『アベンジャーズ』シリーズで知られるクリス・エヴァンスが、この度GQの表紙を飾り、カバーインタビューに登場。そのなかで、まさかのキャプテン・アメリカ復帰についてコメントした。



【写真】クリス・エヴァンス出演「アベンジャーズ/エンドゲーム」フォトギャラリー

 2011年に公開された映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』以来、数々のマーベル作品でキャプテン・アメリカを演じてきたクリスだが、2019年の『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、キャプテン・アメリカの盾をアンソニー・マッキー演じるサム・ウィルソンに手渡し、同作の公開前には自ら卒業を口にしていた。

 今回GQのインタビューで、自身のキャリアについて語ったクリスは、マーベル映画への復帰についてコメント。「ああ、もしかしたらね。素晴らしい経験だったからね、絶対ないとは言わないよ」と可能性をにじませた。

 「とても大切に思っているし、誇りにもしている。時には思いがけないような事が起きるから」と続け、「金目当てと非難されたり、期待に応えられなかったり、オリジナル作品と繋がりがないと感じられたりするのは避けたい。
だからすぐには復帰しない」と語った。

 なお、「キャプテン・アメリカ」シリーズの第4弾、『キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド』は来年公開される予定。アンソニーが主演するほか、ロス将軍役でハリソン・フォードが出演することが決まっている。