スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるミュージカル映画『カラーパープル』より、タフな時代を生きるすべての人に捧げる人間賛歌ポスターが初披露された。

【動画】『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリーも出演! 『カラーパープル』予告

 本作のオリジナルは、スティーヴン・スピルバーグが初めてシリアスな作品に挑戦した映画『カラーパープル』(1985)。

アカデミー賞(R)10部門にノミネートされながらも無冠となり世界を驚かせた。しかし観客には愛され、口コミで6週目にして全米1位、5ヵ月以上のロングランとなった“伝説”の作品である(BOXOFFICE Mojo調べ)。記録よりも記憶に残る名作『カラーパープル』が38年の時を経て、ミュージカル映画としてスクリーンによみがえる。

 プロデューサーはスピルバーグをはじめ、オリジナル版で映画初出演にしてアカデミー賞(R)助演女優賞にノミネートされたオプラ・ウィンフリー、オリジナル版でアカデミー賞(R)作曲賞と歌曲賞にノミネートされたクインシー・ジョーンズらが務め、新鋭ブリッツ・バザウーレ監督が、希望と自己肯定感を求める女性たちの姿をエモーショナルにとらえ、圧巻の歌声が観る者の心を奮い立たせる力強いミュージカルとなっている。

 12月25日に全米公開され、大ヒットスタートを記録した『カラーパープル』。アンサンブルキャストによるゴージャスなミュージカルシーンや、女性同士の連携を描くエモーショナルなドラマが高く評価され、米批評家サイト“Rotten Tomatoes”では「これまでのすべてのジャンルに敬意と尊敬の念を払いながら、21世紀のまったく新しい世代にも受け入れられるように見事に仕上げている」など絶賛のレビューが相次ぎ、88%のハイスコアを獲得している(12月25日現在)。


 不屈の魂とユーモアで数々の苦難に立ち向かう主人公セリーの姿が、困難な時代を生き抜く力をくれる希望の物語が、今年2月9日に日本公開を迎える。

 今回、公開年元日に完成したばかりの日本版ポスターがお披露目された。「最愛の妹と、自由を奪われたセリー。運命の出会いが今、彼女を立ち上がらせる」のキャッチに、第81回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)にノミネートされたファンテイジア・バリーノ演じる主人公セリー(右上)と、タラジ・P・ヘンソンが演じる、彼女の運命を変える歌姫のシュグ(左)、そして、ゴールデングローブ賞助演女優賞ノミネートのダニエル・ブルックスが演じる支配的な男性にも屈しないソフィア(中央下部)、3人のヒロインたちが配され、未来に向かって瞳を輝かせている姿が印象的だ。

 オリジナル版でソフィアを演じ、今回製作を担当したオプラ・ウィンフリーが、スピルバーグに再映画化を持ち掛けると、彼は快諾したという。「女性たちが声をあげる機運の盛り上がりを象徴するMeToo運動が起きている今が、そのときだ、とスティーブンは悟ったんです」。
こうして、スピルバーグも製作に加わり、オリジナル作品からブロードウェイでの大ヒットを受けて、新たな『カラーパープル』の企画は進められた。

 父と夫に支配され、最愛の妹と生き別れた主人公セリーが、不遇な日々を送る中でもユーモアと希望を失わず、不屈の精神で人生を変えていく物語。型破りな女性たちと出会いを通して自分の価値に気づき、自らが輝く場所を見つけていく物語は、先の見えない現代にこそ必要な希望と自己肯定感に満ちた感動作となっている。

 映画『カラーパープル』は、2024年2月9日より全国公開。