高速で移動する老婆の恐怖!究極のホラー映画三作、夏公開

高速で移動する老婆の恐怖!究極のホラー映画三作、夏公開
「高速ばぁば」(C)2012 Next Media Animation Limited. All rights reserved.
       
 新進・中堅・ベテラン監督が集い、製作されたホラー映画三作が夏休みからユーロスペースで公開されることがわかった。

【フォト】「カルト」「高速ばぁば」「トーク・トゥ・ザ・デッド」戦慄フォトギャラリー

 公開第一弾となる「カルト」は、リアルホラー演出に定評のある白石晃士監督作品。人気タレントのあびる優、岩佐真悠子、入来茉里の三人が、ある母娘の除霊番組のレポーターを務めることになった。除霊現場には、想像を超える恐ろしい霊が巣食っており、霊能者たちが次々と倒れてしまう。娘に憑いた霊を取り除くため、遂に最強の霊能者と呼ばれるNEOが除霊に挑むことになる。

 第二弾の公開は、「先生を流産させる会」でスマッシュヒットを飛ばし、ホラーファンから一躍注目を集めている若手ホープ、内藤瑛亮監督作品の「高速ばぁば」。テレビ番組のレポーターとして廃墟の老人ホームを訪れたアイドル三人組・ジャージガールは、すさまじい速さで移動する老婆の姿を目撃する。その日から彼女たちの周りで次々と不思議な現象が起こり始め、その異変はスタッフたちにも被害が及ぶ。「高速ばぁば」による呪いなのか、廃墟の老人ホームの事件とは。驚愕のラストが待っている。

 第三弾は、映画「リング0 バースデイ」「おろち」などヒット作を次々と手がけ、ホラーファンからの絶大な信頼を集める、ベテランの鶴田法男監督作品「トーク・トゥ・ザ・デッド」。母親が男を作って家出してしまった百合は、幼い弟を養うためにデリヘル嬢として働いていた。ある日、病気だと分かっていながら弟を1人にし、死なせてしまう。後悔の念に苛まれる百合は、同僚のマユから死者と話ができるというアプリの存在を知らされ、使ってみると電話の向こうから死んだはずの弟の声が聞こえてきた。

 いずれ劣らぬホラーの秀作ばかり。夏の暑さも吹き飛ばすには最高の映画といえそうだ。

 「カルト」は7月20日(土)から、「高速ばぁば」は7月27日(土)から、「トーク・トゥ・ザ・デッド」は8月3日(土)から、ユーロスペースでレイトショー公開。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月30日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。