スティーヴン・スピルバーグ製作、刑事ドラマがシリーズ化決定

スティーヴン・スピルバーグ製作、刑事ドラマがシリーズ化決定
スティーヴン・スピルバーグとエド・バーンズが新刑事ドラマでタッグ(C)AFLO
       
 テレビドラマのプロデュースにも力を入れているスティーヴン・スピルバーグが、エド・バーンズと共に製作総指揮を務める刑事ドラマ『Public Morals(原題)』のシリーズ化が決定した。

【関連】『パラノーマル・アクティビティ』のオーレン・ペリ監督が贈る新たなる恐怖

 米TNTが10話の製作にゴーサインを出したと、The Wrapが伝えている。本作はエドが製作総指揮に加え、脚本と主演、監督も務めるという渾身のドラマ。スピルバーグと共に、同局で放送された海外ドラマ『フォーリング・スカイズ』を製作したジャスティン・ファルヴェイとダリル・フランクも製作総指揮を務めるとのことだ。

 ストーリーの舞台は1967年のニューヨーク。エド扮する主人公はニューヨーク市警の風紀課に属する私服警官のテリー・マルドゥーン。街に蔓延る悪と戦う警察官であると同時に、自分の息子たちに正直さと勤労の大切さを教えようとする父親という人物像とのこと。

 テリーの相棒チャーリー・ブルマン役は映画『処刑教室』(08)のマイケル・ラポート、テリーの妻クリスティーン役は映画『SHAME -シェイム-』(12)のエリザベス・マスッチが演じる。パイロット版には、映画『ゴーストライター』(11)のティモシー・ハットンがアイルランド系ギャングのミスターO役、人気海外ドラマ『プリズンブレイク』シリーズのロバート・ネッパーがテリーの上司フリン役でゲスト出演しているそうだ。

 エドの父親が1960年代のニューヨークで警察官だったとのことで、本作とエドの生い立ちが重ね合わさる部分もあるようだが、スピルバーグとはどのようなタッグを見せてくれのか?エドは1998年のスピルバーグ作品『プライベート・ライアン』に、リチャード・ライベン二等兵役で出演している。

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月8日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。