ディズニー映画最新作『リトル・マーメイド』より、海の中で人間の世界に憧れを募らせるアリエル(ハリー・ベイリー)の姿を捉えた新メインビジュアルと、美しく幻想的なシーンを捉えた場面写真が一挙解禁となった。

【写真】映画『リトル・マーメイド』、アリエルとエリック王子が運命の出会いを果たす!

 本作は、1991年に公開(米国では1989年公開)され、後に『アラジン』『美女と野獣』の誕生へ続くきっかけとなったディズニーの名作アニメーション『リトル・マーメイド』を実写化したミュージカル映画。

主人公アリエルをハリー・ベイリーが演じる。

 先日行われたワールドプレミアでは本編が初披露され、一足早く鑑賞した海外批評家からは「ディズニーの実写映画史上最高傑作」(Variety編集者)、「ハリー・ベイリーはアリエルを演じるために生まれてきた。『リトル・マーメイド』で彼女は、魅惑的な歌声と優しくも自信に満ちたカリスマ性を発揮している」(米Buzzfeed編集者)、「昔から愛され続けてきた物語の核となる部分や魂を感じさせながら、ハリー・ベイリーによる“これぞスター”という完璧なパフォーマンスによって、さらなる高みへと到達している」(映画ライターゾーイ・ローズ・ブライアント)、「ハリー・ベイリーが華麗な歌と共感性の高い魅力で私たちを驚かせてくれる」(映画サイトNext Best Picture編集長)と、早くも絶賛の声が相次いでいる。

 海の王女アリエルは、まだ見ぬ人間の世界に憧れていた。おきてによって禁じられているにもかかわらず、ある日彼女は人間の世界に近づき、嵐に遭った王子エリックを救う。この運命の出会いによって、人間の世界に飛び出したいというアリエルの思いは、もはやおさえきれないものに。
そんな彼女に海の魔女アースラが近づき、恐ろしい取引を申し出る。それは、3日間だけ人間の姿になれる代わりに、世界で最も美しい声をアースラに差し出すことだった…。

 新メインビジュアルには、美しく幻想的な海の王国でまだ見ぬ人間の世界に憧れを募らせ、ワクワクした想いでほほ笑むキュートなアリエルの姿。

 場面写真には、アリエルが嵐の中エリック王子を救出し、浜辺で寄り添う運命の出会いを捉えたシーンや、2人が愛を深めるシーン、人間の使う道具に興味津々な表情のアリエル、人間の世界への切なる憧れを込めた「パート・オブ・ユア・ワールド」を力強く歌い上げる岩場での名シーンが捉えられている。

 映画『リトル・マーメイド』は、6月9日より全国公開。