映画人としての覚悟。伊丹十三監督の妻・女優、宮本信子が語る、伊丹作品10作の裏側

映画人としての覚悟。伊丹十三監督の妻・女優、宮本信子が語る、伊丹作品10作の裏側
拡大する(全1枚)
宮本信子撮影:言美歩
 葬儀屋、国税局、民事介入暴力専門の弁護士、医療機関、スーパー経営。日常生活とは地続きでありながら、その内情を詳しく知らない職業が数多く存在する。普段は日の当たらないそんな職業をテーマや設定に置いて、重厚な人間ドラマとして数々の傑作映画を遺した映画作家がいる。故・伊丹十三監督だ。
「マルサの女」「タンポポ」…伊丹作品をフォトギャラリーで振り返る
 俳優、エッセイスト、イラストレーター、デザイナーとマルチな顔を持ち、日本映画界における成功した異業種映画監督のパイオニア的存在でもある。デビュー作であり大ヒット作となった映画「お葬式」を含む10作品の監督作すべての脚本を執筆し、それら作品は近年になってますます再評価を受けている。昨年の東京国際映画祭では、全作品のフィルム上映が行われ好評を博した。そんな中、日本映画専門チャンネルでは3月のBS放送開局を機に「伊丹十三劇場」と題し、伊丹監督作品を順次放送。大きな話題をよんだ。それを受けこの10月より、伊丹監督全作品を再度放映。そして10月6日よる9時放送の「伊丹十三劇場×日本映画レトロスペクティブ」では伊丹映画のミューズであり、妻で女優の宮本信子をゲストに招く。伊丹監督没後、多くを語らなかった宮本が初めて作品を振り返るとともに、1992年制作の映画「ミンボーの女」公開直後に起こった襲撃事件について当時の心境を明かした。

 同作は、市民を苦しめる暴力団に立ち向かう民事介入暴力(民暴)専門の女性弁護士を主人公にしたドラマだが、そのテーマゆえに伊丹監督は映画公開直後に5人組の暴漢に襲われ、重症を負った。「とてもショックでした」と心境を吐露する宮本は「小指の腱も切られてしまって、後遺症から彼の好きなギターを弾くことができなくなってしまいました。顔も角度が違っていたら麻痺が残っていたかもしれない。本当に痛い目にあってしまったんです」と実害の大きさを物語る。そんな襲撃事件の衝撃さめやらぬ中、伊丹監督は映画「大病人」の製作を発表。襲撃事件後は
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク