菅田将暉が主演し、監督・脚本を黒沢清が務める映画『Cloud クラウド』の追加キャストとして、松重豊、赤堀雅秋、吉岡睦雄、三河悠冴、山田真歩、矢柴俊博、森下能幸、千葉哲也の出演が発表された。

【写真】吉岡睦雄、矢柴俊博ら実力派ずらり! 『Cloud クラウド』出演者を写真でチェック

 本作は、『スパイの妻』(2020)で第77回ベネチア国際映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した黒沢監督の最新作で、憎悪の連鎖から生まれる“集団狂気”を描いたサスペンス・スリラー。



 「誰かに狙われている―?」。転売で稼ぐ吉井の仕事が軌道に乗り出した矢先、周囲で不審な出来事が重なり、これまでの「日常」が壊されていく…。「ラーテル」というハンドルネームを使い、転売で稼ぐ主人公・吉井良介を菅田、吉井の謎多き恋人・秋子役を古川琴音、吉井に雇われたバイト青年・佐野役を奥平大兼、ネットカフェで生活する男・三宅役を岡山天音、吉井が働く工場の社長・滝本役を荒川良々、そして吉井を転売業に誘う先輩・村岡役を窪田正孝が演じている。

 今回出演が発表された松重豊は、2021年にデジタルリマスター版が公開された黒沢監督作『地獄の警備員』で映画初主演。その後黒沢組には『カリスマ』『リアル~完全なる首長竜の日~』に出演、今作で11年ぶりの出演となる。

 さらに、さまざまな分野で活躍する実力派バイプレーヤーが勢ぞろい。


 今にも倒産しそうな町工場の社長・殿山宗一役に、劇作家の赤堀雅秋。その殿山の妻・千鶴役に、黒沢組初参加の山田真歩。岡山演じる三宅が出会う謎の男・矢部役を、黒沢組常連で、黒沢監督が今年発表した配信作品『Chime』で主演を務めた吉岡睦雄。人生を見失った男・井上役を、黒沢組初参加の三河悠冴。吉井を不審視する警察官・北条役を、黒沢組初参加の矢柴俊博。下町の模型店の店主・室田役を、黒沢組では『回路』『アカルイミライ』に出演した森下能幸。
猟師役を、演出家としても活躍し、黒沢組には『岸辺の旅』『予兆 散歩する侵略者』に出演した千葉哲也が演じる。

 映画『Cloud クラウド』は、9月27日より全国公開。