景も登場し、【ほかのお客様をシメたり、カブトガニの散歩はギョ遠慮ください!】と本作ならではのインパクトたっぷりなマナーも紹介。

 さらには携帯電話の設定や前の座席を蹴らないなど、大切なことがたくさん書いてある後ろで不良たちがケンカを繰り広げているように見えるのも気になるところだが、全編を通してやさしさとユーモアにあふれる仕上がりだ。

 ラストにはミー坊から笑顔で「皆さん、ありがとうギョざいます!」とごあいさつ。注意喚起されているはずなのに、つい笑顔になってしまうマナーCMになっている。

 映画『さかなのこ』は、9月1日より全国公開。